「ウオツカでコロナは治る」

 朝日新聞は8月2日、「『帰国強制』保護訴え ベラルーシ陸上選手」との記事を朝刊に掲載した。

 ***

 記事はロイター通信の報道を引用。東京五輪陸上の女子200メートル予選に出場を予定していたベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が亡命を訴えたと報じた。発端はSNSでコーチを批判したことだったという。

「女子1600メートルリレーの予選に際し、コーチ陣の不手際でドーピング検査が充分に行えず、一部の選手が出場できなくなったそうです。ツィマノウスカヤ選手は一部始終をSNSに書き込み、『自身がリレーメンバーに入れられた』ことも明かしました。これがコーチ側の不興を買ったとのことで、荷造りを命じられ、半ば強制的に羽田空港へ連れていかれました」(担当記者)

 ツィマノウスカヤ選手は「ベラルーシに戻れば、投獄される可能性がある」と帰国を拒否。羽田空港を管轄する警視庁東京空港署が彼女を保護したという。

「ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領(66)は『ヨーロッパ最後の独裁者』として知られています。彼は7月29日、大学関係者が集まる会議に出席。ベラルーシの五輪代表が1つもメダルを獲得していないことに不満をぶちまけました」(同・記者)

 共同通信の記事(註1)によると、選手に対して「ハングリー精神が欠けている」や、「他のどの国よりもスポーツに出資しているのにこの結果は何だ?」などと言いたい放題だったようだ。サッカー選手の妻たちが「働きもせず、暇つぶしに反政権運動に加担している」と難癖を付けたことも明らかになっている。

「コロナで死んだ国民はいない」

「時事通信が8月2日に配信した記事(註2)によると、ツィマノウスカヤ選手は昨年夏に行われた大統領選に際し、反体制派が呼びかけたデモにInstagramで呼応したそうです。彼女は公然と政府を批判したため、ルカシェンコ大統領の長男が率いる同国オリンピック委員会が“要注意人物”としてマークしていた可能性があると指摘しました」(同・記者)

 ベラルーシのルカシェンコ大統領と言われても、すぐには分からない人も多いだろう。だが、コロナ禍において“迷言”を連発した人物と言えば、「ああ、あの大統領か」と記憶が蘇るかもしれない。

「ルカシェンコ大統領は昨年3月、『ウオッカはウイルスを殺す』、『週に2、3回のサウナも有効。60度の中ではウイルスは死滅すると中国人に教えてもらった』などと発言。世界中から呆れられました。ちなみに『中国人』と唐突に出てくるのは、中国との関係が深いからです。独裁者であるためEUなどはベラルーシに制裁を科しているのですが、それを見た中国がすり寄っているのです」(同・記者)

 失笑されても、ルカシェンコ大統領は発言を止めなかった。「コロナで死んだ国民は1人もいない。死んだのは慢性病との合併症だ」とか、「子供たちはマスクをしてはいけない」など、妄言を連発している。

不正選挙

「ルカシェンコ大統領は1990年に政治家となります。ソ連が崩壊すると、ベラルーシの政界は汚職が横行しました。彼は汚職追放を掲げ、有権者の支持を得ました。94年に大統領となると、国民投票を行って大統領の多選を可能としました。ヒトラーを礼賛する発言をしたり、国内の広告で外国人モデルの使用を禁止したり、『プレジデントは自分一人で充分』と会社の社長が『プレジデント』と呼ぶのを禁止したり、と理解に苦しむ施策が多いことでも知られています」(同・記者)

 昨年の大統領選で6選を果たした。だが、その内実は非常に問題だらけだったことも判明している。

「有力視されていた対抗馬を逮捕したり、立候補を認めなかったりと、まさにやりたい放題でした。それでも活動家の夫が逮捕されたことから出馬した、スヴャトラーナ・ツィハノウスカヤさん(38)に注目が集まりました。彼女を支援して投票した有権者も多かったはずですが、選挙管理委員会が発表した得票率は9.9%と非常に低く、不正選挙と強く疑われました。実際、票数を改ざんするよう命令する場面が録音され、それが公開されたこともあります」(同・記者)

 ベラルーシでは選挙結果に抗議する大規模なデモが繰り返し行われた。死者や逮捕者が出るなど混乱が続いたが、今のところ大統領の強攻策で国民の不満を抑え込んだ形になっている。

ポーランドへ亡命?

「今年5月には、ギリシャを発ちリトアニアに向かっていた民間航空機が、ベラルーシの領空に入ると緊急着陸させました。そして、ルカシェンコ大統領を批判していたジャーナリストなどを機内で拘束してしまいました。EUを筆頭に『国家によるハイジャックを認めるわけにはいかない』と強い抗議が行われましたが、大統領は徹底して無視しています」(同・記者)

 ポーランド政府は、ツィマノウスカヤ選手の支援を表明。Twitterで「人道的ビザを発給する」ことを明らかにした。一部の報道によると、ツィマノウスカヤ選手は在日ポーランド大使館に入っているという。

註1:「メダル獲得なし、大統領『不満』 ベラルーシ、選手やコーチを批判」(共同通信・7月30日)

註2「過去に政権を非難 市民弾圧『我慢できず』 ベラルーシ選手」(時事通信・8月2日)

デイリー新潮取材班

2021年8月5日 掲載