昨年の「麒麟がくる」に続いて好調な大河ドラマ「青天を衝け」。渋沢栄一個人の物語もさることながら、鋭く描かれているのが緊迫した幕末の情勢で、その背後には、激動の舞台になった数々の名城が存在している。感染が落ち着いたらぜひ行脚に出かけたい。

 ***

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」がおもしろい。日本資本主義の父・渋沢栄一自身の物語と並行して、江戸幕府の内幕や明治黎明期の情勢が描かれているからだ。江戸時代の価値観が揺らぎ、日本が大きく変化していく様子がわかる。関連する諸藩所縁の地を訪れたくなった人も多いだろう。そこで今回は、幕末の城事情とともに、登場人物ゆかりの城を紹介したい。

岡部藩の城、岡部陣屋

 血洗島(ちあらいじま)(現在の埼玉県深谷市)の農家に生まれ、若き頃から商才を発揮した渋沢栄一。17歳の時、父の名代として岡部藩庁へ出向き、生涯忘れがたい屈辱を味わった。幕府の権力主義に不信感を募らせ、攘夷思想に傾倒するきっかけとなる出来事だった。

 このとき栄一が訪れたのが岡部陣屋(埼玉県深谷市)だ。「陣屋」とは小藩の領主が構えた実質的な城のこと。江戸時代、城を持てたのは概ね3万石以上の大名だけで、それ以下の無城大名などは陣屋を構え、そこに藩庁を置いていた。幕末の岡部藩は2万250石の無城大名であったため、岡部陣屋を構えていたのだ。

 岡部藩が明治初年に本拠を三河へ移転したこともあり、現在は岡部陣屋の名残はほぼない。砲術家の高島秋帆が幽閉されていたことを示す「高島秋帆幽囚の地」の石碑が立つ程度だ。しかし、近くの全昌寺には長屋門が移築されており、大名らしい立派な構えを伝えている。

 代官や郡代などの役人が政務を行った建物も陣屋という。代表例が高山陣屋(岐阜県高山市)だ。1692(元禄5)年に飛騨一円が幕府の直轄領になると、高山城は廃城となって高山陣屋が築かれ、江戸から役人が派遣された。全国に約60カ所あった郡代・代官所の中でも、建物が現存するのはここだけだ。玄関は、幕府の使者など高い身分の来客者専用。駕籠からそのまま屋敷内へ入れる式台がある。吟味所や御白洲など、犯罪者が取り調べを受けた場所も復元されている。

海防のための城

 1853(嘉永6)年にアメリカ人ペリーの艦隊が来航して開国を迫ると、江戸にも緊張が走った。ドラマ内で印象的だったのは、危機感を覚えた老中首座の阿部正弘が、絵図面を広げ品川台場(東京都港区・品川区・江東区)の建設を指示する場面だ。再来したペリーは、品川台場に圧倒されていた。

「台場」とは砲台を伴う防御施設。ペリー来航後、全国各地の沿岸部には海防強化のため約800〜1000カ所の台場が設置された。そのうち、幕府が江戸湾を警備すべく品川沖に築いたのが品川台場で「お台場」の地名の由来だ。

 11カ所に計画されたが、財政難のため完成したのは5カ所のみ。現在は第三台場と第六台場が残る。第六台場は海上保全され立ち入り禁止だが、第三台場は台場公園として整備され、散策可能だ(現在は五輪準備工事に伴い閉園中)。土塁を囲む石垣が特徴で、幕末から明治時代に多い谷積を中心に、江戸初期の城と同じ積み方も混在。軟弱な地盤への石垣構築は、基礎工事からかなりの技術を要し、日本の技術水準の高さを示す土木遺産ともいえる。

 各藩が築いた台場のうち、原形をほぼ保つ唯一のものが、鳥取藩の由良台場(鳥取県北栄町)だ。総指揮者は、高島秋帆から西洋砲術を学んだ武信潤太郎。高さ4・5メートルの土塁で囲まれた遺構がほぼ完存する。丸岡藩は、ペリー来航の前年に丸岡藩台場(福井県坂井市)を構築。断崖絶壁で知られる名所・東尋坊から約4キロの海岸沿いにあり、日本海に睨みをきかせる立地から幕末の緊迫感を味わえる。

 1615(元和元)年の武家諸法度公布後、城の改修や修繕にも厳しい規制がかかり、特例を除き城は新築されなかった。しかし幕末には、外国からの攻撃に備えて築城を許された城がある。そのひとつが松前城(北海道松前町)だ。

 ロシア船がたびたび姿を見せるようになると、幕府は松前藩に警備を目的として築城を命じ、それまでの藩庁の福山館を拡張する形で、1854(安政元)年に完成した。城壁のほとんどが鈍角に折れた、江戸時代の軍学に基づく複雑な設計だ。三の丸には海に向けて7基の砲台が置かれ、城外にも9砲台、25門の大砲が配備されていた。

