孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、マンションの同じ部屋で孤独死した2人の70代男性について聞いた。

 ***

 高江洲氏は以前、孤独死する人が出る部屋の共通点として“湿気が多いこと”を挙げた。しかし今回紹介するのは、日当たりや通気性も良い部屋で、立て続けに2人が孤独死した非常に稀なケースである。

「都内の不動産会社から依頼がありました。6畳のワンルームマンションの1階で70代後半の男性が孤独死し、1カ月経って発見されたそうです」

 いつものように、すぐに現場に向かった。

「玄関を開けると、まだ死臭が漂っていました。死後1カ月経っていたわけですから、強烈な臭いでした。ところが、事件現場につきもののカビ臭さは一切なかったのは意外でした。部屋は通気性も日当たりも良かったのです」

生活保護を受けていた

 亡くなった男性は、生活保護を受けていたという。

 東京都では、単身者で床面積15平米超の物件の場合、生活保護の住宅扶助(家賃補助)は5万3700円が上限となっている。

「不動産会社によると、家賃は生活保護の家賃補助の上限を下回る、5万円を切る金額でした」

 男性は、入居してから3カ月後に亡くなったという。

「部屋はきれいに整頓されていました。キッチンを見ると、鍋や調理器具、食器類がきれいに並べてありました。ビールや焼酎の空き缶はなく、不摂生な生活を送っていた形跡はありませんでした。ただ、足が不自由だったようで、手押し車と杖がありました。1階に入居したのも頷けます」

 男性には持病があったという。

「蒲団の上で亡くなっていたそうです。脂の腐ったような独特な死臭がするので、内蔵疾患だった可能性があります」

 高江洲氏は、早速仕事に取り掛かった。床板をはがすと、体液の汚れが床下まで達していたため、リフォームする必要があった。

「部屋を消毒して清掃した後、床をすべて張り替えました。リフォームを終えて部屋がきれいになると、すぐに借り手が見つかったそうです。事故物件でも、家賃が安いので借り手がついたのだと思いました」

 ところが、それから4カ月後、高江洲氏のもとに思わぬ依頼が飛び込んでくる。

言葉が出ない

「同じ不動産会社から仕事の依頼があったのです。話を聞いて、愕然としました。4カ月前に特殊清掃したばかりのこの同じ部屋で、また70代男性が孤独死したというのです。話を聞いた時は、しばらく言葉が出ませんでした」

 高江洲氏は、訝りながら現場に向かった。

「遺体は、死後数日経って発見されたそうですが、夏場でしたので腐敗が進み、床を張り替える必要がありました。同じ部屋で同じ作業を繰り返すなんて、初めての経験でした」

 亡くなった男性は、前の住人と同様、足が不自由だったという。

「部屋に、前回の時と同じく手押し車と杖がありました。部屋には開封されていないダンボール箱が5、6個ありました。新たに買いそろえた食器類もあり、洋服ダンスには、数は少ないものの、清潔な衣装が並んでいました」

 実はこの男性も、生活保護を受けていたという。

「不動産会社の話によると、このマンションの住人の多くが生活保護を受けていると聞かされました。しかもほとんどが高齢者だそうです。そのため、ここでは孤独死は珍しくないそうです」

 高江洲氏が手掛けた2回の特殊清掃の費用は誰が払ったのか。

「2人の男性は、どちらも孤独死保険に入っていました。いつ亡くなってもいいように、きちんと準備されていたわけです。どんな気持ちでこの部屋で過ごしたのでしょうか。そう考えると少し切なくなりましたね」

デイリー新潮取材班

2021年9月24日 掲載