日本共産党の山添拓・参議院議員(36)は9月18日、自身のTwitterに「16日付で埼玉県警に書類送検された」という内容の投稿を行った。

 ***

 現職の国会議員が書類送検されたケースは、それほど多いわけではない。

 2019年、当時、立憲民主党の衆議院議員だった初鹿明博氏(52)が強制わいせつ容疑で、1997年には自民党の小野寺五典・衆議院議員(61)が公職選挙法違反容疑で送検されたケースなどがある。

 有権者の耳目を集めるのは当然だ。一体、山添議員に何があったのか。正確を期すため、議員のツイートを編集せず、全文を引用する。

《2020年11月3日、休日を利用して趣味の鉄道写真を撮りに行った際に、長瀞町の秩父鉄道の線路を横断したことが、埼玉県警秩父警察署から軽犯罪法違反であるとの指摘を受け、本年9月16日付で送検した旨の連絡を受けました。軽率な行為だったと反省しています》

《私は、地域住民によって道がつけられ、水路に渡し板がかけられていた箇所を、列車が接近していない時間帯に、通行可能な道であるという認識のもとに、約1秒程度で渡りました》

《これが渡ることが禁止された箇所であったという指摘については、素直に従い、すべての事情を説明し、反省する旨を記した上申書も提出しています。今後、二度とこのようなことのないようにいたします》

当日、警察官が注意

 ツイートの投稿が端緒となり、新聞社やテレビ局など主要メディアは一斉に書類送検を報じた。

 この結果、更に詳細が明らかになったことがある。例えばツイートにある《軽犯罪法違反》は、読売新聞が《鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑》と報じた(註1)。同紙の報道によると、両罪での書類送検だったようだ。

 加えて《山添氏は他の複数の鉄道ファンとともに線路を横切るなどしたという》と、議員の“単独犯”でないことも伝えた。

 朝日新聞デジタルが19日に配信した「共産の山添拓参院議員を書類送検 線路立ち入り容疑『機関車撮影で』」によると、事件のあった昨年11月3日、埼玉県警が山添議員に注意していたという。

《当日に現場を離れて帰宅しようとした際、警察官から軽犯罪法違反にあたるとの指摘を受けていたという》

 この記述から、目撃者の通報などがあったため、埼玉県警が捜査を開始したわけではないことが分かる。

 山添議員は京都府生まれ。東京大学法学部を卒業し、更に早稲田大学大学院法務研究科を修了した。

 公式サイトによると、司法試験に合格したのは2010年だったという。

 16年の参院選で、東京都選挙区に立候補。定数6人のうち、4位で初当選を果たした。

「勝手踏切」の問題

 司法試験に合格した法律のプロであり、なおかつ共産党の参議院議員である男性が書類送検された──。

 このニュースは、たちまちネット上に“論戦”を巻き起こした。鉄道ライターが解説する。

「山添さんは軽率であり国会議員なのに遵法意識がないと批判する投稿、山添さんは自らTwitterで送検の事実を報告したと評価する投稿、更に警察が山添さんを尾行していたのではないかと疑う陰謀論的な投稿が入り乱れ、SNS上では話題になりました。一方で、一部の鉄道ファン、つまり“鉄オタ”が山添さんを擁護していることも注目を集めています」

 議論となっている事実関係を見ていこう。まずは「勝手踏切」の問題だ。しかし、鉄道にあまり関心のない人は、「それは一体、何だ?」と思うに違いない。

「沿線住民などが勝手に階段や通路を整備、線路を横断できるようにした場所を『勝手踏切』と呼びます。国交省が今年1月時点の調査を行うと、全国で勝手踏切は1万7066カ所あったそうです。この調査結果を共同通信が4月30日、記事にして配信しました。(註2)」(同・ライター)

江ノ電では重体事故

 一般的に踏切のイメージといえば、遮断機や警報器を連想するだろう。だが、勝手踏切は住民などが線路を渡るため勝手に作ったものだ。安全性を高める設備など全く存在しない。

「今年4月、江ノ島電鉄(本社:神奈川県藤沢市)の鎌倉市内にある線路で、勝手踏切を横断していた小学校3年生の女児が電車にはねられ、意識不明の重体に陥る事故が起きました。毎日新聞は、江ノ島電鉄にはこうした勝手踏切が89カ所あると報じています(註3)。勝手踏切を原因とした事故が全国でたびたび起きているのは、多くの鉄道ファンが知っているところです」(同・ライター)

