1966年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社専務の一家4人が殺された袴田事件。死刑囚となり、現在も再審無罪を求める袴田巖さん(86)を追った連載「袴田事件と世界一の姉」の25回目では、静岡地裁で巖さんの無罪を主張したものの、意に反して有罪・死刑の判決文を書かされた熊本典道氏(1938〜2020)を取り上げる。若き日に袴田事件を裁いたことで、エリート人生が一転した熊本氏とはどんな男だったのか。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

死刑判決で異例の付言

 9月25日、ビートルズに関するニュースが久しぶりに報じられた。1966年7月に武道館で行われた伝説のコンサートの映像など、来日時の秘蔵フィルム(無音声)が見つかったという。名古屋の市民団体が、警視庁が撮影した警備状況の情報開示を求めたのに応じたものだ。袴田事件は、ビートルズ来日時に起きている。しかも両親、弟と共に殺された高校生の次女・橋本扶示子さん(享年17歳)は、この伝説のコンサートのチケットを購入しており、事件によって行くことが叶わなかったのだ。

 1968年9月11日、静岡地裁での一審の死刑判決では、石見勝四裁判長によって法廷で以下の付言が読まれた。

〈被告人が自白するまでの取調べは、外部と遮断された密室での取調べ自体の持つ雰囲気の特殊性をもあわせて考慮すると一被告人の自由な意思決定に対して強制的・威圧的な影響を与える性質のものであるといわざるをえない。

 すでに述べたように、本件の捜査に当って、捜査官は、被告人を逮捕して以来、もっぱら被告人から自白を得ようと、極めて長時間に亘り被告人を取調べ、自白の獲得に汲々として、物的証拠に関する捜査を怠ったため、結局は、「犯行時着用していた衣類」という犯罪に関する重要な部分について、被告人から虚偽の自白を得、これを基にした公訴の提起がなされ、その後、公判の途中、犯罪後一年余も経て、「犯行時着用していた衣類」が、捜査当時発布されていた捜索令状に記載されていた「捜索場所」から、しかも、捜査官の捜査活動とは全く無関係に発見されるという事態を招来したのであった。このような本件捜査のあり方は、「実体真実の発見」という見地からはむろん、「適正手続きの保障」という見地からも、厳しく批判され、反省されなければならない。本件のごとき事態が二度とくり返されないことを希念する余り敢えてここに付言する。〉

 この付言を書いたのは、巖さんを無実だと確信しながら静岡地裁の合議制(3人)の多数決で通らず、主任だったために意に反した判決文を書かされた熊本氏だった。

司法試験にトップ合格

 熊本氏は、1938年に佐賀県東松浦郡打上村(現在の唐津市)に生まれた。両親は教育熱心な学校教員だった。祖父は医師で、孫が医師になること望んだが、唐津高校在学時代に父親が詐欺に遭い退職金をすべて奪われたことから、「不正義を糺(ただ)したい」と法律家を目指す。

 九州大学法学部に在学中、超難関だった司法試験を受けた。1度目は面接で落ちたが、2度目には合格者334人中、トップの成績で合格する。九州大学では戦後初の司法試験合格者だったことから、新聞社の取材も受けたという。東京地裁・家裁の判事補から裁判官生活がスタートする。この時に一緒だったのが、裁判官時代に多くの無罪判決を出し、現在は「冤罪弁護士」でも知られる木谷明氏(84 )である。

 熊本氏は、先輩裁判官から「君は余計なことをしないで淡々と仕事をしていたら最高裁判事になれる」と言われるほど優秀だったという。その後、司法修習時代の教官の紹介で静岡県沼津市の弁護士の娘と結婚する。ところが、彼女は自殺未遂なども起こす重度のうつ病だった。福島地裁白河支部に赴任していた熊本氏は、退官して妻の世話をしようとしたが、上司に説得され、静岡に赴任させてもらった。これによって袴田事件にかかわることになるのである。

 熊本氏が静岡地裁に赴任した時には、すでに袴田事件の初公判は終わっていた。犯行を自白したとされていた巖さんは、初公判で「私は殺(や)っていません」と起訴内容を明確に否定し、完全に否認した。熊本氏は第2回公判から左陪席の主任として事件を担当した。