 日本最西部の島々を所領とする五島藩の福江城(長崎県五島市)も、1863(文久3)年に完成した海防目的の城だ。石田陣屋が藩庁だったが、外国船の来航が頻繁になると幕府から築城を許可された。城の南・北・東側は海に面し、主要な曲輪の隅には石火矢台場という砲台が配置された。現在も、城内から直接海に出られる舟入を三の丸東隅部に見ることができる。

慶喜、御三卿、御三家の城

「青天を衝け」では、最後の将軍、徳川慶喜の境遇や苦悩が丹念に描写されている。水戸藩の9代藩主・斉昭の七男で、誕生は江戸の水戸藩邸だが、斉昭の教育方針により水戸で育った。

 1609(慶長14)年に家康の十一男・頼房が初代藩主となって以降、水戸城(茨城県水戸市)が水戸徳川家の居城だった。頼房が城と城下町を拡充し、二の丸に御殿を建造。3重5階で天守代用の三階櫓も二の丸にあり、空襲で焼失するまで水戸城のシンボルだった。県立水戸第一高校がある場所が本丸跡で、敷地内の薬医門は移築された現存建造物だ。本丸と二の丸の間の空堀にはJR水郡線が走り、その大きさを伝える。

 三の丸には、斉昭が開いた藩校の弘道館が現存する。慶喜が少年時代に学問や武術を学んだ場所で、大政奉還後に数カ月の謹慎生活を送った部屋も残る。2020(令和2)年2月には、正門にあたる大手門が竣工した。佐竹氏が城主だった、1601(慶長6)年頃に建てられたとされる。

 慶喜は1847(弘化4)年に御三卿・一橋家を相続し、江戸へ移った。御三卿とは、江戸中期に徳川将軍家から分立した三つの大名家(田安、清水、一橋の各徳川家)のこと。将軍家に後継者がいない場合、御三卿から将軍が選出された。

 御三卿の屋敷は、徳川将軍家の居城・江戸城(東京都千代田区)の北の丸やその付近にあった。北の丸公園に現存する田安門と清水門は、それぞれ田安家と清水家の屋敷の門として使われ、いずれも高麗門と櫓門、方形の空間(枡形)でつくられる立派な枡形門だ。

 田安門は地下鉄の九段下駅から日本武道館へ向かうときにくぐり抜ける、大きな門だ。渡櫓は関東大震災で崩壊し東京オリンピックを機に復元されたものだが、その下の櫓門は現存建造物。高麗門と土塀は門扉の肘坪に、1636(寛永13)年の銘文がある。清水家の表門が、北の丸の北東の清水門。枡形を二つ並べた二重枡形虎口だ。高麗門と左右の土塀は、肘坪金具の刻印から1658(万治元)年の再築と推察される。

 一橋徳川家の屋敷は丸紅新本社ビル一帯にあり、現在は石碑が建っている。一ツ橋は江戸城の外堀に架かる橋のひとつで、一ツ橋門の石垣がよく残る。

 御三卿より格上で、将軍家に次ぐ地位にあったのが、御三家(尾張、紀州、水戸の各徳川家)だ。14代将軍・徳川家茂(慶福)は紀州徳川家の出身で、江戸で生まれ育ったが、将軍就任までは和歌山城(和歌山県和歌山市)を居城とする紀州藩の13代藩主だった。

 和歌山城の天守は空襲で焼失後、1958(昭和33)年に再建された。鬼瓦には葵御紋が燦然と輝き、妻飾に銅板が用いられているのも、徳川家の城に見られる傾向だ。1585(天正13)年に紀州を平定した羽柴秀吉の命令で築かれ、1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いの後、浅野幸長が大改修し天守を建造。1619(元和5)年には徳川家康の十男・頼宣が城主となり、御三家にふさわしい城にすべく大拡張した。

 唯一の現存建造物である岡口門は、頼宣が1621(元和7)年に建造したと考えられる。全長40メートルの土塀が北側に続く櫓門で、1796(寛政8)年までは大手門だった。

 2006(平成18)年復元の御橋廊下は、紅葉渓庭園(西の丸庭園)のある西の丸の南東隅から二の丸へ通じる廊下橋。高低差が3・4メートルほどあるため、橋が傾斜している。床が鋸歯状なのは、滑らないための工夫とされる。

江戸幕府大老の城

 安政の大獄を断行し、桜田門外の変で討たれた大老の井伊直弼は、十四男として生まれ、2017(平成29)年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ゆかりの城でもある彦根城(滋賀県彦根市)内の埋木舎(うもれぎのや)で、文武両道の修練に励んでいたが、兄が次々に亡くなり彦根藩主となった。

