小説より、家電などの「説明書」や「求人票」を読んだ方が、論理的な思考力が養われ、実用的な国語力が身に付く? もちろん答えは否である。しかし、そうした文科省の誤った考えが正されないまま、来春から高校の国語教育が変わる。無論、現場は混乱必至――。

 ***

 小説を排除する代わりに「求人票」や「説明書」の文章を入れた高校の国語の教科書で、実用的な国語力を育てる――。正気の沙汰とは思えないが、来年4月から教育現場でそれに則った授業が実際に行われることになるのだから由々しき事態である。しかし、“救い”がないこともない。文部科学省の方針に、果敢に“チャレンジ”した教科書会社があったのだ。

 来年度から導入される高校の新学習指導要領では、現在、高校1年の国語の唯一の必修科目である「国語総合」(4単位)が、「現代の国語」(2単位)と「言語文化」(2単位)の二つの必修科目に分かれる。

 文科省の担当者によると、

「これまでの高校の国語教育では教材の読み取りが中心で、話し合いや論述などの『話すこと・聞くこと』、『書くこと』の領域の学習が十分に行われていませんでした。『現代の国語』はその反省を踏まえて、実社会における国語による諸活動に必要な力を育成する科目と謳っています」

「現代の国語」の教科書では、すでに触れた「求人票」や「説明書」、法令文など“実用的”とされるものをテキストに採用。古典や小説、詩歌などは「言語文化」の教科書に収められることになり、

「『現代の国語』の教科書に小説が入ることは、基本的に想定していません」(文科省の担当者)

文科省が想定しなかった小説が収録された教科書

 しかし、“例外”はある。広島市にある「第一学習社」の「現代の国語」には、次の五つの小説が収録されているのだ。芥川龍之介の「羅生門」、夏目漱石の「夢十夜」、原田マハの「砂に埋もれたル・コルビュジエ」、村上春樹の「鏡」、志賀直哉の「城の崎にて」。これらの小説が収録されている箇所には「活動の手引き」など、授業での扱い方をガイドするメモのようなものが付いており、

「当初は、そこの書き方が従来の『文学作品を読み込む』ということと変わらない内容になっていました。そこで『現代の国語』の趣旨にふさわしい学習活動に中身を整えてもらいたいという意見を付したところ、学習活動について修正が入ったというのが今回の検定の経過です」(同)

 例えば漱石の「夢十夜」の元々の「活動の手引き」は「話のあらすじをまとめて発表し合おう」となっていた。修正後は、小説の一部がテレビドラマになると想定し、「新聞のテレビ欄にある、注目番組を紹介するコラムの記事を書いて発表し合おう」との内容になっている。

 こうして、文科省が“想定していない”とする小説が収録された教科書を検定に通すことに成功したわけである。しかしその後、第一学習社がHPでこの教科書について、“従来の現代文の教科書のイメージで利用可能”と宣伝していることが判明し、

「別の発行者や教育委員会から、この教科書と指導要領の関係についての疑義が生じ、さまざまな問い合わせがありました。そうした事態を重く受け止め、教科用図書検定調査審議会に依頼し、『今後はより一層厳正な審査を行う』という文書をまとめてもらいました」(同)

 文科省は8月25日にその文書を公表。新聞各紙で報じられたから覚えている方もいるのではないか。

「豊かさの象徴」

「第一学習社」はなぜお上の意向に反して「現代の国語」の教科書に小説を収録したのか。

 同社に取材を申し込むと文書で回答が寄せられた。

〈教育現場の先生方からご意見を伺うなかで、「現代の国語」の授業の中で小説を扱いたいとの要望が多く聞かれたことを踏まえました〉

〈文部科学省による事前の説明会などを踏まえ、小説を扱うことは難しいとの認識はございましたが、上記現場ニーズを踏まえ、不合格を覚悟でチャレンジするだけの価値があると判断しました〉

 教育現場の声を汲み取り、あえて“狙って”小説を入れたというのだ。そして、その狙いは見事に的中したといえそうだ。

 高校の国語教科書の編集に関わったことがある紅野謙介・日本大学文理学部教授によると、

「8月26日に東京の都立高校における各教科書の採択部数が発表されたのですが、『現代の国語』で最大となるシェアを取ったのがこの第一学習社の教科書でした。ある意味現場の実態を表すデータで、皆さん“小説なしではやってられない”と思っていたわけです」