 勝手踏切を渡れば、誰でも軽犯罪法や鉄道営業法などに抵触する可能性がある。地域住民だろうが、鉄オタだろうが、斟酌されないのが建前だ。

 とはいえ、全国各地で日常的に使われ、それが黙認されているのも間違いない。例えば、共同通信が報じた国交省の調査によると、勝手踏切の数は愛媛県の1031カ所が最多。次に長野県の872カ所、新潟県の825カ所だったという。

「死亡事故が相次ぎ、鉄道会社や行政が改善しようと動いても、沿線住民の反対で進まないことは珍しくありません。何しろ、玄関の前が線路という住宅もありますからね」(同・ライター)

埼玉県警がマーク!?

 原則として、国交省が踏切の新設は認めない方針であることも大きな影響を与えている。

 勝手踏切を使わなければ、日常生活に支障が出る──沿線住民の主張は理解できないわけではない。行政や鉄道会社が対応に苦慮する理由だ。

 山添議員がTwitterに投稿した「地域住民によって道がつけられ、水路に渡し板がかけられていた箇所」も、こうした勝手踏切だったと考えられる。

 議論のポイントとなっている2点目は、埼玉県警の動きだ。Twitter上で「あの勝手踏切は、もともと秩父警察署が張り込んでいるので有名な場所だった」とのツイートが拡散している。

「鉄道ファンは、鉄道写真の愛好家を“撮り鉄”という隠語で呼びます。このツイートによると、秩父警察署は山添さんのような“撮り鉄”は検挙しているにもかかわらず、地元住民は見逃していると指摘。他にも、一部の鉄道ファンの間で『少なくとも首都圏の警察では、埼玉県警が最も鉄道オタクに厳しい』という説が流布しています。ただし、地域住民は読売新聞の取材に『勝手踏切としては使っていない』、『日常的に渡っていない』と反論しています(註4)」(同・ライター)

「秩父鉄道への愛着」説

「『山添議員は普通の人より鉄道の知識を持っている。だからこそ勝手踏切を渡ってほしくなかった』と、鉄オタが山添さんを批判しているツイートも散見されます。その一方で、山添さんを擁護する鉄オタの主張も、『説得力がない』と切り捨てるわけにもいきません。勝手踏切を渡る人が誰でも書類送検されているわけではないからです」(同・ライター)

 事件の起きた2020年11月3日は文化の日で祝日、秩父鉄道ではイベント「ちちてつ秋祭り」が開催されていた。目玉企画の1つは「電気機関車108号機の引退記念運行」だった。

「108号機は昭和26(1951)年に製造という、非常に古い機関車です。これが引退するのですから、秩父鉄道や埼玉県警からすると、多数の撮り鉄が参集することは事前に予測できたでしょう」(同・ライター)

 山添議員の送検を報じた読売新聞は、埼玉県警が《鉄道ファンの悪質行為を警戒していた》ことを明らかにしている。

「山添さんの公式ブログでは、過去に蒸気機関車を撮った写真が公開されています。SLなど、機関車の牽引する列車に思い入れがあるのではないでしょうか。秩父鉄道はSLや貨物列車など、私鉄では珍しく機関車が活躍することでも有名です。秩父鉄道に愛着があり、ちょっとやり過ぎたということなのでしょう」(同・ライター)

批判と擁護で混沌

 山添議員は撮り鉄を標榜しているが、ネット上で公開されている写真は少数にとどまっている。ただし、アップされたいくつかの作品を見ると、腕前は確かなようだ。

 そのため、Twitterでは「#山添拓撮り鉄大写真展開催希望」というハッシュタグの付いたツイートも拡散している。

 もちろん、「山添氏は国会議員である以上、今回の書類送検に一切の弁明は許されない」と厳しく糾弾するツイートが最も流布しているのは言うまでもない。

註1:「共産・山添氏 線路無断侵入 容疑で書類送検」読売新聞・2021年9月19日

註2:「勝手に『踏切』1万7000カ所 往来日常化、事故恐れも」共同通信・2021年4月30日

註3:「江ノ電 勝手踏切なぜ多い 小学生がはねられる事故も 歴史も背景に」毎日新聞(電子版)・2021年7月27日

註4:「撮り鉄議員の釈明に地元『心外』…『日常的に線路内に侵入していたように捉えられる』」読売新聞(電子版)・2021年・9月23日

デイリー新潮取材班

2021年10月9日 掲載