2015年8月に日本最大の指定暴力団・山口組が分裂してからはや7年。今年6月5日には、六代目山口組との抗争状態が続く神戸山口組の井上邦雄組長宅が銃撃され、また、翌6日には絆會の織田絆誠会長宅に軽乗用車が突っ込むなど、神戸は一時騒然とした。今後も抗争は激化するのか、はたまた収束へ向かうのか――。予断を許さない状況が続く。そうしたなか、神戸地裁で先日、六代目山口組の四次団体の組長と若頭に実刑判決が言い渡された。その法廷からは、あまりに哀しい令和ヤクザの生き様が見えてきた。

 ***

 被告となったのは、四国に本部を置く六代目山口組の四次団体の組長(52)と若頭(41)。今年1〜2月にかけて神戸市内の飲食店を3回にわたって襲撃した事件を巡って逮捕され、建造物損壊と威力業務妨害の罪で起訴されていた。組長が指示し、若頭が実行役だったとみられている。2人の具体的な罪状は以下の通りだ。

 1月31日の晩、若頭は営業が始まったばかりの飲食店のガラス扉に自転車を投げつけて破壊。続いて2月17日夜に、今度は営業中の店に入って消火器を噴射し、さらに翌18日の夕方には、入口のガラス扉をバールで叩いて破壊している。店側が受けた被害は大きく、最後の襲撃から2ヵ月ほど休業を余儀なくされた。そして、兵庫県警に逮捕されている。

 6月28日午後、神戸地裁で最も大きな101号法廷。開廷前には職員に誘導されて荷物検査とボディチェックが行われ、傍聴席との境にある木製の柵はアクリル板の仕切りで隙間なく埋め尽くされていた。法廷の前方にはパイプ椅子に座った警備員が2人配置され、傍聴席をくまなく見渡し目を光らせるという、ものものしい雰囲気で裁判は始まった。

「一旗揚げて忠誠心を見せよう」と決意

 それにしてもなぜ、この飲食店が標的になったのだろうか。

「被害に遭った飲食店は、神戸山口組・井上邦雄組長の関係先という噂が流れていたそうです。ただ、本当に神戸山口組と関係があるかは怪しく、被告人らが早合点した可能性も指摘されています」(全国紙社会部記者)

 噂の真偽は定かではないが、その動機は身勝手極まりないものだった。

 法廷で検事は「2人の間で、“しばらく抗争が起きていない”という話になり、組長自身も“一旗揚げて(上部組織に)忠誠心を見せよう”と決意した」と事件の背景を説明している。

 普段は四国にいる若頭はどうやって神戸まで向かったのだろうか。黒塗りの高級車で意気揚々と神戸へ……と思いきや、移動の手段は「公共交通」だった。2回目の襲撃時は大雪に見舞われ、組長が若頭を途中までマイカーで徳島まで送り届け、そこから高速バスに乗り換えて向かったという。

「俺が行きます」

 最初の襲撃を終えると、組長は「自転車を投げ込んだくらいじゃインパクトはないが、よくやった」と若頭を労ったという。だが、その後も店が営業していることを知った組長は「もう1回行け」と2回目を指示したそうだ。2回目の襲撃を終えた若頭は当初、3回目の襲撃を渋ったものの、組長は「おまえが行かないなら俺が行く」と発言したことで、若頭が「俺が行きます」と志願したという。

「2回目の襲撃時に組長は、若頭に“よろしく頼む。できることは何でもする”と語ったようです。とはいえ、手渡されたのは現金5万円ほど。バールや消火器は組長が襲撃のためにと若頭に買い与えたものとされます。また、襲撃に関するやりとりはプリペイド式の携帯電話で行われていたようで、記録はすべて当局が押収し、確認しています。こうなっては言い逃れも難しいでしょう」(全国紙社会部記者)

 法廷で2人は「カタギには迷惑をかけない」と事前に決めてから事件を起こしたとしているが、検事や裁判官からは「でも、営業時間中にも襲撃していますよね?」と問い質されて答えに窮する場面もあった。“カタギへの配慮”とは見受けられず、双方から厳しい口調で詰問されていたため、正直なところ、心証は良くないだろう。

内縁の妻が流した涙

 それでも、被告人側の弁護士は、切り札とばかりに組長の内縁の妻を四国から証人として呼んでいた。

 証言台に立った彼女は、涙をこらえるように震える声で心境を明かした。組長との間には小学生の息子がおり、子どもの面倒を見てくれたことを感謝していると語り、「父親の逮捕や不在からくるストレスやショックを抱えている。1日でも早く戻ってきてほしい」と訴えて証言台を後にした。傍聴席に戻ってからも、人目をはばからず何度も何度もハンカチで涙を拭っていた。若頭にも内縁の妻が提出した嘆願書があり、一部も紹介された。そこには、「何度もヤクザをやめるように指導してきた」綴られていた。

 しかし、検事から襲撃に行く際の様子を聞かれた若頭は、「(内縁の妻は)“行かないで”と泣いていた。後ろ髪を引かれようが、嫁が泣きつこうが俺にはこういう生き方しかできないんや」と率直な心境を吐露した。最後に「暴力団をやめるつもりはありますか?」と尋ねられると、「そのときにならんとわからん」「襲撃は組長の指示やない。俺が一人でやったことや。そこのところを間違えないでほしい」と裁判官に告げている。結局、2人とも懲役5年を求刑されて審理は終結した。

無言で視線を送る

 それからおよそ1ヵ月後。8月1日午後に行われた判決では、相変わらず法廷に厳重な警備が敷かれ、組関係者と思しき人物も複数人、傍聴に訪れていた。そこで2人に言い渡された判決は懲役2年4ヵ月だった。

「求刑は懲役5年で、想像していたよりは軽い判決だったと言えます。ただ、最終的に襲撃した店に全額弁償したとはいえ、2人とも暴力団の構成員で前科があります。3週間で3回も店を襲撃した、その背景に組の抗争があったことが悪質と判断されたのは間違ありません。今後も、抗争事件に絡む犯行の厳罰化は止められないでしょう」(全国紙社会部記者)

 閉廷後、組長は傍聴に訪れた内縁の妻に無言で視線を送った。内縁の妻は目に涙をためたような表情で、しきりにうなずいていた。

 2人が刑期満了で刑務所を出られるのは2年後の初冬になる。その頃には、分裂抗争に終止符は打たれているのだろうか。暴力団関係者への締め付けが厳しくなるなか、より一層身に応える寒さが2人を待っているかもしれない。

デイリー新潮編集部