子供の教育には多大な費用と時間を要する。限られたリソースでいかに効果的に果実を得るか? 親にとって切実なこの問題を最新刊『コスパで考える学歴攻略法』で「費用対効果」の観点から論じた作家・藤沢数希と、名門・麻布出身で歯に衣着せぬ発言が話題の経済学者・成田悠輔が語り合う。

 ***

――現代政治の問題点を鋭く指摘した処女作『22世紀の民主主義』がベストセラーになり、毒のあるコメントで、テレビ、ネット、ツイッターで大活躍の成田悠輔さんですが、経歴は麻布中学・高校から一浪して東京大学文科二類に合格、経済学部で最優秀卒業論文により大内兵衛賞を受賞。その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)でPh.D.(博士号)を取得と、日本人で最高峰の学歴を歩んでいるともいえます。あまり自らの受験体験についてお話しされたことはないと思いますが、小学生の高学年の時に、かなり勉強されたんでしょうか?

麻布の入試問題の特徴

成田 受験ネタには興味ないんですが(笑)、中学受験の時は受験前年の夏前から近所の塾に行った記憶があります。巣鴨だったか、ぼろっちいオフィスビルの2階分を借りてやってる小さな塾でした。半年は通っていたかな。当時は中学受験をする子が今ほど多くなく、3、4年生からみんなが塾へ行くというふうな雰囲気ではなかったです。

藤沢 いやいや、確かに麻布に受かるのは中学受験が過熱している今のほうが大変かもしれませんが、成田さんが受験した90年代も、かなり難しかったことは間違いないですね。「男子御三家」のひとつに数えられる麻布の入試問題の特徴は、国語に顕著ですが、選択式の設問は少なくて、記述の比重がとても大きい。だから、成田さんは勉強しなかったと謙遜されていますが、持って生まれた国語力がそれにピタッとハマって、短期間の勉強で合格されたのだと思います。

成田 大手の有名な塾には行ったことがないし、普通の模試を受けると全然駄目で、その結果からはE判定(=絶望的)みたいな感じでした。ただ、麻布などの実際の問題をみると、なんとなく答えがわかってくる、そんなようだった記憶があります。

学歴をコスパで考える

藤沢 日本で大学進学を目指すことになる子供の大半は、これは東京や大阪といった大都市圏に顕著ですが、中学受験を経て中高一貫校から大学受験するか、公立中学に進み、進学実績のある高校に入学してから大学に進学するかのどちらかになります。私の最新刊『コスパで考える学歴攻略法』(新潮新書)では、各家庭が中学受験と高校受験のどちらを選択するべきか考え、それぞれの選んだ道で、子供が学歴獲得競争で勝つための戦略を論じています。日本社会においては、大学を出たか、どの大学かは、その後の人生において大きな意味を持ちます。知性というか仕事の実力があるかはさておき、世間にとってはわかりやすい「学力と真面目さ」の指標です。だから、それを獲得するのに親御さんがお子さんに多大な投資をするのはわかる気がします。それなら、費用対効果を考えて、うまくやろうよというのが本書の主旨です。

〈藤沢氏の新刊は、中高一貫教育の利点、公立コースのコスパの高さとその弱点など、学歴を獲得するためのクールでドライな分析が読みどころのひとつ。たとえば、中高一貫教育の進学校に通うと、公立の中学、高校に行ったケースに比べて、いくら余計にかかり、どれくらい偏差値を上げることができたのかなどについても論じている。〉

1千万円で偏差値+3

藤沢 いわゆる「受験エリート」がたどる典型的な道があります。幼稚園から公文(くもん)に入り、たとえば数学なら、小学4年生には中3の範囲まで終えてしまう。そして、小学校の高学年では、SAPIXとか浜学園といった有名塾に在籍してひたすら勉強し、開成、筑駒、灘、桜蔭なんかの名門中学に入るんですね。その後、鉄緑会という東大受験専門塾に入って、中3までに高3の英語と数学の学習範囲をやっちゃう。それから、高1でもう1周、高2でさらにもう1周、受験の前の年までには、3周もして、東大の普通の学部に受かるようにする。そして、仕上げにもう1周して、東大理三に受かるようにする。「受験エリート」は、特訓に特訓を重ねるアスリートみたいなもので、この超先取りとスパイラル方式のカリキュラムはやりすぎというか……。

成田 日本の受験は「ペーパーテスト一発主義」だから、それに通れば他はなんでもいいんですよ。それなのに、そこに至る贅沢な時間の余白を、行きすぎた準備で埋めちゃって、もったいないなぁと。

藤沢 中学と高校が公立でも、受かる人はちゃんと受かりますね。公立コースを進んだ子供たちは私立一貫校の生徒たちがやっている先取り学習をやっていないので、進度が遅い数学が弱点といえば弱点です。でも、逆にそれを克服すればいい。私立中高一貫校に通うと、公立中学→公立高校コースに比べて、約1千万円くらい余計に学費がかかりますが、学力がどれくらい変わるかというと、あるデータによれば、英数国の平均で偏差値3くらい。つまり、大学受験の偏差値+3は1千万円で買えるということかもしれません。

受験エリートは“過学習”

――麻布の生徒はがつがつ勉強するイメージがないのですが、成田さん、大学受験はどうでしたか?