 直虎が育てた直政が家康のもとで武功を挙げて大出世し、関ヶ原の戦いの功績により近江・佐和山18万石を拝領。長男・直継が1604(慶長9)年から彦根城を築き、後継した弟の直孝が完成させた。豊臣家との決戦を見据え、「天下普請」で築かれた徳川一門の城であり、戦いを想定した設計が特徴だ。

 国宝の天守は、高さ約21メートルと小ぶりながら、さまざまな破風が飾られ粋な雰囲気が漂う。外観とは対照的に内部は実戦仕様。美観を損なわずに実用性を高めるこだわりが感じられる。

 ちなみに直弼が討たれた桜田門外の変の現場は、江戸城の外桜田門の前。現在の警視庁本部庁舎前にあり、桜田門は登城時の通用門だった。彦根藩邸(現在の憲政記念館)からは500メートルほどしかない。坂下門外の変で襲撃された老中の安藤信正も、屋敷から江戸城坂下門までのわずか100メートルの間に襲われた。

 13代将軍・家定の継嗣問題で、家茂を推す南紀派が直弼を大老に推した一方で、慶喜を推す一橋派が大老に推したのが、福井藩16代藩主の松平春嶽(慶永)だった。田安徳川家3代・徳川斉匡の八男で、四賢侯のひとりと謳われる開明派だ。

 福井藩の福井城(福井県福井市)は、関ヶ原の戦いの後に越前北庄に入った家康の次男・結城秀康により築かれた。柴田勝家の居城だった北庄城を取り込んで大改修されたようで、本丸と二の丸は家康が自ら縄張をしたとされる。68万石の大大名にふさわしい、4重、5重に堀がめぐらされた立派な城だった。

 2017年に復元された本丸西側の山里口御門は、山里丸と本丸をつなぎ、「廊下橋御門」「天守台下門」とも呼ばれる。藩主の住居である御座所は幕末には西三の丸にあり、春嶽は御廊下橋を渡り、山里口御門をくぐり抜けて本丸へ向かったようだ。

栄一が襲撃を計画した城

 栄一が襲撃を目論んだ城もある。もともと尊皇攘夷派だった栄一は、尾高惇忠や渋沢喜作らと攘夷蜂起を目的に同志を組織。高崎城(群馬県高崎市)を乗っ取って武器を奪い、横浜の外国人居留地を焼き討ちする計画を立てていた。実行されなかったが、これを機に1863(文久3)年に京都に逃れ、平岡円四郎の働きかけで慶喜に仕える。

 高崎城は、井伊直政が1598(慶長3)年に家康の命で築いた。中山道と三国街道の分岐点にあるため重視され、江戸時代には譜代大名が城主を務めた。

 三の丸を囲む土塁と外堀が残り、広大な城を偲ばせる。現存する乾櫓は17世紀末頃の改築と推定され、本丸の北西(戌亥の方角)から現在地に移築された。

戊辰戦争の勃発と激戦地

 京都へ移り武士への身分上昇を遂げた栄一は、一橋家の家臣として政務に励んだ。一橋家の京都屋敷は二条城(京都府京都市)近くの小浜藩京都藩邸で、栄一は喜作とともに三条小橋の宿から通った。

 1867(慶応3)年には、栄一はパリ万博に将軍の名代として出席する徳川昭武に随行してフランスへ渡航。滞在中に行ったヨーロッパ各国の視察が、後の功績に多大なる影響を与えた。

 一方、国内では戊辰戦争が勃発。1867(慶応3)年10月15日に大政奉還が勅許されるも、旧幕府軍は反発し、1868(慶応4)年1月2日の鳥羽・伏見の戦いを皮切りに、各地で内戦が繰り広げられた。喜作は彰義隊を結成して頭取に就任、栄一の見立養子となった渋沢平九郎は、数奇な運命を辿る。

 鳥羽・伏見の戦いで敗れた旧幕府軍は、反撃の拠点とすべく淀城(京都府京都市)へ向かったが、淀藩は入城を拒否。淀城は現職の老中である稲葉正邦の城で、そもそも2代将軍・秀忠が松平定綱に築かせた徳川方の拠点だった。それが新政府軍の勝利に一役買うとは、皮肉な話である。

 秀吉の淀城を廃して築かれた淀城には、伏見城の資材が転用され、天守は家康が1601(慶長6)年に建てた二条城の天守を移築したとされる。完成の翌年、1626(寛永3)年6月には秀忠が、同年8月には3代将軍・家光が来城したとされている。

 二条城から大坂城(大阪府大阪市)へ移っていた慶喜は、鳥羽・伏見での敗北を機に江戸に退却。江戸城は4月11日に無血開城したが、その後も関東や東北地方で戦いは続行。中でも激戦の舞台として知られるのが、宇都宮城(栃木県宇都宮市)や白河小峰城(福島県白河市)、二本松城(福島県二本松市)などだ。