 新学習指導要領に沿っていない教科書が一番売れる。奇妙な事態という他ないが、

「第一学習社以外の会社からすると、新学習指導要領に従って教科書を作ったら、そこから逸脱した教科書を文科省が認めてしまってシェアを奪われたということになる。そうした点も問題になるでしょうね。もちろん、そもそも文科省が定めた新学習指導要領に問題があったからこそ、こういう事態になっているのです」(同)

論理と文学を分ける矛盾

「論理・実用」と「文学」を安易に分けることが根本的に問題であるのは言うまでもない。「区分け」の傾向は高校2年生以降でも顕著で、「論理国語」「文学国語」「古典探究」「国語表現」から選択することになっている。

「『論理』と『文学』を分けるという発想が非常に強くあることが分かります。しかし、それは本当に対立する概念なのかというとそうではないわけで、ここにも矛盾が生じているのです」(同)

 そして、こうした「区分け」により、

「文学作品を読み込む時間が今よりも短くなるのは間違いない」(同)

 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授の阿部公彦氏は、

「実用的な言葉が使えない生徒が増えているから何とかしなければならない、といわれていますが、実用文を山のように読ませればできるようになるのでしょうか。部分的に取り入れるのは構いませんが、そればかりやらせても意味がない。言語学習は効率を求める世界ではないと思います」

 として、こう語る。

「文学における言葉には、さまざまな働きや効果、面白さなど、我々には計り知れないエネルギーのようなものがある。そうしたことを体験したり、体験を通して知ったり、知ったことを実践するのが非常に重要。こうした言葉の不思議な働き方を体験する入り口に連れて行ってくれるのが国語教育の大事な要素のはずです」

 教育評論家の石井昌浩氏が言う。

「そもそも“分ける”というのが非常に形式的な発想です。そうした形式的な枠組みに縛られるのではなく、むしろ、教材にはもっともっと幅があってもいいのではないかと思います。小説というジャンルの中でも、本当に多様性があります。それを選択するのは生徒たちであって、最初から排除するというのは、学問として成り立つのかと疑ってしまいます」

 さらに、小説を読むことの重要性をこう説く。

「多様な小説を読むことによって、表現力や幅広い考え方が身に付きます。優れた思想形成にも繋がる貴重な機会で、豊かさの象徴のようなものです。また、小説を読む行為を通して、他の人生を生きることも可能になる。中には社会から“はみ出した”ような人生もあるでしょうが、それもそれとして理解する許容力のようなものも、子供たちの成長には必要なのではないでしょうか」

「性急で安易な改革」

 先の紅野氏は、

「実用文や評論文だけでは、一面的な部分しか育たず、本質論がどんどん遠ざかってしまいます」

 と、指摘する。

「何事も本質論で考える思考力を鍛えることが大事で、そこには評論も必要だし、小説も必要だし、言葉について考えるなら詩歌も必要になりうる。本来はいろいろな教材を使いながら組み立てていかなければならないはずです」

 また紅野氏は、現在の「国語総合」が「現代の国語」と「言語文化」に分かれると、“教育現場が混乱する”と指摘する。

「国語の先生にも当然、得意不得意があり、例えば、近現代の文学が得意な先生、古典が得意な先生と分かれています。現在の『国語総合』では週に4時間くらいある授業時間の中で、評論や文学的文章を扱う2時間、古文・漢文を扱う2時間で、教員を変えることができる。つまり2人の教員が専門性を生かすことで高水準の授業が維持できているわけです」

 しかし「現代の国語」と「言語文化」に分かれると、

「前者は論理・実用の文章、後者は古典及び文学的な文章、ということになります。古典が得意な先生は当然、『言語文化』の担当になることを望むでしょうが、その先生が、あまり得意ではない夏目漱石や芥川龍之介を教えることになってしまいます」

 と、紅野氏は続ける。

「一方、『現代の国語』では評論文や実用文を教える。誰もこうした区分けで教えたことがないので、慣れるまでは授業のレベルは下がるでしょう。だから本来は教員養成のあり方から抜本的に変えなければならない話なのです。非常に性急で安易な改革が行われることによって、国語教育そのものが危うくなっているのです」

「論理的思考」を国語教育に取り入れるために、論理的とは言い難い事態が進行しているとは、何とも皮肉なことである。

「週刊新潮」2021年10月7日号 掲載