コロナの蔓延により、家で一緒に過ごすことが多くなった子供との“距離感”に悩んでいる親は多いはずである。ゲームばかりするようになったら? 祖父母とは疎遠なままでいい? こどもコンサルタントの原坂一郎氏が説く、目からウロコの「コロナ禍の子育て術」。

 ***

 長引くコロナ禍が子供たちにとって見えないストレスとなっていることは間違いありません。昨年自殺した小中高生の数が過去最多の499人に上った、というニュースには本当に心が痛みます。自殺が10代の死因の1位になっているのです。そんな時代の子育てに悩んでいる人が今、とても多くなっています。世の中の全てが変わってきて、自分の子育てのやり方に自信がなくなった人も多くいるようです。そんな方にはぜひ、私の話に耳を傾けてほしいと思います。最初に言っておきたいのは、コロナ禍がいくら長引こうが、親や家庭の在り方さえしっかりしていれば、子育てへの影響はほとんどない、ということ。そして、子供への関わり方次第で、子供たちが将来成長した時、「あの時のコロナ騒ぎ、大変だったけどなんか楽しかったな」という印象が残るようにもできるでしょう。あの頃キツかったわぁ、ではなく、なんか楽しかったなぁ。その「なんか」というのはほんの小さな事柄、例えば親とたくさん手をつないだとか、おやつを一緒に作った、とか。ちょっとしたことでいいのです。

〈兵庫県神戸市での23年間にわたる保育所勤務を経て「こどもコンサルタント」となった原坂一郎氏。これまでに講演などで全国千カ所以上を回った「子供及び子育てのプロ」は、コロナ禍での子育てのポイントは「親や家庭の在り方」だと説く。〉

 案外ちゃんとやっています、子供は。むしろちゃんとやれていないのは親かもしれません。子供のことを見る時間がずいぶん増えたはずなのに見えていなかったり、あれだけ叫ばれている部屋の換気も全然していなかったり……。

 でも、大事なのは気にしないこと。子供のことでも自分のことでも、気にせずにその事実を丸ごと受け入れるのです。例えば「ウチの子、最近、何でもすぐに諦めるようになっちゃった」という事実があるのなら、それを何とかしようと思わず、まずはその事実をありのまま受け止めることが大事です。

 コロナが日常になってから、大人は子供にさまざまな酷なことを強いています。四六時中マスクをしなければならなかったり、存分に外で遊べなくなったり、おじいちゃんやおばあちゃんに会いにくくなったり。子供たちには、なぜそうなっているのか、理由を教えてあげてほしいのです。例えば、おじいちゃんおばあちゃんに会えない理由だったら、「お年寄りにうつると若い人より体調が悪くなりやすいんだよ」とか。理由が分かって「なるほど」と思うと、子供はそのルールを守ります。

「黙食」も「30秒手洗い」も言われたら子供は全部守ります。律儀すぎるくらい律儀なのです。

やらないほうがいい理由を

 子供には、自分の環境や自分に起こる状況をありのままに受け止める、という特徴があります。だからコロナのことも大人ほどはよく理解できていないまま受け入れています。「黙食」も「休校」も「親が家で仕事をすること」も、全部丸ごと受け入れる。ただ、それらが見えないストレスになって、サインとしてどこかに表れることがあります。例えば、チック症。症状はさまざまで、強いまばたきを繰り返す、鼻をひくひくさせる、変な咳をする、など。僕の息子も阪神・淡路大震災の後にありました。鼻をひくひくさせて、「えっえっ」という変な咳。ただ、僕は気にせずに笑いに転化させるようにしていました。鼻の穴をひくひく大きくさせたら、「イヨっ、出ましたサブちゃん(北島三郎さん)」と言って、笑いにしてお互い気にしないようにする。子供の全てをありのまま認める、というのは子育てで一番大事なポイントです。

〈とはいえ、家にいることが多くなった子供がゲームばかりしていると、やはり心配になってしまう親の方が多かろう。そんな親に対して原坂氏はどんなアドバイスをするのか。〉

 僕は「ゲーム以外にもう一つ好きなもの、打ち込めるものがあればオッケー」と言っています。体操の内村航平君もフィギュアスケートの宇野昌磨君も、合宿でも海外遠征でもいつもゲームを持ち歩くほどのゲーム好きだそうです。でも彼らからゲームを奪っても、他に打ち込んでいるものがあるからゲーム好きは問題ないのです。

