致命的なミス

 7月8日、政府は東京都に4度目の緊急事態宣言を発令すると決めた。間を置かずに菅義偉首相(72)は記者会見に臨み、NHK総合などが生中継を行った。

 ***

 ところが、菅首相のスピーチが映されると、かなりの有権者が不満を感じたようなのだ。

 東京五輪や衆議院選挙を目前にする菅首相は、有権者に自身のリーダーシップを印象づけたかったに違いない。だがTwitterを検索すると、非常に厳しい意見が目立つ。

《4回目という未曾有の経験をしている中でこんなにも国民の心に響かない会見を良くも出来るもんだ》

《総理の説明を聞いていますが、全く心に響かないです》

《相変わらず質問にはまともに答えられない/首相はもっと能力のある人にやってもらいたい》

 メディア側も辛口の評価が多かった。ネット上で反響が大きかった記事のうち、いくつかの見出しをご紹介しよう。

◆「ロッキンも中止なのに『なぜ五輪だけ?』緊急事態宣言でも開く意義、菅首相らの答えは」(東京新聞:7月9日)

◆「菅首相『ヤラセ会見』疑惑 挙手していない記者が指名される“珍事”の目撃証言」(日刊ゲンダイDIGITAL:7月9日)

◆「菅首相『ワクチン接種、先進国の中で最速』はミスリード。会見で強調、実際は…」(BuzzFeed Japan:7月9日)

致命的なミス

 菅首相にとっては踏んだり蹴ったりの会見だったようだ。

 官房長官時代は記者の質問を「全く問題ない」「批判は当たらない」と切り捨て、そのスタイルを評価する声もあった。180度異なる反応には驚かされるが、やはり首相の立場での会見は勝手が違うのだろうか。

 自民党の衆議院議員だった深谷隆司氏(85)は、政界OBの“ご意見番”として知られる。1972年の衆院選で初当選。合計9回の当選を果たし、当時の自治大臣や通商産業大臣などの要職を歴任した。

 深谷氏に取材を依頼し、会見における菅首相の問題点について訊くと、興味深い回答が返ってきた。

「最大の問題点は、菅首相の喋り方でもなければ、喋る内容でもありません。それこそ喋る前に、大問題が潜んでいたのです。あの会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が、菅首相の横に立っていました。あれが実は、一番やってはいけないことでしょう。菅首相は有権者から選出された日本の最高責任者です。コロナ禍という国難に立ち向かう意思を表明する会見なのですから、1人で会見に臨むべきだったのです」

リーダーシップの欠如

 首相にしてみれば、「専門家でしか答えられない質問が出た時のため」に傍に控えてもらっているのだろう。

 だが深谷氏は「尾身会長が立っていたことで、有権者に間違ったメッセージを与えてしまったはずです」と言う。

「会見の様子を見ながら、『菅首相はコロナ対策に自信がないんだ。自信がないから尾身会長に傍に立ってもらっているんだ』と判断した人が多数を占めたと思います。1人で毅然として立ち、マスコミの質問に答えるからこそ、有権者はリーダーシップを感じ取るのです。尾身会長を横に立たせた菅首相は、かなり致命的なミスを犯してしまったと言わざるを得ません」

 そもそも、どんなに優秀な政治家が首相だったとしても、コロナ禍という未曾有の危機に立ちむかうことは簡単ではなかっただろう。

「特にコロナ対策は、防疫面では人流を抑える必要があります。一方で、経済面では不景気にならないよう、人やモノの流れを維持させなければなりません。まさに相反する政策が求められるわけです。うまくいかなくて当然ですし、解決の鍵を握るのはワクチンです。とにかく、今の菅首相は忍の一字で、ワクチン接種率の上昇に全力を注ぐしかありません」(同・深谷氏)

もし“平時”なら……?

 小泉純一郎元首相(79)は、“ワンフレーズ”で有権者を沸き立たせた。菅首相は苦手だろう。だが深谷氏は「今のままでいいのです」と擁護する。

「小泉さんは昔から、キャッチフレーズが得意でした。首相になってからは、見事に有権者を熱狂させましたから、長期政権を樹立した一因だったと思います。しかし、小泉さんは熱狂させるだけですから、後始末が大変でした。それに比べれば、菅さんのスピーチは誠実で飾り気がなく、実は悪くはありません」

 今はコロナ禍という“戦時”だから魅力が伝わりにくいが、もしも“平時”だったら、これほど有権者の不評は買わなかった可能性があるという。

「今でもチャンスはあると思っています。先日の会見でも、菅首相は『ワクチン接種率4割』を1つの目安にしていました。4割に達すれば、風向きが変わる可能性があります。例えば半年後、菅首相の喋り方も、スピーチの内容も変わらなくとも、有権者は一転して好意的に受け止めるようになった――。そんな未来が来ても、不思議でも何でもないと思っています」(同・深谷氏)

デイリー新潮取材班

2021年7月14日 掲載