【緊急対談】かわぐちかいじ×伊藤祐靖 「国防」の裏側と「自衛隊」のリアル(1/2)

 海上自衛隊を描いた作品で大ヒットを連発してきた漫画家のかわぐちかいじ氏と、自衛隊初の“特殊部隊”創設に携わり、その経験に基づくドキュメント・ノベルを著した伊藤祐靖氏。中国の脅威が高まる今、それぞれのフィールドで「海の最前線」と向き合ってきたお二人に語り尽くしてもらった。

 ***

 後編はこちら。

海上自衛隊員が全員読む漫画

伊藤(以下、「伊」) 漫画誌連載の締め切りが月5回というご多忙の中、この度はありがとうございます。

かわぐち(以下、「か」) いえいえ、仕事しかやることがないものですから(笑)。2年前に体調を崩し休載したのですが、そのときにそれがよくわかりました。月に6回の締め切りを5回に減らしてもらいましたが、仕事をしていないと落ち着かない。

伊 それでも、待っている読者は嬉しいと思います。私は現職のときに、まず『沈黙の艦隊』を読み、潜水艦が独立国になるというスケールの大きい物語に驚嘆しました。私は海上自衛隊に約20年おりましたが、最初の10年は護衛艦に乗って航海に出ることが多かったんです。いくつもの船に乗りましたが、『沈黙の艦隊』は、海上自衛隊の船乗りなら全員読んでいるのではというくらい、どの艦にもある常備品でした。

か 『沈黙の艦隊』の連載開始は1988年です。そのころはもう自衛隊に?

伊 はい。87年に入隊して、88年の春までは2等海士として、セーラー服を着ていました。

か 伊藤さんの自伝(前著『自衛隊失格』)によると、日本体育大学を出られて、高校教師に内定されていたところを辞退して、入隊された。

伊 そうです。大卒なら普通は幹部候補生学校を目指しますが、軍事や防衛について何も勉強していない私がいきなり幹部になるのはずるい気がして、一番下の2等海士、いわゆる水兵で入りました。

か そうなると江田島ではなく?

伊 横須賀にいました。横須賀教育隊を経て護衛艦「むらさめ」に1年間乗り、幹部候補生を受験しました。88年には江田島の海上自衛隊幹部候補生学校に入りました。

か その頃は私も40代と若かった。私は今でこそ自衛隊モノをよく描く漫画家となっていますが、自衛隊を最初に本格的に描いたのが『沈黙の艦隊』だったんです。自衛隊や旧海軍を扱った短い読み切りを何本かは描いていたものの、長い話での連載は『沈黙の艦隊』が初めてで。

伊 そうだったんですか。

か その前は『アクター』という芸能界の役者の話を描いていたんですよ。それが終わって次の連載について編集者と雑談していたら、「潜水艦」という言葉がポロッと出てきたんです。編集者も「潜水艦は面白そうだ」と。瀬戸内海の島の陰から、ぬうっと黒い巨大なクジラが出てくるような絵が、イメージとしてわいてきて、描けそうな気がしてきました。

伊 「クジラ」とは、潜水艦ですね。

か そうです。ところが「さあ、連載だ」という夏に、なだしお事件(88年7月に海自潜水艦と遊漁船が衝突、後者が沈没し30名が死亡した海難事故)が起きた。大きな事故で、連載予定の『モーニング』の表紙が浮上する潜水艦だったこともあり、ペンディングになったんです。3〜4カ月お蔵入りにして秋に出したという、いわく付きの連載です。それから毎号ずっと連載は続いたんですけど、最初は不安なスタートでした。

“理想の上司”を登場させる理由

伊 「なだしお」のときは幹部候補生として江田島にいました。あれは土曜日、よく覚えています。でも、開始後の反響は大きかったように思いますが?

か そうですね、最初からあの作品は手ごたえを感じました。私の漫画は、ぱっと出て、ぱっと読者に受けるというタイプではないんですが、あの作品は違った。

伊 江田島でもみんな読んでいました。海自の海江田四郎2佐は、日本が秘密裏に建造費を出した米海軍第7艦隊所属の最新鋭原子力潜水艦「シーバット」号の艦長となる。ところがクーデターを起こして「シーバット」を乗っ取り、独立を宣言する。その際、新たな艦名の「やまと」をナイフで船体にギッギッと彫る、あのシーンが大好きです。あれでグッとここ(胸)を鷲掴みにされました。よく真似をしたもんです(笑)。

