10月29日夜、韓国ドラマの舞台になったソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)で、ハロウィーンを前に集まった若者らが群衆雪崩に巻き込まれ、155人(1日現在)が圧死する大事故が起きた。この事故に、2001年7月、11人が亡くなった明石歩道橋事故を思い出した人も多いのではないだろうか。歩道橋事故の遺族は、梨泰院の事故をどう見たか。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

子供やお年寄り11人が死亡

 今回の事故では、韓国に語学留学中だった北海道根室市の冨川芽衣さん(26)ら日本人女性2人も犠牲になった。

 報道によると、冨川さんは事故の約3時間前に「ビビンバおいしかった」などのメッセージを父親の歩さん(60)に送っていた。身元確認のため韓国に向かう歩さんは「娘は韓国が大好きだった。早く会いたい」と涙を浮かべながら語り、妻と共に中標津空港から羽田空港へ飛び立った。もう1人の邦人の犠牲者は18歳の留学生だという。

 事故に関しては様々な情報が乱れ飛んでおり、正確な報道が待たれる。

 群衆事故といえば、2015年9月にサウジアラビアで、メッカに巡礼する2000人以上が死亡したとされる大事故が起きている。日本で最大の犠牲者を出した群衆事故は、1956年元旦に新潟県の彌彦神社で起きた、宮司の餅撒きに群がった人たちが階段で総崩れになり124人が死亡したケースだ。

 比較的新しい惨事でいえば、2001年7月21日夜に兵庫県明石市のJR山陽本線の朝霧駅から線路を跨ぐ「朝霧歩道橋」で起きた明石歩道橋事故がある。花火の見物客11人(子供9人、高齢者2人)が圧死した。人為的な落ち度も甚だしく、警備会社の社員と明石市職員、明石警察署員の計5人が業務上過失致死傷罪で有罪が確定しており、事故というより事件といえる。

 明石歩道橋事故では、花火が終了した午後8時半、帰宅しようと駅に向かう人と出店を楽しもうと大蔵海岸へ進む人が、駅と海岸をつなぐ橋の上で衝突した。海岸へ降りる階段が通路の半分の幅しかない「ボトルネック構造」だったことも影響し、向かってくる人を跳ね返す力のない子供とお年寄りが犠牲になった。

警察は何もしてくれなかった

 梨泰院の事故について、当時3歳になる直前だった次男の智仁ちゃんを失った神戸市の下村誠治さん(64)は、「歩道橋事故では幼い子供と御老人しか亡くなっていないが、ソウルでは体力のある若者が大勢亡くなっている。歩道橋事故以上のすさまじいエネルギーだったのでは」と想像する。

 歩道橋事故では、密集のピーク時、長さ100メートル、幅6メートルの橋の上に、約6000人が集まっていた。1平方メートル当たり最大13〜14人がいたことになり、1人の上にアップライトのピアノが乗るほどの圧力がかかったという。

 今回の梨泰院の事故では、立ったまま意識を失った人も多かったという。

 下村さんは「韓国社会は、すぐに大統領のせいにするなど政治的な問題として追及する傾向があるが、(事故は事故として)じっくり検証してほしい。3年ぶりにコロナによる行動制限がなく、若者たちの開放感もあったのでしょう。花火もそうですが、1つの楽しい目的に向かう群衆は、他のことは考えられなくなりがちなんです」と話す。

 そして「警察官など警備員をマニュアル通りに配備しても、臨機応変に対応できる意識が高くないとダメなんです」と断言し、「(歩道橋事故が起きた時)橋の下に警察5人が歩いていた。藁をもすがる思いでアクリル板を必死に叩きました。彼らは何度も下を往復していたのに何もしなかった」と当時を振り返る。

 下村さんは智仁ちゃんに「絶対にここから動くな」と言い聞かせて、押し潰されている人たちを救助した。その後、路上に並べられた瀕死の息子を抱え、前を通った警察官に必死に助けを求めたが、「私は機動隊ですので」と去られたという。

 明石歩道橋事故と梨泰院の事故には共通点がある。韓国メディアによれば、現場の警察官は200人程度で、盗撮や薬物犯罪の摘発などを主目的にし、雑踏事故への警戒が薄かった。歩道橋事故でも明石警察署は暴走族対策に人員を大投入し、会場にはわずかの警官しか配置しなかった。

「イベント場所のチョイス(選択)がまず大事。そして、群衆が過剰に溢れたらどうなるか想像しなくてはいけない。渋谷のハロウィーンも心配ですよ」と語る下村さんは、自身の辛い経験や防止策を国土交通省のアドバイザーとして伝え続けている。

誰もが遭遇する可能性がある

 9歳の長女・千晴ちゃんと7歳の長男・大ちゃんを歩道橋事故で亡くした有馬正春さん(63)ら遺族は、この夏、歩道橋事故やその後の裁判を克明に記した『明石歩道橋事故 再発防止を願って 〜隠された真相 諦めなかった遺族たちと弁護団の闘いの記録』(神戸新聞総合出版センター)を上梓した。

 有馬さんと共に編集作業の中心的役割を担った白井義道さん(62)は、歩道橋事故で75歳だった母・トミコさんを亡くした。

 白井さんは「明石市が主催した花火大会と違ってソウルのハロウィーンは、自然発生的に集まるので主催者がはっきりしません。とはいえ、ハロウィーンで大勢の若者が集まるのは最近の風潮なので、こうした事故の予見性が最も重要。おそらく韓国の警察などは予見性の認識が甘かったのでは」と見る。

「本を出した直後にこんな事故が隣国で起きたのは悔しい」と話す白井さんは、「『混雑する場所に行った人が悪い』と言う人もいますが、大きな間違いです。誰しもハロィーンや花火を楽しもうとして現場に行っただけで、そんなことが起きるなんて想像もしないでしょう」と訴える。歩道橋事故の遺族たちには、当時から「幼い子をそんなところに連れて行くからや、自業自得」などという中傷もあった。

 前述の有馬さんも強調する。

「私たちは事故が起きるまで普通の市民でしたが、事故で生活が一変してしまった。こうした事故は誰もが遭遇する可能性があるのです」

ちょっとしたことでも群衆事故につながる

 最近でも群衆事故の一歩手前だった事案がある。今年8月11日、京都府亀岡市のJR亀岡駅で保津川の花火大会の見物客が駅に溢れ、怒号が飛び交う様子がTwitterなどに投稿された。線路に人が立ち入り、電車がストップしたのが原因とも報じられたが、幸い、群衆事故は回避した。

 白井さんは「人が立ち入らなくても電車がストップすることなどいくらでもある。ちょっとしたことでも群衆事故につながるのです」と指摘する。

 2000年12月、筆者と妻は小学生だった2人の子を連れ、阪神淡路大震災の犠牲者を鎮魂する神戸市のイベント「ルミナリエ」を見に行った。夕方のイルミネーションが点灯する瞬間が特に人気があり、時間を合わせて会場に向かったが、次第に列がものすごい圧力になってちっとも進まない。「崩れでもしたら子供が大怪我するぞ」と危険を感じ、咄嗟に脇へ子供を引っ張り出して飲食店に入り、イルミネーションが点灯する瞬間を見るのを断念した。

 ルミナリエで群衆事故が起きたわけではないが、翌年、明石の歩道橋事故が起きた。その年からルミナリエでも、会場に向かうまでに長い導線を築き、群衆事故の対策を行っている。

 群衆事故は白井さんが言うように「予見可能性」を持った行政がしっかりした対策を取れば防げる。まずは今回の犠牲者に哀悼の意を表したい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部