職業は経済的に不安定なフリーの記者、加えて還暦手前という条件の悪さでも、婚活市場では需要が存在していた。交際したのは、モデル、スッチー、元女優……etc。彼女たちと接してみると、想定外の出来事が!! アラカン・シングル諸氏、諦めるのはまだ早い。

 ***

 新型コロナウイルスの感染拡大とともに婚活が盛んになっていることは前回で書いた。とはいえ、それ以前も、2010年代からすでに婚活はかなり一般的になっていた。

 日本ではずっと学校や職場や友人・知人からの紹介、つまり自分がいるエリア内での出会いがスタンダードだった。しかし、婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所の普及で、今は共通の知り合いがいない男女でも交際し、結婚している。

 筆者は33歳で離婚を経験し、50歳に近づいた10年ころに結婚願望が湧き、婚活に勤しんだ。人生の後半を一人で生きる自分を想像して、さみしさを覚えたのだ。50歳までには成果は上がらず、60歳が近づき、中断していた婚活を再開した。ここからの人生、好きな女性と時間や文化やさまざまな体験を共有したいと思ったのだ。

 そして、自分に三つのノルマを課した。

(1) 婚活アプリに登録して、毎日必ず誰かにアプローチする。

(2) 時間が許す限り婚活パーティーに参加する。

(3) 結婚相談所に入会する。

 婚活再開でもっとも気になったのは年齢だった。この時点で57歳。

「60近くにもなって婚活するやつなんているのだろうか?」

 かなり不安だったが、思いきって始めてみると、同世代も、さらに年上も、熱心に婚活をしていた。

 その顛末を書いたのが『57歳で婚活したらすごかった』(新潮新書)で、前回では婚活アプリの体験について述べた。今回は婚活パーティーと結婚相談所の体験を中心に、ありのまま打ち明けていきたい。

 筆者は経済的に不安定なフリーランスの記者。容姿は、お鉢が大きく手足が短い、農耕民族系の昭和人。還暦手前。バツイチ。そんな“婚活四重苦”でも、婚活市場に飛び込んでみると、まだ需要はあった。

 かつて10年代に40代で参加したパーティーは、2部構成。前半は男女が1対1で数分間会話をする。後半はフリータイム。気に入った相手とだけ話す。相思相愛になった男女は“カップリング”といい、連絡先を教え合い、その後は自由恋愛だ。

 しかし、この数年で1対1会話のみのスタイルがスタンダードになった。つまり、フリータイムは設定されていない。男女の会話は、パーティションで仕切られた環境で、周囲の目や耳を気にせず行える。

 40代後半から、中断を挟んで50代後半に至るまで、狂ったようにパーティーに参加してきた。50歳、60歳という人生の節目を目前にすると、人恋しくなるのだ。会場ではたくさんの女性と会える。女性は概して社交性が豊かだ。気持ちよく対応してくれた。

 パーティーは、職業的に相手の話を丁寧に聞く習慣を持つ取材記者に向いている婚活ツールだ。次のことを心がければ、婚活四重苦のロースペックオヤジでも2回に1回のペースで女性とカップリングできた。

(1) 容姿より会話が重視される、参加者が男女各10人以下のコンパクトなパーティーを選ぶ。

(2) 清潔感を意識する。エリのあるシャツにジャケットを着て、必ず髪を整え、靴を磨き、出がけには鏡の前で鼻毛、眉、爪をチェックする。

(3) 女性の目を見て、身振り手振りを交えて話す。表情を変化させ、動作を加えると、実年齢よりも若く見られる。

(4) 女性の話はうなずきながら真剣に聞き、気の利いたあいづちを心がける。

 これらはどれも当たり前に感じるかもしれない。しかし、会場を見まわすと、うまくやれない男性は意外と多い。なので、ちょっと意識するだけでアドバンテージを得ることができる。

アニメ声で「どうして?」

 パーティーに参加する女性に多い職種は、幼稚園や保育園の先生、美容系の仕事の女性、電話オペレーター。職場に男性が少なく、出会いに恵まれないのだろう。

 筆者は、会社員をはじめ、モデル、銀座のホステス、客室乗務員、元女優、シンガーソングライター、精神科のドクター、エステティシャン、官僚、ヤクザの元情婦……など、さまざまな女性とカップリングできた。交際にも進めた。

