“読書の秋”とはいうものの、若者の読書時間は年々減る一方。読解力が低下して、大学の授業も理解できない学生が増えている。でも、その対策が「せめて広報文や契約書ぐらいは読めるようにする」では、何ともお寒い限り。これでこの国の将来は大丈夫なのか。

 ***

 若い世代の読書離れが急速に進行しているようだ。全国大学生活協同組合連合会が毎年全国の国公私立30大学の学生を対象に実施している学生生活実態調査の結果をみても、読書しない学生の比率がこのところ急激に高まっている。 

  1日の読書時間が0という学生の比率は、2012年までは30%台半ばを推移していたが、2013年以降高まり続け、ついに2017年に53・1%と過半数に達した。最新のデータを見ても2019年は48・1%であり、やはり半数ほどの学生が読書時間0となっている。

 しかも、この数字は電子書籍を含むものであり、読書に「コミックス、趣味・情報雑誌、漫画雑誌、教科書・参考書」が入ると考えている学生が53・4%もいるのである。インターネット閲覧は回答には用意されていないが、それさえ読書と考えている学生もいたかもしれない。そうなるといわゆる“書籍”を読んでいる学生は4人に1人、あるいはそれよりも少ない可能性がある。

 もちろん今でも読書に熱心な学生もおり、1日平均2時間以上という学生が7・8%、1時間以上2時間未満という学生が19・0%となっており、26・8%の学生が1日1時間以上の読書時間を保っている。

 つまり、毎日1時間以上読書している学生が4分の1ほどいるものの、読書はまったくしないという学生が半数ほどいることになる。ここにもよく言われる二極化がみられる。だが、読書しない学生がここ10年くらいの間に急激に増えているということは言えそうだ。

 べつに本など読まなくてもいいじゃないかと思われるかもしれない。でも、私たちは言葉でものを考えるわけだから、言葉を自分の中に取り込むきっかけとなる読書をしないのは、思考力を身につけるという点において大きなハンディとなる。言語能力は知能の発達と大いに関係しているが、脳科学の研究データからも、読書習慣は神経繊維の発達や言語性知能の向上と関係していることが示されている。

 そんな話を授業中にすると、刺激を受けた大学の学生たちが、「どうしたら本を読めるようになりますか」「本を読んだことがないんですけど、まず最初はどんな本を読んだらいいですか」などと相談に来る。深刻な読書離れはそこまで進行しているのである。

 私の研究領域では従来当たり前のように行っていた、心理検査やアンケート調査ができない学生が増えていることが、多くの大学の教員の間でよく話題にのぼる。質問文の意味がわからないのだ。私自身、そのような質問をされて驚くことがある。たとえば、「内向的って何ですか?」「事なかれ主義ってどういう意味ですか?」「引っ込み思案って、どういう意味ですか?」などといった質問が出る。少し前なら学生たちがふつうに使っていた言葉が通じなくなっている。学生たちと話すと、「そんな言葉、友だちと話すときもラインでも使わないから」などと言う。日常会話やSNSで使わない言葉や概念は知らないというわけだ。

 本を読まず、言葉を知らないということになると、文章の読解ばかりでなく、人の話の理解もできなくなる。SNSで単純な言葉のやりとりをするばかりで、本に書かれていることを理解すべく深く読み解こうとする習慣が欠けると、言葉の読解力が鍛えられない。その結果、相手の言うことの真意をつかみ損ねるコミュニケーションギャップが生じ、お互いにイライラする。それがトラブルを生じさせることも少なくない。

 言葉が乏しいと、頭の中の思考も深まらない。先述したように私たちは言葉でものを考える。言葉を豊かにもつことにより、読解力が高まるだけでなく、思考も深まる。自分の中のモヤモヤを頭の中で言語化することの大切さを話した授業の後、ある学生が私の元にやって来た。「授業を聞いて、僕は言葉をもたないから自分の中のモヤモヤを整理できなくて、すぐにイライラして、モノを壊したり人に当たったりするんだと思いました」と言って、読書指導を求めてきた。カウンセリングでも言葉の力を痛感することが多かったが、日常生活で気づきを得たり思考を深めたりする際も言葉の力が必要となる。