 宇都宮城は、1868(慶応4)年4月の2度の攻城戦により、城内の建物や城下が焼失。第2次大戦後の開発もあり名残は少ないが、本丸の土塁が一部残り、石垣より土塁を主に用いた関東の城らしさを感じさせる。富士見櫓や土塀が復元され、現在は宇都宮城址公園として整備され訪れやすい。

 奥州と関東を結ぶ要衝、白河小峰城は、新政府軍が7度も奪還を試みられた壮絶な戦いの舞台となった。1991(平成3)年に「白河城御櫓絵図」をもとに復元された三重櫓は、激戦地となった稲荷山の杉の大木を用材として使用。鉄砲の鉛玉や弾傷の残る木材が加工され、柱や床板、腰板などに痕跡が認められる。

 二本松城は、少年隊士(二本松少年隊)も犠牲になった悲劇の城だ。数え年12〜17歳の少年も戦場へ向かい、落城後に城内の建物は焼き払われた。現在は本丸の石垣、箕輪門や多聞櫓が復元され、登城口となる千人溜に、二本松少年隊の顕彰群像が立つ。

戊辰戦争終結の城

 東北地方の戦いは、2013(平成25)年の大河ドラマ「八重の桜」で描かれた会津若松城(福島県会津若松市)の開城で終息する。

 この城は蒲生氏郷が築き、1639(寛永16)年に加藤明成が大改修。現在の天守は、明成が建てた天守をモデルに1965(昭和40)年に復元された。戊辰戦争で時に1日2500超の砲弾を浴びながら約1カ月も持ち堪えたが、1874(明治7)年に破却。取り壊し直前に撮られた写真のおかげで、外観を忠実に再現できた。2011(平成23)年には、天守などの瓦が赤瓦に葺き替えられ、幕末の姿がよみがえった。

 本丸から北出丸へ抜ける太鼓門の枡形や、北出丸の堀沿いにある防御設備、大腰掛も見どころだ。侵攻されても四方から迎撃可能なことから、北出丸は“みなごろし丸”とも呼ばれる。戊辰戦争時も、新政府軍はここを突破できなかったという。城内唯一の現存建造物は、市内の阿弥陀寺に移築されている御三階。3層4階の櫓で、密議や物見に使用された。阿弥陀寺には戊辰戦争の戦死者が埋葬されている。

 戊辰戦争の終結の地となったのは、前述の松前城や福江城と同じく国防目的で築かれた五稜郭(北海道函館市)だ。1854(安政元)年に日米和親条約が締結され箱館開港が決定すると、幕府は箱館奉行を新設。奉行所は箱館山麓に開設されたが、外国軍艦の大砲の射程内(約2・5キロ)だったため、海岸線から約3キロ離れた地に移転した。

 五稜郭は、五つの郭(稜堡)を並べた西洋式の城の総称。星型の頂点の部分に稜堡を一つずつ並べ、土塁、石垣、水堀で囲む。さらに正面にあたる星型の凹みの部分に、半月堡という堡塁を配置。大砲の射程を考慮して広い堀幅を設け、壁には石垣ではなく土塁が採用された。大砲が照準を合わせられないように高層建造物は建てず、高さ5〜7メートルの土塁で覆い隠す構造になっている。

 2010(平成22)年に復元された箱館奉行所庁舎は、屋根に太鼓櫓が載った珍しい建物だ。戊辰戦争では目印となって新政府軍に大砲の照準を計算されてしまい、砲撃を浴びたという。

姫路城も朝敵の城に

 戊辰戦争は全国諸藩を二分する画期で、各藩が翻弄された。8棟の国宝と74棟の重要文化財を擁する世界文化遺産の姫路城(兵庫県姫路市)も危機を迎えた。姫路藩の9代藩主で老中の酒井忠惇が慶喜に随行したため、朝敵となって追討の対象とされたのだ。無血開城したため激戦の舞台にはならなかったが、成り行き次第では美しい天守群も焼失していた可能性がある。

 松山城(愛媛県松山市)、備中松山城(岡山県高梁市)、高松城(香川県高松市)、福山城(広島県福山市)なども、朝敵の城となった。よくぞ生き延びたものだと胸にこみ上げるものがある。

 動乱を乗り越えた城は、廃藩置県により役割を終え、1873(明治6)年に廃城令が公布されると次々に取り壊された。戦国末期から江戸初期に華々しく誕生し栄華を誇った城は、ここに終焉を迎えたのだ。激動の時代を生き抜いた城を通し、幕末に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

萩原さちこ(はぎわらさちこ)
城郭ライター。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演などを行う。著書に『江戸城の全貌』『城の科学』『地形と立地から読み解く「戦国の城」』など。他、連載多数。公益財団法人日本城郭協会理事。https://46meg.com

「週刊新潮」2021年5月6日・13日号 掲載