か あれは、知らないのをいいことに漫画的にカッコいい表現として描きましたが、実際は後から「潜水艦の船体はタイルで覆われていてデリケート。あんなことをしたら、水圧に耐えられずすぐ亀裂が入る。普通はしませんよ」と指摘されました。

伊 確かに「ないな」とは思いましたが、読者からすると「やっぱりカッコいい」というシーンです。

か あのシーンがないと海江田のクーデターの意図が伝わらないのは確かで、後から考えても、わかりやすいので必要かな、とは思っています。

 自衛隊の皆さんはどの辺を面白く読んでくださったんでしょう。

伊 『沈黙の艦隊』の海江田艦長もそうですけど、かわぐちさんが描く自衛隊には理想的な艦長・指揮官が出てきますよね。自分の意思を明確に部下に伝えて、任務分担させる。現実には、もっと駄目なヤツが多い(笑)。だからこそ「ああ、こういう艦長がいれば」とみんな夢中になって読むのだと思います。

か 確かに、現実にはなかなかいない人材です。政治家でも経済人でも、組織の中には誰かしら駄目なヤツがいて、そこから問題が起こるパターンがありがちです。ありがちというか、現実はほとんどそうですよね。こういう人が足を引っ張ったからこの計画は失敗した、とか。それはそれで面白いものの、それでは物語が強くならない。本当のドラマチックさに到達しない。

 だからできるだけ、理想の人間関係の中にいながらも問題が起こっていく状況をつくります。その問題をみんながなんとか乗り越えようとするが故の奮闘を描きたい。描きたいのはその問題の方であって、人間関係や組織内のゴタゴタではないんです。

 だから私の作品では、主人公の人間像、上司と部下との関係、政治家の位置づけまで、すべて理想に近い。こういう政治家だったらよかったなと思える人物にします。でも、その人たちが一生懸命に邁進しても解決できない問題がある。そうなると問題自体にフォーカスを当てて描けます。あり得ない理想の上司や部下は、私の作品には必要なんです。

伊 だからなんでしょうね、読んだ後に清々しいんです。こういう社会で、みんな直立不動の姿勢で勤務している中で、夢がある。

尖閣に上陸した経験が

伊 憧れのかわぐちさんにお会いできるとなって、共通点を探しました。海上自衛隊が主な舞台だということはもちろん、今回編集者に指摘されて気付きましたが、『空母いぶき』も私の『邦人奪還』も、尖閣の問題から物語が始まるんですね。

か 何かが起こるぞという予感があって興味を持ってもらえる場所ではありますね。

伊 私自身は、2012年の夏に尖閣諸島の魚釣島に上陸した体験があるので、書きやすかった。

か 『邦人奪還』の冒頭、尖閣諸島の魚釣島での行動の描写は、実際に足を踏み入れた人でないと書けませんよね。ヤギが多いことや植生にまで触れながら、特殊部隊員の現場での動き方を伝えている。伊藤さんが上陸された際の記事を昔読みましたが、あれは何のためだったのですか。

伊 前線を守る海上保安庁の人たちを励ますために国旗を掲げようと、2012年の8月、個人で上陸し、魚釣島の山頂に登ったんです。身柄を拘束される騒ぎとなり、結果的には海保の人にご迷惑ばかりおかけしたので反省していますが……。国有地化の前だったこともあり、私自身は無罪放免でしたが、その後に上陸した人は送検されています。

か 当時の記事を読み、だからこそお会いしてみたいとも思いました。私は上陸したわけではないので(笑)、そこまでの思い入れはありませんでしたが、『空母いぶき』で相手を中国海軍にした時点で、尖閣から始める流れがあったのかもしれません。

中国船が尖閣に来る狙い

か いま、日本では中国というと尖閣のことばかりですが、南シナ海ではASEAN諸国とやりあっていて、毎日ニュースで取り上げられるなど、東南アジアの方が大変そうです。

伊 中国はインドとも国境問題を抱え、パンゴン湖周辺でやりあっていますね。ですから、日本がなぜ尖閣で騒ぐ必要があるかも考えた方がよいかもしれません。

 現役時代に私も航海長としてあの海域に行った経験があり、現場を知っているとわかることがあるんです。もちろんその経験自体は古いのですが、例えば中国海警局と海上保安庁の船がすれ違う際、面舵を取る(右に転舵する)ときの距離感や意図が、現場の感覚としてわかる。そこでは減速しないだろうという位置関係であえてするような映像を見ると、日本側の船長も、海上保安庁もしくは日本政府から、かなり細かく指示を受けているはず。