授業を理解できない

 このように文章を理解するにも、人の話を理解するにも、自分の心の中を整理するにも、読解力が必要であり、そのためにも読書経験が重要となる。

 読解力の低下に関しては、国立情報学研究所の新井紀子氏により、中学生の約2割が教科書の文章の主語と目的語が何かという基礎的な読解ができず、約5割は教科書の内容を読み取れていないといった調査結果が公表され、衝撃が走ったのが2016年のことであった。高校生を対象とした調査でも、基礎的な読解力の欠けている者が3割程度みられた。日本語をしゃべっているのだから日本語の読解など当然できるはずと思っていたら、じつはそうではなかったのだ。

 私の授業でも、教室の前の方で熱心に聴講し、必死にノートを取っている学生が、なぜか試験ができず、レポートでもやや的外れなことを書いていたりすることがある。熱心に聴講している学生が授業内容を理解していないとなると、それはかなり深刻な事態が進行していることを懸念せざるを得ない。

 まじめに授業に集中している学生が、「何が大事かわからないので、大事なことは字を大きくしたり、色を変えたりしてくれませんか」「影響関係がわからなくなっちゃうから、矢印で結んでもらえますか」などと言ってくることもある。

 どういうことか聞いてみると、パワーポイントを使う授業では、大事なことは字が大きく、色も変えてあるから、何が大事かわかる、影響関係も矢印で結んであるからわかるというのだ。つまり、話を聞きながら、何が重要かを自分の頭で考えることができず、説明を聞いても影響関係をつかむことができないのだ。懇切丁寧に図解する授業に慣れすぎて、思考停止に陥っている。もちろん、このような学生が目立つようになったということであって、今でも本をよく読み、読解力もあり、授業内容をしっかりと理解し、自分の頭でものを考えている学生もいるのは言うまでもない。

 いずれにしても、中学・高校でも、大学でも、日本語で行われている授業を理解できずにいる学生が少なくない、そこまで読解力の低下は深刻さを増しているのではないかということである。

 このような読解力の低下は、授業の理解を妨げるのみならず、社会生活で必要な実務的な文書の理解をも妨げる。自己分析や各種心理検査の作成も私の専門であるため、自己分析のきっかけづくりとして心理検査をやらせることがある。かつては回答後に各自が採点の手引を読んで採点していたが、最近は手引を読んでもわからないようで、採点の仕方を質問したり、見当外れな採点をしたりする学生たちが必ずいる。このように、かつては当たり前のように理解されていた平易な実用文さえ、その意味を読み取ることができない学生が増えてきているという現実がある。

文学よりも実用文

 このような実態を踏まえてのことだろうが、今、国語教育に大きな変革の波が押し寄せている。センター試験が廃止になり、それに代わって大学入学共通テストが導入されるのは、2021年となっており、もう目前に迫っている。名前は変わっても、内容が実質的に変わらないなら何の心配もいらないが、じつは内容も大きく変わる可能性があるのだ。

 というのは、この新たに導入される大学入学共通テストのモデル問題が2017年に示されたが、国語の問題をみると、あからさまに実用文にシフトされていたからである。そこでは、自治体の広報文や駐車場契約書の読み方をめぐる問題が出題されたのである。

 これをみた教育関係者の間に衝撃が走った。学校の国語の授業といえば、著名な作家の小説を味わうことで人生について深く考えたり、詩歌の鑑賞によって心を豊かにしたり、評論を読んで社会を見る目を養ったりするといった印象がある。国語が自治体の広報文や駐車場契約書の読み方を学ぶ教科だといった認識はなかった。それは私だけではないだろう。

 しかし、これから大学入試で実用文の読み方をめぐる文章が出題されるとなれば、高校の国語の授業も小説や評論などの読解から広報文や契約書など実用文の読解へと移行せざるを得なくなる。多くの高校生にとって大学入試突破が人生を大きく左右するものである限り、高校の授業はそれを支援する方向に進まざるを得ない。