 前任の裁判官は「難しい事件になりそうだ」と言っていたそうだ。1967年12月の2回目の公判で、熊本氏は石見裁判長に頼み、起訴状についての被告人の罪状認否を行ってもらった。通常、罪状認否は初公判でしかやらない。異例だった。

真犯人ではないと確信

「私は殺(や)っていません」と否認する巖さんを、熊本氏はじっと観察した。書面だけで調べるのではなく、皮膚感覚を大事にする男でもあった。閉廷後、熊本氏は「裁判官の私たちが裁かれているような気がしますね」と言った。石見裁判長もうなずくが、高井吉夫裁判官は「やっていないのに死刑になるような事件を自白するはずないだろう」とクロを信じていた。一番若い熊本氏が主任に指名されたので、先輩格の高井氏は面白くなかったのかもしれない。

「殺(や)っていません」は抑揚のまったくない言い方だった。「怖いくらい落ち着いていました。真犯人なら、きょときょとしたり、いろんなことを言ったりするもの。しかし、袴田君は決して強がっている様子ではなく、『裁判所のあんたたちならわからないはずないだろう』と言っているように見えたんです」と、後年の筆者の取材に熊本氏はそう語っていた。

 さらに熊本氏は「(主任に)選ばれたのには理由があって、僕の名が売れていたからなんです」と打ち明けた。東京地裁刑事部での判事補時代、熊本氏は検察の勾留請求を3割も却下していたので、目立つ存在だったのだ。逃亡や証拠隠滅の恐れがなくても、裁判所は検察の勾留請求をほとんど認めてしまうのが一般的なため、検察から「生意気な若造判事補」に対して、「夜道に気をつけろ」など、陰に陽に脅しの電話すらあったという。

 当時のことについて、熊本氏は2007年4月14日に東京経済大学の大出良知教授(刑法)のインタビューに答えている。『刑事弁護51号』に収録された発言を一部引用する。

〈第2回公判、これが私にとって初めての公判で、裁判長に、罪状認否から始めていただきたいとお願いした。私が初めて袴田君を見たのはその時です。私とたいして背格好は変わらない。ちょっと朴訥な感じで、きちっと前向いて、裁判長が、今読まれた起訴状についてどうですか、と言ったら、たった一言。「私はやっていません」。

 その次に、裁判長が、私へのサービスか知らないけれども、何か聞こうとしたんですよ。私はちょっと袖を引っ張って、余計なことをしないでほしいと言ったら、黙っていてくれました。

 東京地裁にいた頃も否認事件はありましたが、「実はこうだ」「ああだ」「私はそんなことはしていない」とか、さらにぺらぺらしゃべる被告人がいるんですね。しかし、袴田君は、「私はやっておりません」と言ったきりで、下を向くでもないし、正面に向かって裁判長の顔をじっと見るだけでした。「これは違う」「ちょっと変だな」と思いました。

 その日はこれだけで終わりました。裁判長がそのまま帰ろうとしたんですが、裁判官席の裏の控室で立ち話をしたんです。「裁判長、これはもしかしたら私たちの方が裁かれているようなものじゃないですかね」と言ったら、裁判長が同意して「前から同じようなことを感じていたんだ」というような感想を漏らしていました〉

 熊本氏は自宅に持ち帰った証拠記録を調べた上に、法廷で巖さんと検事や裁判官、弁護士とのやり取りを見て、「真犯人ではない」との心証を持ってゆく。さらに、検察にすべての警察調書を提出させた。これも異例だった。「殺しました」と言っているのに、動機が「日替わり」で変わることに強い疑問を持ったからだ。

 強盗殺人で4人殺害が認定されれば死刑は免れない。巖さんの命は、石見勝四裁判長と右陪席・高井吉夫、左陪席・熊本典道の3人に委ねられていた。

 熊本氏は静岡地裁の評議で、「死刑になるのに自白するはずがない」と有罪の主張を崩さない石見裁判長と右陪席の高井氏を説得できなかった。高井氏に対し「あんた、それでも裁判官か」と怒ったという。熊本氏は主任だったため、意に反した死刑の判決文を書かされた。悩みぬいて書き上げ、せめてもの思いから末尾に捜査批判を加え、それを読んでもらうことを石見裁判長に了承させたのだった。