「非認知能力」って知ってます? 「認知能力」は読み書き、計算。一方、それ以外の積極性や忍耐力など、読み書き計算では学べない生きる上で必要な力を「非認知能力」と言います。で、それを養成するチャンスにしてほしいのです、ゲームを。判断力、チャレンジ精神、忍耐力。計画性と達成感。手指の巧緻性。ゲームだからこそ育つものもたくさんあると思うのです。

 また、ゲームをするにあたって、親子間で約束やルールはあったほうがいい。そこで気を付けなければいけないのは、親子の約束がとかく「単なる親のお願い」になりがちな点です。例えば子供に対して「スーパーに行ったら何も触らないのよ。約束よ」と言うのは、単に親が触ってほしくないだけ。子供にとっては、それを守っても何の得にもならない。約束事を決める時は、そこに子供の事情や意見も入れることが大事。例えば、ゲームは夜10時以降はしない、という約束をするのなら、子供の意見も入れて、「ただし土日はOK」にするとか。

 もちろんゲームをやる時間はなるべく長くならないほうがいい。僕だったら、ゲームを長時間やらないほうがいい理由を論理的に伝えます。長時間やったら生じるデメリットを話すのです。ただし、「目が悪くなるよ」だけではダメ。それはただの脅しです。「目が悪くなってマンガも読めなくなっちゃうよ」と本人にやってくる不都合を具体的に添えて言うのです。

否定言葉に要注意

 あるいは、親がゲームより楽しい遊びを提案して一緒に遊んでみてはどうでしょう。今こそレトロなゲームの出番だと思っています。ボードゲームやオセロ、紙と鉛筆があればできる「三角取り」という遊びもあります。正月遊びもそう。コマ、羽根つき、凧揚げ、福笑い、双六。今の子は正月遊びをしないとよく言われますが、しないのではなく与えていないのです。与えたら飛びつきますよ。

〈もっとも、そうした遊びを「家族以外」とする場合はマスクが必要になろう。原坂氏は、コロナ禍で子供への悪影響が最も大きいのは「マスク生活」だと指摘する。〉

 子供は、大人の笑顔が大好きなのですが、マスクをしているとそれが見えません。子供たちはとくに親の笑顔が好きです。だから、テレビで面白いことをやっていたら、振り向いて台所のママも笑っているか確認するのです。どうしてか。笑顔を見たいからです。

 そこで、こんなテーマ。「マスク姿でも子供に笑顔を見てもらう方法」。キーワードは言葉がけです。子供は想像力が豊かなので、優しい言葉がけをするだけで、もう笑顔を想像するのです。「笑顔色の言葉がけ」と僕は言っています。例えば、マスクで口元を覆って「○○!」と名前を呼べば、子供は鬼のような顔を想像する。「○○ちゃん♪」、と呼べば笑顔に見える。まさに笑顔色の声。

 マスクのあるなしにかかわらず言葉がけは大事です。でも多くの親は「違うでしょ!」「ダメでしょ!」といった否定言葉が多い。否定言葉は笑顔では言えませんよね。

 一番伝えたいのは、何度も言うように、子供のことは認める、否定しないということ。普段大人は、気づかないうちに子供を否定しまくっています。例えば子供が転んで「痛い!」と言ったら「痛くない痛くない」。これ否定です。散歩に行った時「お母さん暑い!」と言っただけで、「3枚も着てるからでしょ!」。これも否定です。「おなか痛い〜」「あんなに食べるからでしょ!」。否定ばっかりで、認め言葉がないんです。子供の言葉にはオウム返しをお勧めします。「おなか痛い〜」ときたら「あぁ、おなか痛いの」と言ってから「もうあんなに食べたらダメだよ」。ダメ出し言葉を2番目に言うのです。

 ちなみに、子供はよく泣くと言われますが、実は2歳を超えるとあまり泣かなくなるということをご存じでしょうか。2歳を過ぎても泣くのは、次の四つがある時です。「痛み」「不安」「恐怖感」、そしてあと一つが「大人からの否定言葉」。たとえば「もう連れて行かない!」「もうずっとそこにいなさい!」なんて言うとすぐに泣きます。そこに痛みも不安もないはずなのに子供が泣いているときは、親が泣かせていることがとても多いものです。一度注意してみて下さい。

