会場の外はまるで撮影大会

 3度目のニューヨーク州司法試験を終えた小室圭さん。試験の結果によっては、今後眞子さんの“就活”も現実味を帯びてきている。一方、日本では天皇皇后両陛下が“再始動”なさるタイミングだが、ここにも小室さんの行状が暗い影を落としている。

 ***

 小室さんが、マンハッタン北部にあるアーモリー陸上競技センターで試験に臨んだのは現地時間の7月26、27の両日。が、初日を終えた帰途、さっそくパパラッチやユーチューバーらに囲まれてしまった。

「多くの受験生が顔を覆っていない中で、マスク姿の小室さんは目立ちました。会場の外はまるで撮影大会でしたが、小室さんは一言も発せず、笑みをたたえるばかりでした」

 とは、現地ジャーナリスト。

「途中、報道陣を振り払うかのようにUターンして、来た道を戻り最後は送迎の車に乗って引き上げていきました」

 あるいは験(げん)担ぎか、小室さんは2日間とも同じ服装で会場に現れた。

眞子さんの“就活”に現実味が

「合格発表は10月下旬の予定ですが、大きな山場を越えたことで夫婦の“妊活”も本格化することでしょう。また現在、ビザの関係で眞子さんは就労できないとされ、メトロポリタン美術館(MET)の仕事にはボランティアで携わっている状態ですが、小室さんの結果次第では今後、眞子さんの“就活”も現実味を帯びてきます」(同)

 眞子さんには1億円ともいわれる「皇族費預貯金」があるものの、日々のやり繰りで目減りしていくのは明らかで、やはり先立つものは多いに越したことはない。そんな暮らし向きにあって、科学や芸術、スポーツなど特定の分野で卓越した能力を持つ人が対象の「O−1ビザ」を取得すれば、METへの就職もスムーズになるといい、

「このビザには抽選枠がなく、発給の可否は米移民局のさじ加減で決まるといえる。眞子さんはエディンバラ大学で美術史を学び、その後レスター大学で博物館学の修士号を取得しましたが、そうしたキャリアについてMETの元キュレーターは『ピープル』誌で“彼女は資格要件を満たしている”と評しています」(同)

 かりに夫が“三たび失敗”の憂き目に遭っても保険は万全だというのだが、さる皇室ジャーナリストはこう指摘する。

「海外に移住したところで、元内親王の夫という立場に変わりはありません。眞子さんは結婚に際し『皇族であったものとしての品位保持の資に充てる』およそ1億5千万円の一時金を辞退していますが、それは今後の人生で品位を保持しなくてもよいということでは決してない」

国民の目を悠仁さまに向けさせたいが……

 秋篠宮家の事情を知る関係者が言う。

「殿下は、眞子さんについては“すでに小室家の一員なのだからとやかく言うつもりはない”としながらも、やはり近況は気にかけておいでです。とりわけ、小室さんの動静が現地で報じられるたび、彼の髪型や服装などがメディアの“材料”となってしまっていることを苦々しく思っておられるご様子です」

 秋篠宮家では目下、将来のお世継ぎを国民にアピールしていく“悠仁さまシフト”が敷かれているという。7月31日には、ご夫妻とともに悠仁さまも全国高等学校総合文化祭の開会式にご出席。東京・丸の内の路上で催されたパレードにも足を運ばれ、盛んに拍手を送られていた。

「今後は、国民の目を悠仁さまに向けさせたいところでしょうが、そのたび海外の夫婦が気勢をそいでいる格好です。両殿下は、眞子さんからも“私たちがよければそれでいい”との姿勢を感じ取っておられ、それがいっそうお悩みとなっている。“プラスになることはしなくてもいいから、ともかく皇嗣家の足だけは引っ張らないでほしい”というのが、殿下の偽らざる本音なのです」(同)

 小室さんは2017年9月の婚約内定会見で、自身の性格について、

〈どちらかといえば鈍い方〉

〈大切にしていることは、日々のペースを崩さないこと〉

 などと述べていたのだが、

「その性格が、完全に悪い形で表れています。自身の言動が皇嗣家にどんな影響を及ぼすか、まるで想像力が働いていないのです」(同)

2年9カ月ぶり

 令和皇室において、皇嗣家の役割はこの上なく重い。ましてコロナ禍で直接のお出ましを手控えてこられた両陛下が、いよいよ動かれる方針を固められたというのだから尚更である。さる宮内庁関係者が言う。

「“第7波”は衰える気配がありませんが、実は両陛下は、10月に栃木県で催される『とちぎ国体』開会式に、ご宿泊を伴ってお出ましになる意向を示しておられます。コロナ禍でのご公務は、もっぱらオンラインでなさっており、東京以外への行幸啓が実現すれば20年1月の埼玉以来、実に2年9カ月ぶりとなります」

 陛下は、このご訪問について並々ならぬご意欲を抱かれているといい、

「これに先立つ8月下旬には、両陛下と愛子さまが那須御用邸で静養される日程調整も進んでいます。もちろん行動制限となれば難しいでしょうが、お支えする侍従らも、ぜひ3年ぶりとなるご静養にお出かけいただきたいと願っている。陛下もまた、こうした思いを受け止めておられます」

 令和皇室の再始動に向け、徐々に舵を切られる陛下。コロナ禍以前にみられた国民とのふれ合いが待ち遠しいところだが、これに水を差すのが「小室さんの行状」であることは言わずもがなである。

「週刊新潮」2022年8月11・18日号 掲載