急転直下の決断の裏に

 神戸山口組と池田組が連帯し、そこに池田組と運命を共にする絆會も絡んでの「3社連合」。図らずも山口組分裂からちょうど7年目のタイミングで発生したこの動きは、関係者の注目を大いに集めた。しかしその直後、3社連合の立役者である神戸山口組・入江禎副組長(2代目宅見組組長)が脱退することになった。一連の事態を6代目山口組の高山清司若頭はどう見ているのか。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)に現状を解説してもらった。

 3社連合結成までの経緯を駆け足でおさらいしておこう。

 もともと神戸山口組、池田組、そして絆會の各トップは2015年8月に6代目山口組を脱退し、神戸山口組立ち上げに参集していたメンバーである。しかしその後、2017年4月に織田絆誠代表が任侠団体 山口組(現・絆會)を結成して神戸山口組から離脱。2020年7月には、池田組も神戸山口組を出て独立組織となっていた。

 入江副組長と池田組の池田孝志組長との関係は良好で、池田組長が神戸山口組を抜けた後も緊密な関係を続けてきた。また、池田組長と織田代表も非常に近い関係にあり、「運命共同体」と自ら胸を張るほどの間柄だという。

最高幹部の弔問

 その後も紆余曲折を経ながら、今年8月、電撃的に3社連合が結ばれた。

「神戸山口組と池田組が“五分の親戚”、すなわち“対等の連合”という関係を結ぶことになりました。その一方で、池田組と絆會は運命共同体の間柄にあるとされていることから、3社の面々が積極的に交流し、同盟のような結びつきに発展していく可能性を秘めています」

 と、竹垣氏。

 ただ、そのためにはそれぞれが超えなければならないハードルが存在した。神戸山口組側が織田代表にヒットマンを放ったことで発生した一件だ。

 織田代表は、神戸山口組の中核組織・4代目山健組の副組長(4代目山健組の組長は井上組長)に取り立てられていたが、離脱にあたり、神戸側の振る舞いについて、口を極めて罵るように痛烈批判していた。

 これに対して神戸山口組は2017年9月にヒットマンを放つ。その結果、織田代表のボディガード役の楠本勇浩組員が射殺された。

「そういった経緯がある中で、関係修復は不可能だというのがもっぱらの見方でしたが、今年の事件現場(神戸市長田区)における楠本組員の命日供養に、神戸山口組の青木和重本部長、竹本均若頭補佐、池田組の前谷祐一郎若頭といった最高幹部が弔問に訪れたのです」

最高幹部を殴った井上組長

 自身が狙われ、ボディガードを亡くした織田代表にとっては、この最高幹部らの弔問が今後のために最低限必要な儀式だったのだろう。

 もっとも、この“セレモニー”が井上組長の逆鱗に触れることになった。

「井上組長は青木本部長、竹本若頭補佐が供養に赴くことを聞いていないと激昂し、両者を殴打したそうです。入江副組長は香典をポケットマネーから20万円包んでいたということですが、そういったことも含めて井上組長は入江副組長の行動に激怒したと聞いています」

 3社連合を確固たるものとするためには、“セレモニー”が必須だと捉えていた入江副組長としては井上組長の思考は到底理解できず、呆れるほかなかったとされる。

「入江副組長は自ら率いる2代目宅見組傘下に脱退通知を行なっている。一方、神戸側は最高幹部が副組長に“もう一度一緒に”と説得中とのことで、温度差が顕著です。もともと副組長としては、井上組長が信頼していた5代目山健組の中田浩司組長や織田代表が反旗を翻したことなどについて、井上組長のリーダーシップに疑念を抱いていたように感じます。そして最後に背中押したのが今回の供養であり、“井上組長の下ではもう働けない”という思いに至ったということでしょう」

コップの中の嵐と見る高山若頭

 その一方で、この動きを注視する6代目山口組についてはこう語る。

「高山若頭がひとり勝ちだとほくそ笑んでいると聞きました。現状を単純に見れば、神戸山口組から最高幹部が抜け、さらに古巣とモメているという状況なんですから、抗争なしで敵対組織の弱体化に成功しているわけです。その点で笑いが止まらないでしょうね」

 入江副組長が率いる2代目宅見組が、6代目側に移籍する可能性はほぼないとされるが、

「入江副組長が創設した勝心連合はすでに6代目側に移っており、2代目宅見組自体も弱体化が進んでいます。とはいえ入江副組長が神戸側に戻る“元鞘”もない。今回のことは夫婦ゲンカみたいなものだから、井上組長との関係修復はあり得るとは思います。それであっても、神戸と池田組と同様、対等の関係で付き合っていくものと思われます」

 いずれにせよ、高山若頭にとっては「コップの中の嵐」でしかないようだ。

デイリー新潮編集部