日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟の裏でトルコを支援するロシアについて聞いた。

 ***

 5月18日、フィンランドとスウェーデンはNATO(北大西洋条約機構)への加盟を正式に申請した。両国のNATO大使が、ベルギーの首都ブリュッセルにあるNATO本部に赴き、ストルテンベルグ事務総長に加盟申請書を手渡したのだ。

 中立化を貫くフィンランドとスウェーデンがNATOに加盟するのは、言うまでもなくロシアのウクライナ侵攻がきっかけだった。

「この2つの国がNATOに加盟するには、加盟国30カ国の承認が必要です。現在、トルコがその最大の障壁となっています」

 と解説するのは、勝丸氏。かつて公安部外事1課に所属していた同氏は、ロシアを担当していた。

「トルコは1984年以降、トルコ南東部を中心に活動するクルド人が国家の独立を目指して作った反政府武装組織『クルド労働者党(PKK)』からテロ攻撃を受けています。これに対してトルコ政府も、PKKの掃討作戦を展開してきました」

スウェーデンに10万人のクルド人

 クルド人は独自の国家を持たない世界最大の民族で、その数は3000万人とも5000万人とも言われている。トルコ、イラク、イラン、シリアに散在しているが、フィンランドは約1万5000人、スウェーデンは約10万人のクルド人難民を受け入れている。

「PKKの主要メンバー33人は、フィンランドとスウェーデンにいるのです。トルコは、テロリストを匿っている両国がNATOに加盟するのは許さないという立場を取っています」

 トルコは2017年、PKKの主要メンバーの送還をフィンランドとスウェーデンに要求したが、いずれも拒否された。

「実はロシアも裏で、2つの国がNATOに加盟することを妨害しています。SVR(ロシア対外情報庁)が中心となって、トルコの諜報機関に全面協力しています。トルコのエルドアン大統領に2国のNATO加盟反対を最後まで貫くように働きかけています」

 トルコにとってロシアのSVRは非常に有難い存在だという。

「SVRはフィンランドやスウェーデンはもちろん、ヨーロッパ各国に難民として滞在しているクルド人テロリストのあぶり出しを行っています。そしてテロリストと思しきクルド人の居場所をつかむと、トルコの情報機関に伝えているのです。PKKを殲滅しなければならないと考えているトルコにしてみれば、ロシアが提供してくれる情報は大変貴重です。ですからロシアと共にフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対するのはある意味、当然の流れと言えます」

 プーチン大統領は、トルコ訪問に向け準備を進めている。実現すれば、ウクライナ侵攻以降、初めての外遊となる。ロシアにとってもトルコはそれだけ重要ということだろう。

ロシアに接近するトルコ

 その一方で、トルコは西側諸国と摩擦が生じている。

 2014年7月、イスラム原理主義武装勢力「イスラム国家(IS)」がクルド人の居住地であるシリア北部のコバニを侵攻、市街地を支配下に置いた。それに対し、アメリカ軍がIS拠点の空爆を開始。PKKの武装集団であるクルド人民防衛隊(YPG)もISを攻撃。2015年1月、YPGがISを撃退し、コバニを奪還した。

「ところが2019年、トルコがYPGに対して大規模な掃討作戦を行ったため、西側諸国がトルコへの武器輸出を制限する制裁を科したのです。フィンランドとスウェーデも制裁に加わっています。今回、トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対しているのは、西側諸国を牽制する意味合いもありました」

 そのため、トルコはロシアに接近することになったのだ。

「トルコは昨年、ロシア製の新型地対空ミサイルS―400の導入を発表しています。これに対しアメリカは、トルコにF35戦闘機のライセンス販売を中断しました」

 さて、フィンランドとスウェーデンによるNATOへの加盟申請の影響で、EUやNATOの本部があるブリュッセルに各国のスパイが集結しているという。

「ロシアのウクライナ侵攻から増えてきましたが、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請でスパイの数はさらに増えているそうです。NATOの動きが今後のウクライナ侵攻に大きな影響を与えるため、情報を入手しようとしているわけです。一説によると、ロシアは200人以上、中国は250人以上、アメリカは300人の諜報機関の関係者を送り込んでいるとされています」

 EUやNATO本部近くのレストランやカフェでは、盗撮や盗聴が当たり前になっているという。

「世間話しかできません。ブリュッセル市中、いつ盗撮、盗聴されるかわからないので、日本の大使館員は外食をせず、弁当を持参しているそうです。第二次世界大戦直後のウィーンと同じですよ。オーストリアは戦後ドイツと分離され、米・英・仏・ソの4カ国の管理下になりました。東西冷戦の境界線上にあったので、ウィーンにスパイが集結していました」

勝丸円覚
1990年代半ばに警視庁に入庁。2000年代初めに公安に配属されてから公安・外事畑を歩む。数年間外国の日本大使館にも勤務した経験を持ち数年前に退職。現在はセキュリティコンサルタントとして国内外で活躍中。「元公安警察 勝丸事務所のHP」https://katsumaru-office.tokyo/

デイリー新潮編集部