それぞれややこしい関係

 神戸山口組、池田組、そして絆會の間で、事実上の3社同盟が結成される運びとなった。元は同じ組織にいた者たちが袂をわかった後に再び関係を修復させるというややこしい話なのだが、そこに何があったのか? 元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)に今回の動きについて解説してもらった。

 竹垣氏は「驚きの展開ですね。神戸山口組の井上邦雄組長、池田組の池田孝志組長、そして絆會の織田絆誠代表との間にはそれぞれややこしい関係が横たわっており、それを整理するのはなかなか難しいと見られてきたからです」と話す。

 ひとまず、ここまでの経緯を駆け足で辿っておこう。

 神戸山口組、池田組、そして絆會の各トップは2015年8月に6代目山口組を脱退し、神戸山口組立ち上げに参集していた。しかしその後、2017年4月に織田代表が任侠団体 山口組(現・絆會)を結成して離脱。2020年に7月には、池田組も神戸山口組を出て独立組織となっていた。 

五分の親戚=対等の連合

 織田代表は神戸山口組の中核組織・4代目山健組の副組長(4代目山健組の組長は井上組長)に取り立てられていたが、離脱にあたって神戸側の振る舞いについて、口を極めて罵るように痛烈批判した。

 これに対して神戸側は報復行為に打って出て、織田代表は襲撃を受け、ボディガード役が射殺されている。殺人容疑で全国指名手配されたヒットマンの行方は杳として知れない。

「そういった経緯がある中で、関係修復は不可能だというのがもっぱらの見方でした。しかし、9月8日に兵庫県稲美町にある井上組長の別宅を、神戸の入江禎副組長、そして池田組長が訪問。神戸山口組と池田組が“五分の親戚”、すなわち“対等の連合”という関係を結ぶことになったのです」

 その一方で、池田組と絆會は運命共同体の間柄にあるとされており、

「その関係を踏まえ、神戸山口組と池田組とが連帯するということは、3社の執行部や組員は積極的に交流することになり、事実上、3社同盟のような強固な結びつきとなっていくと噂されています」

寺岡若頭の電撃脱退

 怨讐をかなぐり捨てる、薩長連合のような動きはどうやって生まれたのか?

「元々、入江副組長と池田組長の関係は良好で、池田組長が神戸山口組を抜けた後も緊密な関係を続けてきたといいますし、池田組長と織田代表もとても近い間柄です。実際、以前にもこの3者が連合する動きが取り沙汰されたことがありました。しかし、その時はまだ神戸ナンバー2の寺岡修若頭が在籍しており、そのプランに反対し、うまくいかなかったとされています」

 その寺岡若頭が8月に電撃脱退する。

「神戸山口組は解散すべしが持論だった寺岡若頭と解散反対派の入江副組長とは相容れない関係だったようで、寺岡若頭が出ることで一気に話が進んだということでしょう」

 3社が同盟を結ぶにあたっては、こんな物騒な話も飛び交っていた。

「ほんの数日前のことですが、織田代表が池田組長らと会合中に“金澤成樹は生きている”と話したということでした」

“金澤成樹は〜”とはどういうことなのか。背景の説明が必要だろう。

 絆會ナンバー2の金澤成樹若頭は、6代目山口組に移籍した手下の幹部に重傷を負わせた殺人未遂容疑で全国に指名手配されている。

「織田代表」腹心の死亡説

 この金澤若頭をめぐっては、つい最近、「死亡説」が流れた。9月3日、「岐阜県内で成人男性とみられる下半身のみの白骨化した遺体が見つかった」ことが報じられたことから、それが彼ではないかという話が出たのだ。

「この白骨遺体が金澤若頭ではないかと一部で話題となりました。池田組長はこれについて、『もし絆會が金澤若頭を殺めていたとしたら、それはヤクザの掟の上では“子殺し”という許されざる行為だから、絆會と池田組との関係も反故にせざるを得ない』と強く訴えたようです。それに対して織田代表は“金澤成樹は生きている”と言い切った。つまり池田組長の疑念を否定したということになりますね」

 他方、6代目山口組の動きはどうだったのか?

「第3者の立場にあたる“使者”を介し、池田組長や織田代表への懐柔作戦を展開してきたのは事実です。ただそれは、池田組に対する襲撃をストップしつつも池田会長に引退を迫るものでした。池田組長はカタギになることが受け入れがたかったのでしょう。池田組長がイヤだと言えば運命共同体の織田代表も同調せざるを得ない。懐柔作戦は不首尾に終わったということになりますね」

6代目側の反応は?

「今回の動きについて、6代目側としても青天の霹靂とは言わないまでも驚きをもって捉えられているようです。だからと言って、これまでの神戸側への対峙の仕方と変わることはないと思われますが」

 ここ1年は、6代目山口組による襲撃が神戸山口組のトップも含めたものとなっていた。これに対して神戸側は報復行為を展開できず、いつ白旗を上げるのかに注目が集まってきた。

「神戸側は組織の立て直しで精一杯であることに加えて、人生を賭けて積極的に報復に出ようとする若い衆も少なくなってきているでしょうから、これまで同様、6代目側の一方的な襲撃が続くと思われます。ただ、攻撃の対象が3カ所になることで、分裂騒動が長期化することは間違いないでしょう」

デイリー新潮編集部