維新の会も批判

「えっ、ホントに立候補するんですか? 信じられません……」――地元有権者の多くが一様に目を丸くした。(ジャーナリスト・吉村剛史)

 ***

 大阪府池田市役所に家庭用サウナをはじめ生活用品など大量の私物を持ち込むなどした問題を受け、30日付で辞職する冨田裕樹市長(44)が27日、一連の騒動を釈明する記者会見を行った。

 サウナ持ち込みやタクシーチケットの不適切使用を認めて婉曲に謝罪。その一方、職員へのパワハラをはじめとするその他の問題について「旧政治勢力による策謀」を指摘し「でっちあげ」「曲解」などと主張した。

 さらに「池田の古い政治を刷新する」として、自身の辞職に伴う8月29日投開票の市長選に、無所属で出馬する意向も表明した。

「まるでサウナじゃないか」──。この日の会見は池田市庁舎6階の狭い会議室で行われ、詰めかけた報道陣ですし詰め状態になった。

 室温28度設定の空調は全く効かず、一時は約35度にまで上昇。「いくら“サウナ市長”の会見でも会見場が蒸し風呂状態というのは悪い冗談」だとこぼした一部記者の声を受け、広報担当職員らがあわてて窓を全開し、扇風機で換気に努めた。

 しかし、それでも30度以上の熱気が去ることはなく、額に汗を浮かべた報道陣の中には、延々2時間弱にわたって繰り言のように一連の騒動の釈明する冨田氏の前で、メモを取ることも放棄し、ICレコーダーに任せて居眠りする姿も見られた。

市議会は刑事告発

 そもそも冨田氏のサウナ問題は昨年10月、デイリー新潮のスクープで明るみに出た。市役所の市長控室や女子トイレなどに、家庭用サウナ、エアロバイク、冷蔵庫、ベッド、カセットコンロなど多数の私物を持ち込んでおり、その様子は動画でも報じた。

 その後、タクシーチケットの不正使用なども発覚し、市議会は同年11月、市長の不適切な庁舎使用等に関する調査特別委員会(百条委)設置案を可決。この際、冨田氏は「一身上の都合」を理由に大阪維新の会を離党していた。

 パワハラなどの問題も相次いで指摘され、百条委ではパワハラ行為を認定した。市議会は今年4月、百条委の「市長としての資質に著しく欠ける」「不信任決議が相当」とする調査報告書案を可決したが、不信任決議案自体は大阪維新の会池田の市議に加え、公明党市議3人が反対に転じたことなどで否決された。

 高齢者への新型コロナワクチン接種にめどをつけたいと訴えていた冨田氏は、今月9日、30日付での辞職願を議長に提出していた。

 池田市議会はこの間、冨田氏が百条委で虚偽証言をしたとして、地方自治法違反容疑で大阪地検特捜部に刑事告発している。

「けじめも潔さもない」

 また冨田氏が公務のために市役所駐車場を無料で使用できる定期券を池田市民でもある後援会長に渡していたことも百条委で明らかに。その恩恵で後援会長は7万円近くの駐車場料金の支払いを免れていたことも発覚した。一部市議は今月、大阪地検特捜部に公職選挙法違反などの容疑で冨田氏を告発している。

 冨田氏はこの日の会見で、一連の釈明に続けて、「池田市には課題が山積している。古い政治を打破して政治改革を進めたい」と、自らの辞職に伴う市長選(8月22日告示、29日投開票)に無所属で立候補することを正式に表明した。

 しかし、出馬の意向を固めたことに関し、前回、冨田氏を公認した大阪維新の会代表の吉村洋文府知事は「立候補する自由はあると思うが。責任、けじめをとって辞職している以上、またそこで立候補することについては、けじめの取り方として間違っていると思う」と批判した。

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長も「けじめも潔さもない。われわれが冨田さんを公認して市長に擁立したことで、池田の皆さんに多大なる混乱をさせて申し訳ないと思っている」と謝罪した。

 そして、「反省してるなら一定の期間が必要」「サウナよりも問題なのはパワハラ」「政治家として、けじめつけて大反省しないといけない。もう一回出るというのは、法律を守ってないという反省がないんじゃないかととらえられる」と苦言を呈した。

波乱の選挙

 パワハラなどを全面的に否定した冨田氏の言動に対し、百条委の委員らは「職員らにヒアリングし、議会の承認も得た百条委の調査報告書を真っ向否定するとは理解に苦しむ。反省の色が見られない」と批判した。

 またこの間、全国的に「大阪・池田のサウナ市長」と揶揄され続けた地元住民らも「これ以上、地元の恥をさらすのはやめてほしい」との悲鳴をあげたことは言うまでもない。

 離党したとはいえ、衆院選での維新への影響は不可避とも予想されるため、これまで冨田氏をかばう姿勢も見られた地元の維新の衆院議員も「関係者の努力全てを踏みにじるような形」「大変遺憾であり、けじめの付け方として間違っている」と突き放し、頭の痛い現状に言及している。

 だが一部市議によると、

「一連の報道に立腹した冨田氏は、メディア相手に訴訟を起こすなどで手元の資金難も指摘されている。市庁舎内で出馬会見をしたのは、釈明会見を前段につけることを言い訳にして、立候補表明の会場を借りる出費を抑えたかったのではないか。選挙を戦えるだけの資金が本当に集められるかどうかは疑問だ」

 と指摘。この先の変数は小さくない。

 27日行われた市長選立候補予定者説明会には計8陣営の関係者が出席。このうち池田市議会「青風会」に所属する渡辺千芳議員(67)議員は28日、「失落した池田市のイメージを回復する」などとして無所属で出馬する意向を表明した。別に元市議1人も出馬準備を進めているとされ、波乱の出直し市長選となりそうだ。

吉村剛史(よしむら・たけし)
1965年、兵庫県明石市出身。日本大学法学部卒。在学中の88〜89年に北京大学に留学。90年、産経新聞社入社。東京・大阪の両本社社会部や僚紙『夕刊フジ』関西総局で司法、行政、皇室報道等を担当。台湾大学社費留学、外信部を経て台北支局長、岡山支局長、広島総局長、編集委員などを歴任。2017年、日本大学大学院総合社会情報研究科前期博士課程修了(修士・国際情報)。19年末退職。以後フリーに。日本記者クラブ会員、東海大学海洋学部講師。主なテーマは在日外国人や中国、台湾、ベトナムなどアジア情勢。著書に『アジア血風録』(MdN新書)等。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月30日 掲載