 まさか、そこまでの変革はあり得ないだろう、国語の授業は著名な小説や鋭い評論を読んで教養を身につける場だし、そんな実用文はわざわざ学校の授業でやるようなものじゃないはずだ――そのように楽観視する人が多いものと思われる。

 だが、じつは楽観してはいられない事情がある。2022年の高校1年生から年次進行で順次適用される高等学校学習指導要領によれば、わかりやすいように簡略化すると、これまで高校2・3年生が学んできた「現代文B」という科目が「論理国語」と「文学国語」に分かれ、いずれかを選択することになる。

 新たな科目である「論理国語」では、論説・評論・学術論文などの論理的な文章の他に、報道や広報の文章、案内、紹介、連絡、依頼などの文章、法令文、キャッチフレーズ、宣伝の文章などの実用的な文章が盛り込まれることになっている。

 もし大学入試で、社会に出たらさまざまな機会に読まなければならない実用文をきちんと読解できるかを問う問題が出ることになるなら、文学を鑑賞したりするよりも、実用文を中心に論理的に読解する授業をせざるを得ない学校が多くなるはずだ。その場合、「文学国語」でなく「論理国語」の教科書で学ぶことになる。それにより、従来は多くの著名な文学作品に国語の授業を通して触れていた高校2・3年生が、そうしたものに触れずに過ごすことになる。これは国語の授業の大変革以外の何ものでもない。

 では、なぜこのような大変革、教養や思考力・想像力を重視する立場の人たちからすれば、大改悪の流れになってきたのか。そこには本稿の冒頭で紹介したような読書離れと並行して進行中の読解力の低下を何とかしなければならないといった教育的な意向が深く絡んでいると思われる。

実学志向の是非

 企業経営者たちと話すと、指示された内容や客からの要望など人の話をちゃんと理解できない若者が多くなり困っているといった嘆きの声をよく耳にするようになった。人が話す内容を読解できないのだ。

 当然のことながら事務的な文書をめぐるトラブルも多い。そこで実務的な文章の読解を訓練すれば、社会に出てから本人も困らないし、周囲を困らすようなこともなくなるはずということで、実用文重視といった発想が出てきたのだろう。

 だが、それでいいのだろうか。このような方向に歩み出すことにより、本を読まない子どもや若者はますます本を読まず、実用文が読めればいいという感じになっていき、言葉が貧しく、想像力も思考力も教養も乏しいままになってしまう。実用文も読めないのでは社会生活に支障が出るというのは事実としても、学校教育では実務教育以上の頭の鍛錬を放棄すべきではない。もっと根本的な問題について考える必要があるのではないか。

 まず指摘したいのは、このところ顕著な実学志向の動きである。教育現場に40年近く身を置く者として、学生たちのさまざまな変化を肌で感じているが、そのひとつが実学志向だ。学生たちは、「この勉強が就活に役立つか」「この科目が就職してから仕事にどのように役立つか」を基準にして受講科目を選んだりする。これには企業の側が即戦力を求めるようになっており、それに呼応して教育行政側が教育内容を実学中心へとシフトさせようとしていることも大いに関係しているのだろう。だが、それでは学びの場がどんどんやせ細ってしまう。

 つぎに指摘したいのは、脱知識偏重教育というお題目である。知識詰め込み型の教育はまずいとし、知識偏重からの脱却が盛んに唱えられているが、果たして今の子どもや若者は知識偏重の教育を受けているのだろうか。教育現場の実情を知らない大人たちは、メディアを通して流される知識偏重批判に同調しがちだが、現状は知識偏重どころか知識軽視としか思えない。

 たとえば、英語で書かれた文化評論を日本語に訳す授業を受けるのと、英会話の練習をする授業を受けるのでは、知的鍛錬の度合いも違えば、身につく教養の深みも違う。英会話中心の授業を受けてきたため、英語に関する知識が乏しく、英文を読んで日本語に訳すことをしっかりやっていないため読解力が鍛えられておらず、外国人との単純な会話はできても、英語の文献を読みこなすことができない学生が多い。そのせいで文献講読の授業が成立しない大学も少なくない。

