日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、摘発された京都・祇園の中国人クラブについて聞いた。

 ***

 2013年6月、京都・祇園にある中国人クラブが京都府警の家宅捜索を受けた。中国人ホステス(当時31)が在留資格を得るためにクラブの常連だった陸上自衛隊桂駐屯地(京都市西京区)の陸曹長(当時53)と偽装結婚していたことが発覚したためだ。

「中国人ホステスと陸曹は公正証書原本不実記載・同行使の容疑で逮捕され、ホステスは有罪が確定。懲戒免職となった陸曹長は13年9月、懲役2年執行猶予3年が言い渡されました」

 と解説するのは、勝丸氏。

「実を言うと、京都府警の本当の狙いは、産業スパイを摘発することでした」

親族が中国共産党の幹部

 中国人クラブは、八坂神社に近い雑居ビルの2階に2007年オープンした。

「ママは気立てのいい美人の中国人で、7、8人いたホステスはいずれも中国籍でした。ママの親族は中国共産党の幹部だと言われていました。料金は1人2万円程度で、祇園でもそんなに高くはありません。ホステスの多くは若い留学生だったので評判を呼び、人気店になりました」

 京都に本社のあるハイテク企業の幹部やエンジニア、陸上自衛隊桂駐屯地の幹部も常連になった。

「中国人女性たちが狙っていたのは、電子部品や精密機器など、日本の最先端技術でした。ハイテク企業の幹部やエンジニアが来ると、彼女たちはハニートラップを仕掛けるのです。逮捕された陸曹長も色仕掛けで偽装結婚してしまったのです。警察は、このクラブ自体が中国の情報機関の活動拠点だったと見ています」

 店の中国人女性と深い関係になったハイテク企業の技術者は、機密情報を渡していたという。

「製品情報や技術部門の人事異動に関する情報も渡していました。中には、店でホステスに新製品の設計図を見せた技術者もいたそうです。京都府警は、このクラブには大手を含めて5社以上の企業関係者が出入りしていたことを把握していました」

 中国人女性が入手した情報はどうやって中国当局に渡されるのか。

「彼女たちは駐日中国大使館や領事館の職員と接触することはありません。外事警察の目が光っているので、そんなことをすると諜報活動がバレてしまいます。ママやホステスは春節(2月3日)に帰国した際、本国の諜報機関に情報を伝えることになっていました」

お持ち帰りOKの女性を常駐

 もっとも京都府警は、クラブの実態を把握しても、徹底的な証拠をつかめなかったという。そんな折、陸曹長とホステスが偽装結婚していたことが判明したのだ。

「陸曹長は2011年11月22日、ホステスと共謀して婚姻届を提出。2012年1月から2013年5月にかけて、自衛隊から扶養手当など計約30万円を受け取っていました」

 入国管理局が調査したところ、2人は同居しておらず、結婚生活の実態がないことが分かったという。

「京都府警は2人を逮捕。それと同時にクラブも家宅捜索しました。そして産業スパイとして中国人女性も立件しようとしました。ところが、ママやホステスを事情聴取しても、スパイ活動について完全否定されたそうです」

 結局、中国人クラブは13年7月に閉店した。

「閉店した後、中国人女性たちは、大阪や神戸、東京、仙台、札幌などの中国人クラブで引き続き働いていました。今も、諜報活動の拠点となっている中国人クラブは全国にあります。東京には、中国共産党が直接経営していると見られる店が池袋、歌舞伎町、六本木などにあります。また、六本木には駐日中国大使館御用達の高級中華レストランがあって、2階には個室がいくつもあり、諜報活動の拠点となっています。お持ち帰りOKの女性も常駐していて、ハニートラップを仕掛けるのです」

勝丸円覚
1990年代半ばに警視庁に入庁。2000年代初めに公安に配属されてから公安・外事畑を歩む。数年間外国の日本大使館にも勤務した経験を持ち数年前に退職。現在はセキュリティコンサルタントとして国内外で活躍中。「元公安警察 勝丸事務所のHP」https://katsumaru-office.tokyo/

デイリー新潮編集部