将棋界で数々の大記録を打ち立てた羽生善治九段(51)=永世七冠資格=は、6月16日、前人未到の公式戦通算勝利1500達成した。1985年に15歳での四段昇段、つまりプロ入りから36年5カ月、51歳8カ月での快挙。2019年に大山康晴十五世名人(故人)の1433勝を抜いてトップに立ったあと、約3年かけての金字塔だ。勝利の直後、「(1500勝は)知っていましたし、自然体で臨もうと思っていました。一つ一つの積み重ねの中で、一つ節目を迎えることができてうれしく思います。ずいぶん長く棋士をやっていたんだなあと実感しました」など淡々と語った。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

降級者同士の戦い

 羽生は昨年度、29期も連続在位した名人戦順位戦A級(10人)からB級1組(13人)に降級した。同じくA級から降級した山崎隆之八段(41)と大阪市の関西将棋会館で対局した。

 先手は山崎。互いに飛車を、先手は6列目、後手は4列目に浮かす、「横歩取り」という戦法になる。山崎は早々に羽生の玉の真上の「5三」を崩して竜を作り、さらに馬も作れる形勢。ド素人の筆者には山崎が「圧倒的有利」に見えたが、AbemaTVのAI評価値は6割程度「羽生優勢」だった。その通り羽生は落ち着いて受け、徐々に差が開く。羽生が飛車を打ち込んで取らせて「と金」を作り、山崎陣を崩してしてゆく。

 山崎の手持ちは大駒と歩ばかりで攻撃のとっかかりがない。羽生が「4一」に玉を逃がして守りの「5二歩」を打つと、ほとんどつけ込む隙がない陣形に。これに対して山崎は防御のため自陣の「2八」に打った歩が自玉の逃げ道を塞ぎ苦しい。

 中盤の54手目あたり、午後5時頃になると、評価値は「75%羽生優勢」。AbemaTVで阿久津主税八段(39)は、「後手玉は広いけど先手玉は狭い。(逃走できる範囲など)先手から見るとうまくいっているように見えて負けているような、きつい感じか」と解説した。

 順位戦は持ち時間が6時間と長く、深夜にずれ込むことも多い。この日は、毎日新聞社とともに名人戦順位戦を主宰する朝日新聞社が、午後6時から森内俊之九段(51)=十八世名人資格=の解説でライブ配信するなど報道も手厚かった。

 結局、午後9時過ぎ、羽生が9筋に攻撃の角を打つと、山崎は「参りました」。この時点では即詰みだったわけではないが、山崎には反撃の余地がなく、珍しく82手と少ない手数で投了した。

 羽生は「似たような将棋を指したこともあったので、それをベースにしました」と振り返った。敗れた山崎は「序盤からずっと苦しかった。注目の一番でしたが、形を作れず申し訳ない」と悔しがった。

強かった1970年代の棋士たち

 さて、通算勝利数の「歴代十傑」を眺めてあることに気づいた。

 ベスト3は、羽生、大山、谷川浩司十七世名人(60)である。そして4位以下10位までが、加藤一二三九段(82)=タイトル獲得8期=、中原誠十六世名人(74)、内藤國雄九段(82)=棋聖と王位歴=、米長邦雄永世棋聖(故人)、有吉道夫九段(86)=棋聖歴=、佐藤康光九段(52)=タイトル獲得13期=、桐山清澄九段(74)=棋聖と棋王歴=だ。

 現在の日本将棋連盟会長で元名人の佐藤だけが「羽生世代」だが、あとの6人は古い時代の大御所。晩年も衰えなかった上の世代の大山と合わせると、通算勝利数上位10人中7人を彼らが占めている。大体が「ヒフミン」こと加藤一二三九段の世代で、主に1970年代頃が全盛期だった。

 将棋は、地位にかかわらず幕内と十両の年間の取り組み数が90番と決まっている相撲などと違い、勝てば勝つほど対局数が増えてくる(タイトルを取りすぎるとディフェンディングチャンピオンとして「待ち」の姿勢になり、減ることはある)。

 いずれにせよ、現在ほどタイトル数も対局数も少なかった時代の7人が、今なおベストテンに入っていることは驚きだ。その後の谷川世代や羽生世代では、この2人は別にして、これだけの記録を残した、あるいは残せそうな人は少ない。

 1970年代、順位戦のA級は、まさに彼らが固定メンバーのような様相だった。1972年に無敵の大山が中原に敗れて大ニュースになり、将棋人気も高まった。筆者が学校で夢中で駒を並べていた時代の懐かしい名棋士たちがいかに強かったか。

 将棋界で通算1000勝を達成した棋士は9人しかいない。棋力ももちろんだが体力に恵まれることも必要。だが、「長くやっていたから」というほど単純ではない。通算勝利は、長く現役でいることも条件とはいえ、いつまででもやれるわけではない。規定によって、成績が振るわないと引退を余儀なくされるのだ。大棋士の加藤も例外ではなかった。加藤の引退後、現役最年長棋士だった桐山、1000勝を目指したが996勝でわずか届かず、このほど引退を余儀なくされた。実績など関係ない真の厳しい実力世界だ。

「羽生さんは灯台」

 さて、羽生九段のタイトル数は驚異の99(2位は大山の80)で100まであと1つ。今後の最大の期待は、この記録とA級復帰だ。名人位の通算在位は大山の18期に比べれば少ないが、それでも9期だ。そしてタイトルに関する羽生の仰天記録が「王座」である。なんと通算24期。しかも初奪還から19期連続で保持した。

 ユニークな解説で人気の高い、関西の名棋士で十段(竜王の前身)と王座のタイトル歴を持つ福崎文吾九段(62)は、1992年に羽生に「虎の子」の王座を奪われた。

「でも、僕は羽生さんのおかげでその後、19年間も『前王座』を名乗ることができたんですよ」と今も笑わせるのだ。

 福崎は「僕は勝手に羽生さんを話のネタにさせてもらっていて、大変申し訳ないけど本当にありがたいんですよ。1500勝なんてすごいとしか言いようがない。羽生さんは人柄も素晴らしい。大谷翔平選手のような印象ですね。屈託のない性格で、国民栄誉賞なんていう威厳も感じさせない。棋士仲間で飲んだりすると、他の棋士の悪口を言ったりすることもままあるけど、羽生さんを悪く言う人だけは見たこともない」と明かす。

 そして「船が航海するとき灯台を頼るのと同じで、全棋士は灯台のような羽生さんを見て頑張っている。逆に、羽生さんは灯台のようにみんなを照らしてくれているんですよ。羽生さんとは、僕たちの中でそういう存在なんです」と尊敬する。

 羽生は記者会見で「いいスタートが切れて良かった」と好発進を喜びながらも、「長丁場なので、まだまだこれから」と話した。そして「全ての目標が終わったわけではない。将棋には進歩の余地がある。自分なりに少しでも進歩して上達していければ」、「2000局以上指していますけど、まだ知らない形がけっこうあるんだなと最近思いまして、自分なりにトライしている」、「これで終わりということではないので、変わらず前を進んで行ければいいと思います」と、その探求欲は衰えることがなかった。

 そんな羽生に福崎は「将棋も50歳を過ぎると体力的にもきつい。集中力も一瞬でも切れると(桶狭間の)今川義元のようにばっさりやられるんですよ。でも今後も、一日でも長く、強いままの羽生さんであってほしいですね」とエールを送った。
(一部敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部