70年にわたり君臨した英国のエリザベス女王が8日、96歳で亡くなった。皇室とのゆかりも深く、19日に営まれた国葬には天皇皇后両陛下が出席された。一方、11日には秋篠宮家の紀子妃がお誕生日を迎えられたのだが、そこにはご苦悩がにじみ出ており……。

 ***

 訃報がもたらされた日本時間の9日は、宮内庁も慌ただしく動いていた。

「女王の葬儀について、儀式・交際を司る式部職から説明があったのですが……」

 とは、宮内庁担当記者。それによれば、

「外国元首の葬儀に陛下が参列されるのは異例のことであり、慣例に従えば秋篠宮ご夫妻のご出席となるのでは、といった見通しが示されていました。一方で、肝心の陛下のご意向について“今はお伺いする段階ではない”としながらも“陛下が(ご出席への)強いお気持ちをお持ちであれば、わからない”と、可能性を示唆していたのです」

 ほどなく公表された陛下のお気持ちには、女王の功績への感謝とともに、

〈私の英国留学や英国訪問に際しても、さまざまな機会に温かく接していただき……〉

〈私の即位後初めての外国訪問として、私と皇后を英国にご招待いただいたことについて、そのお気持ちに皇后とともに心から感謝しております〉

 そうつづられていたのだった。

「心よりのご追悼とはいえ、陛下がここまで“個”を前面に出されてお気持ちをあらわになさるのは珍しい。これを受け、庁内は陛下のご参列へと一気に傾いていったのです」(同)

英国王室が広報に力を入れたきっかけ

 ロンドンのウエストミンスター寺院で国葬が営まれたのは19日である。海外の王室に詳しい関東学院大学の君塚直隆教授が言う。

「英国内には老若男女を問わず悲しみが広がっていますが、これはこの四半世紀で王室が力を注いできた広報・情報発信の賜物だと思います」

 1997年8月、ダイアナ元妃が不慮の死を遂げる。それにまつわるチャールズ皇太子(当時)の不倫など一連の「事件」で、英王室は国民から猛烈なバッシングを受けていた。

「女王が当初、ウィリアム王子やヘンリー王子を気遣って沈黙を貫いていたこともあり、批判は過熱。中には“王室で慈善事業に携わっているのはダイアナぐらいだ”といった論調も見られました。実際には王室は積極的にチャリティーに関わっており、ダイアナ妃が携わったのは最晩年だったのですが、当時は広報活動が圧倒的に不足していました。そこで“批判されるのは『国民は王室を理解してくれている』とあぐらをかいていたからだ”との反省に立ち、本当の姿を知ってもらおうと女王以下、広報に力を入れ始めたのです」(同)

インスタのフォロワーは1400万人

 ホームページは97年に開設され、2003年にはチャールズ皇太子が自身の活動を発信するパンフレットを作成。04年からは王室の収支を記した「年次報告書」を開示し、現在に至っている。

「英王室はこれまで、18人前後のメンバーで3千以上の団体のパトロン(総裁・名誉職)を務めてきました。SNSなどを通じて地道な情報発信を続けたことで、王室がいかに公務に尽くしているかが国民に伝わったのです。現在、例えばウィリアム王子とキャサリン妃のインスタグラムのフォロワーは1400万人に達しています」(同)

 仮にこうした情報発信がなされなかったとすれば、

「ヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱問題に関しても『ダイアナ事件』の時のように“また女王が嫁をいじめているのか”といった批判が沸き起こっていたかもしれません。ところが実際にはそうならなかった。王子夫妻の離脱について世論調査を行ったところ、離脱を認め、称号を失うことで夫妻と合意した女王の判断を9割以上が支持する結果となったのです」(同)

 9日夜、チャールズ新国王は初めての演説に臨み、「生涯を通じて皆さん(国民)に仕える」と明言、あわせて王室批判を続けてきたメーガン妃についても「愛を伝えたい」と呼びかけた。これと連動するかのように10日、女王を悼んでロンドン近郊のウインザー城に集まった国民の前に、ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子夫妻がサプライズで登場。四人が公の場でそろうのは、実に2年半ぶりだったという。