成田 中高6年間ほぼなにもやらなかったので、卒業するときに、一応センター試験は受けておいた方がいいと教師から教えられて受けました。結果は最悪で、ランダムに解答するよりも低い点数。有名国立大はみんな足切りされるという結果になって、不戦敗で受験終了となった記憶があります。高校ではそもそも学校の授業にもあまり行っていなかったので、高校卒業後しばらくふらふらしてから、ちょこっと大学受験の準備をしたという感じですかね。

藤沢 私は地方の出身で、中高とほとんど勉強していなかったんですが、高3で一念発起し猛勉強して、大学入試はなんとかなったんです。それが日本のいいところ。一方、先ほどの「受験エリート」たちは“過学習”ですね。

東大合格で手に入るのは損なキャリア?

成田 東大の試験問題って、ある種のセンスがあれば、全力で取り組めば半年でなんとかなるもんじゃないですか。東大に入っている人の上位4分の1くらいはそうなんじゃないかと思います。高1ぐらいで受けても受かる人もたくさんいるんじゃないでしょうか。

藤沢 東大は1年に約3千人合格しますが、高1の時点で受かるような子は全国で100人、多くて200人前後かな。

成田 東大生の5〜10%という感じですかね。ただ、そういう人たちも含めて、「受験エリート」系の人たちは、なにかものすごい過剰な投資をしてるんじゃないかなという印象がありますね。それに、東大合格の最適化戦略によって手に入るのは、だいたい損なキャリアなんですよね。文系なら、少し前は官僚、ここ10年だとコンサルとか投資銀行ですかね。競争ばかり激しい高学歴コモディティ人材の墓場に突っ込んでいくのが典型的な東大生という、残念な印象があります。それに日本では、MITの博士号よりも、東大卒業のほうが断然評価されますが、Ph.D.に興味を持っている人なんて、人口の1%いればいいほうですね。「高学歴」が「偏差値の高い大学の学部を出た」という意味にすごく限定されてる。

日本の受験制度は能力主義の完成された形

藤沢 学部・修士までの勉強と博士のそれには大きな隔たりがあります。修士までは、基本的に教科書に書いてあることを理解して必要な知識を覚えていけばいいだけですが、博士課程はなにか新しいことを研究して、人類の知の限界を広げることが求められる。しかし、ほとんどの日本人が大学に求めているものは、学歴だけなんですね。

成田 日本は、GDPに対する教育投資の水準では、OECD平均を下回るぐらいの控えめな投資です。にもかかわらず、達成度調査で見ると、そこそこ頑張ってるじゃないですか。つまり、かなりコスパのいい形で、教育がなされているといえます。受験も「ペーパーテスト」という透明かつ客観的な基準で決めるから、どんな生まれの人でも、人格破綻者であっても基本的にOK。価値観の自由度を許した、ある種の能力主義・実力主義の完成された形ですね。

4年で5千万円かかるアメリカ私大の現状

――アメリカは実力主義に見えますが、実情はどうなんでしょうか。

成田 日本とは全然違いますね。母国語であるはずの英語もうまく話せなくて、四則演算も怪しい人が人口の数十%みたいなレベルで存在している国。ミニマムでベーシックな教育を、国民全体に提供するという、基本的な公立教育機能を果たせていないんです。

藤沢 大学の学費の高さも日本の比ではないですね。

成田 アメリカの有名大学を中心とするいわゆるエリート教育については、すごくわかりやすい格差の温床とも見ることができます。どういう家に生まれて、どれぐらいお金があって、どれぐらいボランティアや社会活動などわかりやすい経験値を貯められるかがものすごく重要です。それらの要素の総合的なポートフォリオ(振り分け方)によって学部の合格不合格が決まる。たまたま資産のある名家に生まれた人がすごく有利になる仕組みが堂々と機能しているんです。私がいるイェール大学だと学費が約6万ドル、つまり、1年で900万円。さらに寮に入らなくてはいけないし、学費+家賃+食費だけで1年間に1100万円はかかる。4年間通わせて額面通り払うと、5千万円ぐらいかかるっていうのが、アメリカの私立大学の現状です。