「人の命を左右できない」

「主文 被告人を死刑に処す」

 1968年9月11日、石見裁判長が死刑宣告をすると、巖さんはがっくりうなだれた。それを間近に見ていた熊本氏は、その姿が忘れられず、「人の命を左右する仕事はできない」と考えた。

 石見裁判長については、後年、「袴田巖さんを支援する清水・静岡市民の会」の山崎俊樹事務局長が熊本氏に会いに行った際に聞き出した言葉がある。山崎氏によると「熊本さんは『石見裁判長も有罪にするのは無理だと思っていたはず』」と語っていたという。

 熊本氏は、次第に精神状態が不安定になる。

「末は最高裁判事間違いなし」と期待されていた司法界の逸材も、そのショックはあまりにも大きく、長男が生まれた1969年に退官してしまう。弁護士となり、東京都杉並区へ転居した。最初は司法修習同期の弁護士を頼り、ある弁護士事務所に入る「いそ弁(居候弁護士)」だった。しかし、死刑判決を書いたことで自己を責める気持ちは高まるばかり。警察署で「俺は人を殺した、逮捕しろ」などと暴れたり、家庭でも精神不安定から暴れるなどが絶えず、1970年には妻と離婚してしまう。

 その後、独立して事務所を持ち、千葉大学の非常勤講師なども務めた。74年には再婚もし、女児が生まれた。

 しかし、生活がどう変わろうと、「囚われの身」の巖さんのことを片時も忘れることはなかった。「横川さんなら大丈夫。わかってくれるはず」と逆転無罪を信じていた。横川さんとは、当時、控訴審で裁判長だった横川敏雄氏(1914〜1994 )だ。ところが控訴審(1976年)も棄却されて、熊本氏は衝撃を受ける。

 1980年11月、最高裁で巖さんの死刑が確定してしまう。

「無実の男を獄中に放り込んでおきながら、自分は仕事でも家庭でも恵まれている人生を送っている」

 熊本氏のそうした罪悪感は強まることこそあれ、消えていくことはなかった。次第に酒に溺れる生活に陥ってゆく。それでも、1985年8月に520人が死亡した「日航ジャンボ機事故」に関わったことから安田火災海上保険の顧問弁護士を務めるようになった。そうしたことで年収1億円以上稼ぎ、銀座のクラブなどで豪遊する時期もあった。

 しかし、家庭はうまくゆかず、2度目の妻とも1990年には離婚してしまった。

異国の北海で自殺未遂

 1991年には司法修習同期の弁護士事務所に入るが、肝硬変、大腸がんなどに悩まされて入院生活を送るなどし、仕事は満足にできなかった。公判にも出られないことが多く結局、鹿児島弁護士会から除名となる。

 1996年には鹿児島県の出水市や長崎県の五島列島で、弁護士登録しようとしたが、推薦員が集まらなかったなどでうまくいかなかった。そうこうするうち、幻覚症状などもひどくなってくる。そして、「どんな時でも忘れることはなかった」(本人談)巖さんに対する「情念」はますます強くなる。

「巖君が殺される前に自分が死のう」

 福井県の東尋坊、阿蘇山、不知火の海などで自殺を図るが死にきれなかった。

 最後には北海で氷の海に飛び込もうとストックホルムから船に乗った。ところがその船の甲板からある青年が飛び込み自殺をした。熊本氏は目撃者として警察の聴取を受け、自殺どころではなくなってしまった。その時、青年の母親が泣き叫ぶ姿を見て、「親からもらった命を粗末にできない」と死ぬことを思いとどまり、生きることを決心したのだった。その後、鹿児島へ移り、弁護士稼業を続けようとしたが、精神は不安定、パーキンソン病など様々な病気が発症し、仕事はうまくいかなかった。