 自分と業種や職種が違う女性と接すると、想定外の未体験の出来事が起きる。

 40代の後半に参加した銀座のパーティーでは、近くのクラブのホステスと会話がはずみ、交際に発展した。

 彼女は毎夜閉店後の午前1時にうちにやってくる。楽しかったが、やがて睡眠不足に苦しむようになった。こちらは朝から働かなくてはいけない。仕事中は常に眠くて、ぼおーっとしてしまう。まずいと思った。

「毎日会わなくてもいいんじゃないかな」

 提案した。

「私への愛情がないから、そういうことを言いだすんだと思う」

「愛情とは別の問題だと思うんですけれど……」

「いえ、愛情の問題です!」

 険悪な状況になり、交際3カ月で別れた。

 アニメの仕事をしている女性とは、ベッドで機能しなくなった。彼女は、少女っぽい“アニメ声”だ。すると、こちらは罪悪感のようなものを覚える。そうなると、もうダメだ。下半身はショボンとしてしまう。彼女は当時35歳。十分に大人だ。

「どうして? どうして?」

 かわいらしい表情で首をかしげ、さまざまな技術を駆使して奮い立たせようとしてくれる。でも、声を聞くと萎えるのだった。

 中高年の婚活では下半身の衰えは深刻だ。たとえひと回り以上年下の女性と交際できて有頂天になっても、相手を満足させられない。

 57歳のとき、40歳の華道の先生とパーティーで出会い意気投合した。

「今日、私、帰らなくてもいいよ」

 テンションの上がった彼女にお誘いいただいたものの、腰が引けた。彼女いわく性欲が強く、オールナイトで楽しみたいというのだ。まったく自信が持てず、ご辞退した。ベッドの上で女性にがっかりされる状況を思うと、耐えられそうになかったのだ。

 後日、再度のお誘いでトライしたものの、途中で睡魔に襲われて寝落ち。尿意で目を覚ますと、彼女はなぜか下半身だけむき出しで、ストレッチ体操をやっていた。ただただ申し訳なく、でも、そのまま朝まで睡眠をむさぼった。

お見合いの心がけ

 そんな婚活パーティーも、コロナ禍で状況が大きく変わった。会場ではもちろんマスク着用。男女の間には透明のアクリル板が設置されるなど、飛沫対策が講じられている。マスクで相手の顔がよくわからない。声もくぐもってしまう。

 緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛の時期になると、オンライン婚活パーティーも始まった。Zoomを利用して、自宅にいて参加できるスタイルだ。

 オンライン婚活で成果を上げるポイントは、通常の婚活パーティーと同じスタンスで臨むことだろう。自宅だからといって部屋着で参加すると、だらしないと思われて、印象はよくない。エリの付いたシャツにジャケットを着て、清潔できちんとしたイメージを相手に与えるべきだ。

 そして、背景や照明も意識した。散らかった部屋や壁が汚れたキッチンで会話していては好意をもたれない。そこで、書棚の前で知的な雰囲気を演出する。照明は、就職活動のオンライン面接用のキットを数千円で手に入れられる。円形のライトを上にセッティングすることで陰影を生み、顔がシャープに見える。

 結婚相談所では、ミュージカル系の女優とも出会った。

「歌い続けることだけ認めていただけたら、あとは私からの希望はありません」

 結婚相談所を通してお見合いをした、メジャーな劇団で大きな役を演じていたその女優は言ってくれた。しかし年齢を重ねると、無駄に謙虚になってしまう。必要以上に相手のことを考えてしまう。自分では力不足。自分とでは幸せな人生を歩めない。そんなふうに思い、悩んでしまう。すると、もう良縁にはならない。

 そんな結婚相談所で一定数のお見合いを実現するには、次のことを心がけたい。

(1) 登録者数の多い相談所を選ぶ。

(2) 担当カウンセラーの意見を参考にしつつも、必ず自分で判断する。

 小規模の相談所のスタッフは決まって「登録者数が多ければいいというわけではありません」と言う。このような言葉をけっして信用してはいけない。絶対数が少なければ、それだけチャンスも少ない。実際に2社、登録者数の少ない相談所も利用したが、ほとんどお見合いは成立しなかった。飛び込み営業と同じで、数多くアプローチしなければ成果は上がらない。