藤沢 あまり知られていませんが、アメリカの有名大学には、ペーパーテストの入学試験がない。日本のAO入試に近い仕組みです。

高校生が「起業体験」などを金で買う

成田 そこで現になにが起こっているかというと、裕福な家庭の高校生が100万円以上かかる「2週間で多様な体験を買うためのパッケージツアー」に参加しまくっています。そこでNPOの活動や「起業」を体験して、大学受験の際に、それらをプレゼンすることで、合格を勝ち取るのです。学費や寮費といったわかりやすいコストだけではなく、そこに入るために整えなくちゃいけないパッケージがあって、高校のGPA(成績証明書)も重要、部活やボランティア活動といった課外活動を短い文章やプレゼンにまとめる能力も大事になってくる。そんなことの準備にかかるコストを総合して考えてみると、ハーバードなどに通ってる学生の家庭の平均年収が15万ドルを超えているのもわかる気がします。2千万円オーバーの収入がある家庭が、アメリカの名門大学に通う学生の実家の典型になっているというのは問題ですね。

藤沢 そんな中で、ほんの数%だけど、アメリカン・ドリーム的に貧困家庭出身者をたまに入れて、ガス抜きをするというのが、アメリカの名門大学ですよね。もちろん、ノーベル賞受賞者の数も、実際の研究レベルの高さもそうですが、世界のトップ大学は軒並みアメリカばかりで、やはり名実ともにすごいわけです。そして、成田さんもその中にいるわけですね。

成果を出しているのは、授業料を払っていない人

成田 アメリカの有名大学の学部でお金がかかるというのは、いい側面もあって、そうやって資産のある家から金を搾れるだけ搾って、それを元手に、才能はたまたまあるけど、生まれには恵まれなかった人への奨学金や研究資金にガンガンお金を流す仕組みになっている。そういう点では、アメリカの教育システムの生態系はうまくいっているように見えます。

――全然勉強ができたようには見えないのにイェール卒のブッシュJrは、たんまりお金を払ったほうの典型かもしれませんね。親と同じく大統領になりましたが。

藤沢 実際に、大学の名声を高め、すごい成果を出している人々は、世界中から集まってくる研究者と、インド人や中国人、あと最近は韓国人も多いですけど、授業料を払っていないどころか、大学から給料をもらっている博士課程の学生たちですね。この二重構造がアメリカの大学の仕組みなのです。

アメリカの有名大学を出ても、日本に帰ってくると…

――最近、日本の秀才の受け入れ先、東大の「上位互換」として、スタンフォードやハーバードといった海外有名大学に学部から入ってしまうというトレンドも、日本のエリート高校では生まれつつあるようですね。

成田 実情からいうと、日本国籍でアメリカの大学を卒業しても、その後、就労ビザとかを取るのは大変で、バラ色のキャリアが手に入るわけでもなく、大半は日本に戻ってきます。そうなると、アメリカの有名大学卒の学歴は、東大早慶のコミュニティでは尊敬されるかもしれないけど、平均的な日本人からみれば、単なる部外者になってしまうという難しさもあるなと思います。

藤沢 海外で箔をつけても、日本で通用するのはガラパゴス学歴ということですね。

――英語の修得はずっと日本の教育の課題です。

藤沢 やっぱり日本の英語教育は駄目なんですよ。すごい受験勉強を頑張って、東大に入るような人でも英語のコミュニケーションはかなり苦手。英語の入試をTOEFLとかに置き換えるという議論もされたのですが、最後の最後で東大の先生とかもめっちゃくちゃ反対して潰されちゃった。だから、日本の学校のカリキュラムをこなしてるだけでは英語ができるようにならない。特にリスニングとスピーキングについては、各家庭がオーストラリアやニュージーランド、安いところではフィリピンに短期の語学留学をするなどして対処すればいいんじゃないでしょうか。それで英会話くらいはできるようになると思います。

成田 僕の場合、英語がなんとかできるようになったのはアメリカに来てからですね。24歳ぐらいの段階だと、ほぼゼロでした。大学出るときに「冷やかし就活」をちょっとだけしたんです。ところが、どっかの会社で英語面接があったときに、一言も喋れずに帰ってきた記憶があります。今も話せるのは最低限のサバイバル英語だけです。

藤沢 僕はフィリピンで働いていた叔父のところに行ったときに、子供ながらに英語は話せなきゃいけないんだなと思い、中高と興味を持って音声教材を使って勉強していましたから、英語は割とスムーズにできるようになりました。

成田 これだけ円安になってしまい、成長している企業や産業が国内に産まれてこないと、日本人が海外に出稼ぎに行かなければならなくなる。英語力は、日本人がそんな残念な境遇に陥った時のサバイバルキットかもしれませんね。

藤沢数希(ふじさわかずき)
作家・資産運用業。Ph.D.取得後、 物理学研究者、外資系投資銀行でクオンツ、トレーダーを経て、現在は香港にて資産運用業を営む。メルマガ「週刊金融日記」発行。著書に『外資系金融の終わり』など。

成田悠輔(なりたゆうすけ)
イェール大学助教授。経済学者・事業者・執筆者。夜は米国でイェール大学助教授、昼は日本で半熟仮想(株)代表。著書に『22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる』など。

「週刊新潮」2022年11月24日号 掲載