孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、目を覆いたくなるような悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。2002年からこの仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を上梓した高江洲(たかえす)敦氏に、知的障害の姉を看取った後、孤独死した60代男性の話を聞いた。

 ***

 これまで3000件以上の特殊清掃を行ってきた高江洲氏は、亡くなった方の遺産の行方についても知る機会が多い。とりわけ印象に残っているのが、今回ご紹介する孤独死した60代男性のケースだという。

「依頼人は、亡くなった男性が後見人として指定した弁護士でした」

 現場は東京近郊にある、120坪の敷地に建つ大きな一軒家だった。

知的障害の姉

「1階の和室で、男性はこたつに座ったまま、組んだ腕におでこを乗せた状態で亡くなっていたそうです。死後1週間経って発見されたといいます」

 庭には池もあり、男性にはそれなりの資産があるように見えたというが、

「部屋は広いものの、家具は古いものを大切に使っていたようでした。衣類も少なく、食糧や生活用品のストックもありませんので、質素な生活を送っていたようです」

 遺体が発見された和室は、体液が畳に浸透し、床下にまで達していた。一通りの清掃を終え、遺品を整理した。

 高江洲氏は依頼人の弁護士に、男性が亡くなるまでの経緯を聞いてみた。

「この家には、もともとご両親と姉と亡くなった男性の4人が暮らしていました。姉には重度の知的障害があり、コミュニケーション能力がなかったそうです」

 両親が亡くなった後は、男性が姉を養ったという。

「男性は結婚もせず、会社勤めをしながら姉の面倒をみたそうです。仕事をしている間は姉を施設に預け、仕事が終わると引き取りに行く生活をしていたそうです。長い間、意思疎通のできない姉と、いったいどのような生活を送っていたのでしょうか。2人の暮らしを想像するだけで、胸が絞めつけられる思いでした」

 姉弟には親戚があったが、ほとんど交流がなかったという。

姉の死後1週間後に

「男性は自らの人生を犠牲にして、姉と2人だけで暮らしたといいます。やがて姉は病気になり、入院先で亡くなったそうです。そして葬儀の1週間後、後を追うように彼は孤独死したと聞きました」

 わずか1週間後に亡くなるとは、ドラマのような話である。

「姉の葬儀を見届けたことで、緊張の糸が切れてしまったのかもしれません。長年姉の面倒をみてきて、精神的にも肉体的にも、疲れ切っていたはずです」

 弁護士を後見人に指定したのは、親戚とは付き合いがなかったからだ。

「弁護士には、遺産はすべて児童養護施設に寄付するよう、遺言書を託していました。もし遺書がなかったら、遺産は国庫に収納されていたでしょう。男性は、姉の面倒をみることで、我々の想像を絶するような過酷な人生を送ったと思われます。けれども、自分の遺産の行方を心配することなく亡くなられたことだけは、良かったと思います」

デイリー新潮取材班

2021年4月2日 掲載