 あと、いきなり叱り口調になっていないかも確認してほしいと思います。子供に何かを言う時、「ちょっとお!」「何してんの!」といきなり叱っている親が多くいます。僕は保育士だった時、子供に「5回目から怖いよ」と言っていました。例えば3回目まで優しく言って、次に「はい、4回目ですよ」と言うと、子供は自発的に動き始めたりします。特に優しい言い方でなくっても、普通の言い方で大丈夫。「これ片付けようね」「遊ぶのはおしまい」、それで十分です。

家の近所で思い出作り

 イソップ寓話「北風と太陽」を読むと、みんな「優しさが一番、無理やりはダメだよね」と言うのに、なぜか子供には北風式になってしまう。太陽式は時間と手間がかかり、北風式は手っ取り早くて即効性があるからです。しかしそれは長い目で見れば、反発心を起こさせ、思春期に爆発したりします。ストレスがどんどんたまっていくのです、そういう接し方は。

 虐待された子供は「自分は親に嫌われている」「嫌いだから怒られるんだ」と思い込むケースが多い。子供は親によく怒られると、嫌われている、と思ってしまうのです。

 でも、どんなお母さんも基本的には子供を愛しています。だから僕は「怒る時は抱っこして怒れ」と親に言っています。それなら自分が感情的になっていないか客観的に見えるし、子供には「基本的には愛されている」という安心感を与えることができますから。

〈親子間において大事な触れ合い。コロナ前には「おじいちゃん」「おばあちゃん」と触れ合う機会もよくあったはずだが、今ではほとんど会えていないという家庭も多いだろう。〉

 子供には祖父母のことを忘れてほしくないし、祖父母の側も孫が動いている姿を見て声を聞けば安心します。そこで、週に1回、1回1分でいいから、LINEのテレビ電話機能を使って話させてみて下さい。Zoomは大変そうだからLINEで。僕も2歳の孫がいるのでやっています。時間は1分でもいいし10分でもいい。10分と1分は変わりませんが、1分と0分では大違いなのです。

 孫の側が「先週も話したよ」とならないように、その1分が楽しみになる、飽きさせないようにする工夫が必要です。画面の中で手を振り合う、何か面白いものを見せ合う。電話した後は「おやつタイム」が待っている、というのもアリです。子供はクイズが大好きなので、クイズ合戦をしてみてもいい。孫に会うことに飢えている「おじいちゃん」「おばあちゃん」はぜひテレビ電話をやってみてほしい。会いたい気持ちが満たされるはずです。

〈祖父母との接触だけではなく、コロナ禍以後は「旅行などのイベント」に出かける機会も減った。「思い出作りが出来ない」と悩んでいる親に対して、原坂氏はこう提案する。〉

 子供との思い出作りは家から徒歩10分圏内でもたくさんできます。5分のところにある公園でもできます。大好きなパパやママと砂場でプリンを作った、山を作った。そういうことは一生覚えています。お金をかけたかどうかは関係ない。箱根に連れていったことは全然覚えていないのに、近所の公園でお母さんとかけっこしたのはよく覚えている、といったことはよくあるのです。

 また、運動不足解消も兼ねて、近所を散歩するのもいい。スーパーへの往復10分を一生忘れないゴールデンタイムにすることもできます。お母さんと晩御飯の当てっこをしたなぁ。途中で一緒に花を探したなぁ。そんな思い出が残る楽しい道中にするのです。

 親次第でコロナ時代が楽しい思い出になるとはそういうことです。僕は子供と10分一緒に歩いたら、100回は笑わせられますよ。例えば、突然、「走れ!」と言って手をつないだまま数メートル走る。歩きながら、つないだその手を大きく振る。そういう些細なことでも子供はすぐに笑います。

 僕は「子供時代の10年間で10万回笑わせましょう」と言っています。計算すると1日30回でいいのです。親が子供を笑わせる。場合によっては子供と一緒に風呂に入るだけでクリアしている人もいます。10万回笑ったというのは、10万回幸せを感じたということ。子供時代に10万回幸せを感じた人は絶対良い人になるはずです。

原坂一郎(はらさかいちろう)
こどもコンサルタント。兵庫県神戸市で23年にわたって保育所に勤務した後、2004年、こどもコンサルタントに。子供及び子育てに関するさまざまな研究や講演活動を全国で展開している。家庭では2男1女の父。

「週刊新潮」2021年7月22日号 掲載