 また、相談所に登録すると、多くの場合は担当カウンセラーが付く。彼ら彼女らはたいがい「結婚のプロ」「婚活マスター」などと自称する。しかし資格制度はない。カウンセラーに必ずしも人を見る目があるわけではない。そもそも婚活体験は、ほとんどの場合、利用者のほうが豊富だ。とくに容姿のいいカウンセラーは恋愛の場で手痛くフラれた体験が少ないから、心の痛みがわからない。カウンセラーと自分とは容姿やスペックが違うことをよく知って、アドバイスを聞くべきだろう。

 筆者は相談所で知り合った50歳の画(え)の先生と相談所内交際の末、大失恋した。相談所が定める3カ月間の交際期間で20回以上会った後に断られたのだ。

 結婚相談所というクールな場の出会いのはずだった。ところが毎週会い、真剣に好きになり、相談所がルールに定めていた3カ月の交際期間の最後にふられた。彼女は同時に5人と会っていて、ほかの男性を選んだのだ。

 体中の力が抜けた。食事も喉を通らなくなった。直後に出会った2人の女性との身体だけの関係に溺れた。

 あのとき、自分より若く失恋体験の少ないカウンセラーはまったく頼りにならなかった。婚活は、人間が違い、男女の組み合わせが違えば、すべてパターンが異なる。それに対し、人の心理や行動について専門的に勉強しているわけではないカウンセラーがアドバイスするには無理がある。

婚活アリ地獄

 というわけで、婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所の実情、体験、具体的な利用法について、2回にわたって述べてきた。婚活市場では、50代、60代でも需要があり、結婚のチャンスが失われていないことを理解していただけたのではないだろうか。

 ただし、ここに落とし穴があるとは思った。女性と出会い交際をしても、わずかな心の行き違いがある、とそれ以上頑張らない。また別の相手を探せばいい、と思ってしまうのだ。

 そして婚活を再開すれば、実際にまた新しい相手と出会える。だからすぐに見切りをつける。そんな負のスパイラルにはまってしまうのだ。

 40代、50代にもなると、男女とも自我が育ち切っている。好きなもの、そうでないものがはっきりしている。100%自分と合う相手などいない。それを知りながら、自分が心地よくいられる相手をいつまでも探し続け、婚活をやめられない。成婚できない。まさしく“婚活アリ地獄”だと思った。

 最後に、どのツールを選べばいいか――。経験的に感じたことを記したい。可能であれば、アプリもパーティーも相談所も全部試すのがいい。機会が多ければ、相手が見つかる可能性が高まるからだ。しかし、時間もお金もエネルギーも限度はあるだろう。

 ならば、何を基準に自分に向いているツールを選べばいいのだろうか。

 たとえば、仕事で頻繁にパソコンを使って連絡を取り合っているならば、婚活アプリを勧めたい。文章を書き慣れているからだ。

 営業職が長く、対面に強ければ、婚活パーティーがいい。初対面の相手と臆することなく会話できるからだ。対面での会話は、自分を実年齢よりも若く見せることができる。声を発し、身振り手振りの動作があり、表情を変化させて相手を惹きつけることができる。

 学歴、職歴、身長などスペックに自信があるならば、結婚相談所で有利に活動できるはずだ。コミュニケーション能力に自信がなくても、プロフィールがカバーしてくれる。

 中高年のシングルで、もし今後の人生を誰かと手を携えて生きていきたいと思ったのなら、年齢を理由に諦める必要はない。今の時代はいくつものチャンスが用意されているのだ。

石神賢介(いしがみけんすけ)
ライター。1962年生まれ。大学卒業後、雑誌・書籍の編集者を経てライターに。人物ルポからスポーツ、音楽、文学まで幅広いジャンルを手掛ける。著書に40代のときの婚活体験をまとめた『婚活したらすごかった』など。

「週刊新潮」2021年7月1日号 掲載