 知識受容型の教育から脱却し、主体的に学ぶ教育で考える力を身につけるというが、知識なしに考えるというのは一体どういうことなのだろうか。まるで知識が思考の邪魔をするかのような議論が横行しているが、ほんとうにそうだろうか。それぞれの専門分野を極めた知識人や博学な教養人が発信する内容より、知識も教養も乏しい人が発信する内容の方が、深く考えられたものであり、今後の日本社会はそちらを重視する方向を目指すとでもいうのだろうか。

このままでは二極化が

 このような実学志向や脱知識偏重といった動きと軌を一にした若者の読書離れによる語彙力の低下が、実用文さえ理解できないほどの読解力の低下を招いているのである。実社会で役に立たないことはしたくないということで、読書しない若者が急速に増えている。読書しているという学生でも、すぐ役に立つ実用書しか読まないという者も少なくない。実用文を理解できるようにするには実用文を読む訓練をすればいいというのではなく、小説や評論を読解する能力を鍛えることで実用文くらいは簡単に読解できるという方向にもっていくべきではないか。

 このところの教育改革は、実用的な知識やスキルの習得を重視する方向にどんどん向かっている。そうでありながら「主体的で深い学び」が大切だという。深い学びに導くなら、実用性重視からの軌道修正が必要ではないだろうか。小説や詩を鑑賞したり、評論や随筆を読んで作者の言いたいことを読み取ったりする学習と比べて、広報や契約書など実用文の内容を理解しようとする学習の方が深い学びになるとは到底思えない。

 たしかに広報や契約書も理解できない人が多いのは困ったことだが、学校教育を最低限の水準まで落とす必要はない。実用的な用途を重視しすぎると、これまでの国語の学習でやってきた、作品の登場人物や作者の言いたいことや気持ちを汲み取ろうと想像力を働かせる類の学習が欠落するため、相手の言っていることがわからない、相手が何を考えているのかわからないという、コミュニケーションがうまくいかない人間がますます増えていくだろう。

 さらには、実用文のような薄っぺらい文章しか読まないのでは、小説や詩、評論や随筆に込められている深い思いや考えに触れることができないため、人生上の課題を乗り越えるためのヒントとなる言葉や視点を自分の中に取り込み蓄積することもできない。

 進学校の生徒たちの多くは、元々知的好奇心が強く、本をよく読み、読解力を身につけているため、実用文の勉強など改めてやる必要はないので、新しい学習指導要領に切り替わっても、私立学校の国語の授業では小説を読ませるかもしれないし、自分自身の趣味や学習としても小説を積極的に読むかもしれない。

 一方で、元々知的好奇心が乏しく、実用性ばかりを追求する生徒たちは、日頃から本を読まず、読解力が乏しいため、国語の授業で実用文の読み方を学ぶようになる。授業でもほとんど文学を扱わないということになると、文学作品には生涯ほとんど触れることのない人生を送ることになるのだろう。

 これにより、文学や評論に親しんで想像力や思考力を磨き、また豊かな知恵を身につけている教養人と、実用文を読むだけの非教養人の二極化が進むに違いない。欧米社会は元々そうした二極化を当然としてきたが、平等な扱いを好む日本国民は、そのような知的階層形成にはたして納得できるだろうか。

 今、大きな社会問題にもなっている若い世代の読解力の低下は、読書離れによってもたらされていると言っても過言ではない。ゆえに、教育政策を立案する立場にある人も、入試問題や教科書を作成する立場にある人たちも、そして教育現場に身を置く人も、ぜひ読書離れを食い止め、むしろ読書を促すことを意識していただきたい。それによって、人の言うこともちゃんと理解できるようになるだろうし、実用文も読めるようになるはずである。

心理学者 榎本博明

榎本博明(えのもとひろあき)
心理学者。1955年、東京都生まれ。心理学博士。東京大学教育心理学科卒業。大阪大学大学院助教授等を経てMP人間科学研究所代表。著書に『伸びる子どもは○○がすごい』『ほめると子どもはダメになる』『ビジネス心理学大全』など。

「週刊新潮」2020年10月22日号 掲載