入籍から逆算したプランが崩れて

 眞子さま(29)との結婚が内定している小室圭さん(29)がフォーダム大ロースクールを卒業。7月のNY州の司法試験を終えれば、その後に日本へ一時帰国する可能性が報じられてきたが、ここにきて、宮内庁はそれを回避すべく眞子さまの説得に動き始めたとされている。一方、佳子さま(26)は一連の騒動を静観されているようだが、「結婚願望が強まっている」という声も聞こえてきた。

 宮内庁担当記者によると、

「小室さんが4月9日に28ページのあの文書を出すまでは、眞子さまとしては“やっとここまで来た。これで一安心、一段落できる”といった心持ちでいらっしゃったということでした。眞子さまはあの文書を相当評価されていただけに、ご自身が文書に関係されていることについて事務方を通じて明かされたわけです」

 しかし、その思いとは裏腹に「小室文書」への風当たりはかなり強く、眞子さまは憔悴しきりだという。

「文書では小室さん側の正当性を一貫して主張していたわけですが、発表直後に409万円の解決金支払いを提案するなど、その行き当たりばったり具合が際立ってしまいました」

 また、母・佳代さんの元婚約者が“佳代さんは長期入院中”と明かした後に、自宅付近を歩いている姿が報じられたことについては、

「世間が不信感を抱く結果となってしまったのは否定できません。共に30歳を迎えられる10月に入籍というスケジュールから逆算し、7月に一時帰国して会見など何らかのアクション、4月の文書発表と練ってきたプランが根底から崩れつつありますね」

帰国の際の様々な混乱について

 この記者が続ける。

「宮内庁としては、7月に小室さんが帰国した場合、どれくらい混乱を来すのか読めず、少なくとも良いことはほとんどないことから、眞子さまを通じて翻意ができないかと検討していると聞きました。庁内で眞子さまと繋がりが強く、そして眞子さまのファンだとされる人も少なくないですから、そういった面々が“説得”に当たると言います」

 想定される混乱について挙げればキリがないが、例えば、佳代さんらが現在生活する自宅をことのほか愛する小室さんはそこでの滞在を望んでいるようだが、警備など問題は尽きない。しかしホテルを選択した場合には宿泊費の出所を詮索する声があがってこないとも限らない。会見をするのかしないのか。会見をする場合、文書やその後の対応についてどう答えるのか。会見をしない場合、国民が納得する環境をどう作るのか……。

「文書が出る前は五輪の期間中だから一時帰国してもそうは注目されないだろうと言われてきたのですが、こうなっては五輪以上に耳目を集めてしまいそうなので、様々なシミュレーションを庁内では重ねているようです」

 しかし、“説得”は一筋縄ではいかないという。

「眞子さまは小室さんと“会いたい”という思いが相当募っていらっしゃると聞いています。もう随分長く遠距離でのやりとりを続けられていますから。“とにかく会いたい”ということ自体はよく理解できるだけにややこしい問題ですね」

遺族年金問題がボディブロー

 別の担当記者に聞いてみると、

「宮内庁の人たちに取材していると、“佳代さんの遺族年金の問題がボディブローのように効いてきている”と指摘する声が結構ありますね」

 小室圭さんの父親の没後、妻だった佳代さんは遺族年金を受け取る権利があるが、その後に他の男性と「婚姻」をした場合は、遺族年金を受ける権利を失う。

 佳代さんと元婚約者の場合は、法律婚はしていない。しかし、婚姻関係と同様と見なし得るなら409万円は贈与だったとして返さなくてもよいことになるが、遺族年金の不正受給に該当し、刑事罰の対象となる可能性がある。

 逆に事実婚の実体がなかったなら不正受給には相当しないが、いわゆる「他人」から409万円を受け取るのは不自然であり、返還すべき「貸付金」ということになるだろう。

「お金に困っていて、遺族年金と409万円の両方を受け取りたかったのではないかと言われても仕方がない部分があると思います。皇籍離脱した際に税金から支払われる約1億4000万円は元皇族としての品位を保持するためのものとされており、国民はその品位や税金の問題にかなりナーバスになっていますから、丁寧な説明が求められるテーマだと思います」

 最後に、5月6日付で全日本ろうあ連盟の嘱託社員になられた佳子さまについても、近況が伝わってきた。

「佳子さまは眞子さまの結婚を支援されてきた立場でそれは今も同じで、そして静かに見守っていらっしゃるようです。ただ、結婚への願望がさらに強まったというのが聞こえてきました。かねて皇室としての生活に息苦しさを感じてこられたわけですが、それは変わっておられないご様子です」

デイリー新潮取材班

2021年5月31日 掲載