 これはやれ、これだけはするな、あとはおまえに任せるぞ、という三つは明示されているはずで、「これだけはするな」という命令の意図が、舵ににじみ出てきているわけです。

 中国海警局の側にも、必ず「しない」ことがあるので、それが見えてくると、「だからここで減速したのか」「だからあそこで面舵を取るのか」と自ずと見えてくる。現場では、両者の意思の疎通がどこか生まれます。お互いに本気でやっておらず、「プレゼンス(存在感)を示すぞ」という政府なり背後の指示が垣間見える場合もある。

 同時に、中国海警局の船が何のためにあの海域に出てきているのかといえば、尖閣自体を狙っているというより、もっと先の大きな狙いがあるはずです。尖閣に目を向けさせたいのか、何かの前哨としてなのか、もしくは国内に対するプロパガンダなのか。何かがあるはず。

 子供のサッカーのように、ボールが転がっているところに皆でわっと行くようでは、接近回数など現象だけでの判断となり、本質が見えてきません。危機感ばかりを煽るのではなく、その裏に何か意図があることに気付く必要がある――というと偉そうな物言いで申し訳ないのですが。

か 確かに古い情報で現在はわからないにしても、状況と互いの船の舵の取り方で、本気度や真の目的が推し量れるわけですね。

伊 そうですね。今でも現場に行けば、あるいは映像を見るだけでもだいぶわかるとは思います。あの頃と変わっているのか、変わっていないのかにも興味があります。

拉致被害者救出は「理念」の問題

か じゃあ、ぜひ行ってみて、変化や現状を分析していただければ。

伊 残念ながら、私は監視対象になっているようで、最寄りの石垣島に行くだけで、海上保安官に取り囲まれて警戒されるんです。羽田からぴたりと付いて来られるかも……。

か とはいえ『邦人奪還』では、尖閣はイントロに過ぎませんね。物語はその後、クーデターの起きた北朝鮮から、位置情報がわかった拉致被害者6名を自衛隊の特殊部隊が奪還しにいく。私は、その任務が確定されるまでの過程こそ、伊藤さんが伝えたかったように読めました。

伊 「国民の生命・財産を守る」と、自衛隊ではよく自身の存在意義を伝えるんですが、防衛省――当時は防衛庁でしたけど――だけは国民の生命・財産という言葉で割り切れないものを守る役所だと思っていたので、入隊してその落差に驚きました。

 拉致被害者を奪還することは、災害救助とは違うところがあります。災害時は二次災害を避けるために救助ができない場合はあり得る。ですが、海辺を歩いていただけで見知らぬ国に連れ去られた6名を連れ戻すには、自衛隊員6名以上の死亡、損耗を覚悟する必要がある。特殊部隊員であろうと国民に含まれますから、国民の生命としてはマイナスで、実質の経費を考えたら財産も減ります。でも、やっぱり救わなくてはいけないとなったら、それは「国民の生命・財産」だけでは割り切れず、「理念」の問題になります。国内の治安を維持する警察の役割とも違うわけです。だから、『邦人奪還』ではその典型例を出しました。

「右がかってんじゃないの、あいつ」

か 自衛隊に最初に入隊する時点で、もうその疑問はあったんですか。

伊 ありました。

か 周りはどうですか。

伊 周りはもう、全然です。バブルの絶頂期で自衛隊員の募集に一番苦労している時期で、平均レベルは低いし、志もないように思えました。付き合っていくと皆、ちゃんとそれなりの志を持っているんですが、それを口に出すことが照れくさいというか、「右がかってんじゃないの、あいつ」と言われてしまう。そうした風潮が蔓延していて、真剣な議論をなかなかできませんでした。

かわぐちかいじ
漫画家。1948年、広島県尾道市出身。明治大学文学部日本文学科卒。90年、『沈黙の艦隊』で第14回講談社漫画賞。2002年、『ジパング』で第26回講談社漫画賞。ほか著作多数。現在、。「ビッグコミック」(小学館)にて「空母いぶき GREAT GAME」を連載中。

伊藤祐靖(いとう・すけやす)
元海上自衛官。1964年、茨城県出身。日本体育大学卒。87年、海上自衛隊に入隊。99年、イージス艦「みょうこう」航海長として能登半島沖不審船事案に遭遇。自衛隊初の特殊部隊「特別警備隊」の創設に携わり、2007年に退職。著書に『自衛隊失格』『邦人奪還』など。

「週刊新潮」2020年10月22日号 掲載