悠仁さまをアピール

 そうした中、国内では11日、紀子妃が56歳のお誕生日を迎え、記者会の質問に文書で回答された。

「質問は三つ。最初の『この一年を振り返って』のご回答では1年間のご活動を詳細につづられるなど、全体で約6千字を超す長文をお寄せになりました」

 とは前出の記者。2問目の「ご家族について」でも、

「今年は高校に進学された悠仁さまに関する記述が多く、お住まいの庭でなさっている稲作について書かれていました。今月6日のお誕生日にも、悠仁さまが稲の生育状況をご覧になる映像が公開されましたが、同じ日に陛下が皇居で恒例の稲刈りに臨まれたこともあって、『将来即位する悠仁は順調に育っています』といった紀子さまの“内なるメッセージ”を、あらためて感じさせられました」

 というのだが、続く3問目の「眞子さんの結婚への受け止めや親子間のやり取りについて」では一転、

「紀子さまは『二人の幸せを祈っております』とされながらも、眞子さんの近況については『本人の希望もあり、お答えは控えます』とご回答。最後は『今は直接会うことがかないませんが、庭の花の世話をしながら、木香(もっこう)バラのアーチを作り、いつか娘と一緒にゆっくり庭を歩くことができましたら、と思っております』と結ばれたのです」

「打ち解けたムードには程遠い」

 木香バラとは内親王時代の眞子さんの「お印」だが、

「両殿下と眞子さんは、依然としてご関係がよろしくありません」

 そう明かすのは、秋篠宮家の事情を知る関係者。

「両殿下はNYでの生活をまるでご存知なく、また現地の二人も、宮邸の両殿下を気にかけている様子はありません。眞子さんの近況について妃殿下が言及を控えられたのも、何か話すことであちらから反発を招きかねないといった懸念があったためです」

 その上で、

「妃殿下があえて眞子さんの“お印”に触れられたのは、小室さんはさておき、眞子さんについては“できることなら昔の娘に戻ってほしい”という願望をお持ちだからです。ただ、実現は非常に困難で、それは妃殿下もよくご理解なさっているはずですが……」

 小室さんが皇室に刻んだ“爪痕”は、とてつもなく大きい。それは今回、佳子さまのご結婚や将来について、紀子妃が言及された箇所からもうかがえるのだ。

「妃殿下は『次女の気持ちや考えをよく聞き、またこちらの思いや考えを伝えていくことができれば』などと述べておられました。眞子さんの時のように、ご家庭が“機能不全”に陥ってはならないとの強い自戒がうかがえますが、実情は、やはり打ち解けたムードには程遠い。悠仁さまのご成長を喜ばれる一方、妃殿下は佳子さまの将来について、大いに悩んでおられます」(同)

情報公開は「責任」

 国民の声は、いまだ皇嗣家には逆風となっている。令和皇室の行方が大いに案じられるところだが、皇室制度に詳しい小田部雄次・静岡福祉大学名誉教授は、

「昭和天皇は皇太子時代、欧州歴訪でエリザベス女王の祖父にあたるジョージ5世から『君臨すれども統治せず』とは何かを教わり、“第二の父”と敬愛なさっていたといいます。戦前から皇室は英王室に精神的な連帯感を抱いてきたのです」

 としながら、

「現在の情報公開の姿勢も、大いに見習うべきです。宮内庁がSNS活用を検討する契機となったのは、やはり小室さんの問題。結婚後もなお“なぜNYの一等地に住めるのか”“警備の原資は”といった疑念が噴出し、批判の矛先が役所に向いたわけです。眞子さんが皇籍を離れたとはいえ、国民の敬愛の対象である皇室が不信感を持たれているのだから憂慮すべき事態です」

 さらに、こう続ける。

「紀子さまは今回、眞子さんの近況について本人の希望もあってお答えになりませんでしたが、将来の天皇家となられる皇嗣家のご家族がどのように暮らしているのか、曖昧にするのはいかがなものでしょうか。これでは国民が皇室の情報を知るすべがなく、情報を示さない皇室が敬愛されるのか、大いに疑問です。娘の意向を受けて情報をお出しにならないのは、皇室のあるべき姿とは思えません。国民から愛され、かつ威信ある皇室を目指すのであれば、情報公開はいわば『責任』ではないでしょうか」

 未来のお世継ぎを擁する重みは、計り知れないのだ。

「週刊新潮」2022年9月22日号 掲載