 事務所の若い女性に入れあげたり、酒場で酔って暴れたりと、ほとんど仕事ができず、弁護士登録を抹消されてしまう。再々婚し、女児にも恵まれ、弁護士登録をしようとしたがうまくいかなかった。元エリート裁判官は次第に貧困になり、放浪生活のようになってゆく。そして2006年頃、福岡市で露天商をしていた島内和子さんと知り合い、2人は市内の島内さんの一軒家で暮らし始めた。島内さんには自分の経歴を明かさなかった。精神不安は治らず、西鉄の電車に飛び込んで鉄道自殺を図り、血だらけになったこともある。理由を尋ねる島内さんには「70歳になったら話す」と言っていた。そうした中、突然「袴田巌君を支援したい」と言い出した。島内さんは熊本氏が裁判官だったことをそこで初めて知り、仰天したのだった。

三者協議は終了 今年度内に再審可否が判断

 さて、現在の話に戻そう。巖さんの裁判のやり直しを求める東京高裁での三者協議は、事実上、9月26日をもって終了した。

 終了後に会見した西嶋勝彦弁護団長は「事前提出する最終意見書では、巖さん本人の弁については、基本的に書面かビデオを求めてきた」などと説明した。最終的な意見陳述をする12月5日には、巖さんの姉・ひで子さん(89)も法廷に入る。可能であれば巖さんも出廷するという。

 筆者は「拘禁症の影響が劇的には回復していない中で、巖さんの陳述が頓珍漢であればどう裁判所は判断するのですか?」と質問した。村崎修弁護士は「それでも巖さんの姿を見れば、裁判官が、こんな人が殺人などするはずがないと思ってくれるはず。どう伝えるかもマスコミの責任ですよ」などと話した。西嶋氏は「長い拘置所生活であのような状態になってしまっていることを、裁判官に見てもらうだけでも十分だと思います」と加えた。筆者の発した「頓珍漢」について、ある支援者が「その言葉に囚われないように」と記者たちに注意喚起していた。

 拘禁症状の影響が強い巖さんの保佐人として、ひで子さんのほかに弁護団の中で浜松市に事務所を構える村松直美弁護士を裁判所に申請した。

 西嶋氏は「年度内には再審開始についての決定を出すと裁判長は言ってくれました。再審開始決定は、いつもは不意打ちだが、3週間前に連絡してくれることも約束してくれた」と話した。

 11月に裁判所は、静岡で行われている検察側の実験を直接見聞する。弁護団の小川秀世事務局長は「検察側の実験は、(犯行時の着衣とされる)5点の衣類の血痕の赤みが残るようにと実験したものでしかない。必ず再審開始決定にしてくれると思っています」と話した。

 巖さんの87歳の誕生日である来年の3月10日頃、きっと朗報が届くことだろう。その前月に、ひで子さんは90歳を迎える。

 この日、ひで子さんは浜松市からリモート会見し「最近の巖は歳のせいか、前ほど歩かなくなったのですが、(支援者が運転する)車で静岡大学に行ったり、浜名湖を一周したりしています。それでも最後にはアクト(浜松駅のショッピングゾーン)を1時間くらい歩くようです」などと明るく語った。

 記者にコロナ対策について聞かれると「巖はマスクを持って出かけ、食堂ではしているようです。歩いていてしてないと心配してくれる人が声かけてくれたりするようで、お店を覗く時なんかは、言われてマスクをしたりするみたいです。私は朝早くさっと買い物してしまうだけなので、コロナになんか罹らないと思ってるんですけどね……。あんまり対策していません」と笑った。

 三者協議では必ず上京していた「市民の会」の山崎事務局長は、この日、珍しく欠席した。死者も出た先の台風15号の豪雨では、浜松市の袴田姉弟の住む家は少し高台にあり、被害はなかったが、静岡市清水区で川の近くに住む山崎氏は、経営する塾の駐車場が水浸しとなり「車(昔ながらのマニュアル車が好きで愛用していた)が座席まで浸水して、使えなくなってしまった。預かっていた巖さんの裁判関係の資料も座席で濡れてしまい、乾かさなくては」と嘆いていた。続く断水でも不自由しているようだった。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。