孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、自殺した40代男性の部屋に自身が住むことになった話を聞いた。

 ***

 これまで数多くの事件現場を手掛けた高江洲氏は、自殺現場となった物件に住んだことがあるという。

「かれこれ10年ほど前の話です。横浜市内の高級マンションで、40代の男性が練炭自殺したのです」

 と語るのは、高江洲氏。

「間取りは3LDKで、120平米もありました。リビングは20畳以上、3つの部屋もみな10畳以上でした。玄関も10畳、洗面台は2台並んでいて、まるでホテルのようでした」

部屋に呼ばれている

 亡くなった男性は投資家で、FX(外国為替証拠金取引)などをやっていたという。

「最初は投資に成功していたといいます。マンションの家賃は40万円でしたから、月収は軽く100万円以上はあったでしょう。ところが、そのうち投資に行き詰まり、莫大な借金を抱え込んだそうです。男性には奥さんや子どもがいましたが、家族がいない時に、書斎で練炭自殺したのです」

 男性は死後、すぐに発見されたという。

「臭いも汚れもなかったそうです。そのため特殊清掃はせずリフォーム業者がリフォームだけ行ったわけですが、事故物件ということで次の借り手が見つかりませんでした。その物件を管理している不動産業者はもともと知り合いだったこともあり、家賃は10万円でいいから住んでくれないかと頼まれたんです」

 当時、高江洲氏は結婚したばかりだった。

「妻にそのことを話すと、『なんでわざわざ事故物件に住まなくてはいけないの』と反対されました。それでも、一応部屋を見てもらうと、彼女は、20畳以上あるリビングに感動。『この部屋に呼ばれている』と言い出したんです」

 結局、2年契約で住むことになった。

「それまで住んでいた部屋は全部で10畳ほどしかありませんでしたから、広くて住み心地は良かったですね。荷物も少なかったので、実際に使ったのはリビングと寝室、それに水回りだけです。結局事故物件といっても、全然、平気でした。もちろん、幽霊なんて出ませんし、快適に過ごしました。会社のスタッフにも事故物件に住んでもらったことがありますが、特に問題はありませんでした」

 こうした経験がきっかけとなり、高江洲氏はその後不動産業も始めた。

相場より3割安い

「事故物件を専門に扱う不動産屋です。孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、間違いなく事故物件となります。それらを買い取って転売したり、次の借り手を探したりするわけです。通常、賃料や売値は相場の3割程度安い金額になります」

 最近では、相場より安く借りることができる事故物件は、意外と人気があるという。

「外国人は特に事故物件でも気にしないと聞きます。たとえばイギリスでは、事故物件でも古くて歴史があるほど、不動産の価値が上がることもあるそうです。『事故物件』を嫌がるのは、潔癖な日本人に特有な感覚かもしれません」

 高江洲氏は、特殊清掃の依頼があると、部屋の所有者に相場の3割程度安い金額で物件を買い取る提案をすることがあるという。

「数十万円かけて特殊清掃と遺品整理を行い、さらに数百万円かけてリフォームをしたとしても、すぐに買い手や借り手が見つかるとは限りません。事故物件を買い取るという提案は、依頼主の心理的な負担を軽減するためでもあるのです」

 事故物件の買い取りは、特殊清掃やリフォーム、物件販売の利益で何とかやり繰りしているという。

「買い取った物件は、投資家に転売することもあれば、私がそのまま事務所として使ったこともあります。事故物件の買い取りの相談は月に2、3件はありますね」

デイリー新潮取材班

2021年8月24日 掲載