戦後、日本共産党を再建することになる日本人幹部たちは、長らく収監されていたため、活動資金も人的ネットワークもなかった。それをカバーしたのは、在日本朝鮮人連盟である。当時、多くの朝鮮人が掛け持ちして共産党員となり、組織作りや活動を主導していった。

 ***

 敗戦後の日本に「在日本朝鮮人連盟」(朝連)という、共産主義者が支配する巨大な朝鮮人組織が誕生した。この組織は、日本共産党の再建に大きな役割を果す。

『在日一世の記憶』(小熊英二・姜尚中編、集英社新書)にも証言が収録されている李達完は、父親が在日本朝鮮人連盟の長野県本部を作り、自身は日本共産党長野県辰野支部を任されていた人物である。李は辰野支部を設立した当時のことを筆者(東郷一馬)に、

「日本共産党といってもね、当時は実体がなく、名前はあっても形はなく、在日本朝鮮人連盟の上に乗っていただけなんだ」

 と語っていた。

 朝鮮総連の活動家だった李玄鎮も、滋賀県竜王町で中学時代に共産党に入党したが、

「日本共産党に入る時、共産党員というのは5、6人しかいないんです。ほとんど在日の人で、日本人はたった1人でした」

 と回想する。

 地域にバラつきはあるが、終戦時、日本共産党員の多くは朝鮮人であり、地方支部では、朝連と党支部のメンバーの多くが重複していた。いや、むしろ朝連の中に日本共産党があり、一体化して活動をしていたと言った方がいいかもしれない。

「左翼的運動は、その半分を朝鮮人によって担われていた」

 日本共産党史に記述はないが、「日本共産党1世」と呼ばれる幹部たち――志賀義雄、寺尾五郎、山辺健太郎、亀山幸三、岩田英一などは、いずれも朝鮮人との連帯を書き残している。例えば寺尾五郎はこう書く。

「戦前の日本では、それが党であれ、労働組合であれ、また反帝・反戦の運動や文化運動であれ、すべて左翼的運動は、その半分を朝鮮人によって担われていたようである。戦前の日本の左翼団体なるものは、幹部だけを別にして、本当の中堅活動家や下積みの働き手などは実は半分ちかく朝鮮人だったのではないかと思われる。とげのある言い方をすれば、左翼運動までが朝鮮人を踏み台にして成り立っていたような一面もあるのである」(寺尾五郎「一九四五年十月に出獄して」「季刊三千里」15号)

占領下の日本で「特別の待遇」

 亀山幸三は、1945年10月に日本共産党に入党、1946年の第5回党大会以降、中央委員である黒木重徳財政部長の下で財政部副部長を務め、後に党の財政部長として活躍した人物である。その彼は、

「その頃の共産党の舞台裏に関していえば、朝鮮人の同志らの存在が大きかった。彼らは戦後ながらく、朝鮮共産党の日本における党員ということではなく、日本共産党の党員であったわけで、『第三国人』――戦勝国民でもないが敗戦国民でもない――という立場にあってさまざまな自由があったことも手伝って、党のために財政面などで非常に力になってくれた」(『戦後日本共産党の二重帳簿』現代評論社)

 と振り返っている。

 GHQは1945年11月1日、「日本占領及び管理のための連合国最高司令官に対する降伏後における初期の基本的指令」を発令し、その中で「朝鮮人を『解放人民』として処遇すべきである」とした。そしてその後、占領下の日本に居留する旧外地の台湾・朝鮮人などを「THIRD NATIONALS(第三国人)」と呼んだ。現在、「三国人」は蔑称のように捉えられることがあるが、占領下の日本で、解放人民である朝鮮人が、連合国民ではないが敗戦国民の日本人とは異なる「特別の待遇」を受けていたことを表していた。

戦前からの共産党員は少数

 それにしても、なぜ朝鮮人の多くが共産主義者になったのか。

 朝連に参加した朝鮮人の証言を集めてみると、意外にも戦前から共産党員であった人は少数で、戦時中は軍国少年だった人が多い。

 筆者が直接インタビューをした朝連関係者の多く――後に祖国防衛隊や、日本共産党の支部や山村工作隊で活躍した人でさえも、「終戦」については、「悲しくて泣いた」「寂しかった」と答えている。

 朝鮮民族の多くは、第2次大戦では旭日旗を背負って闘い、前線においても銃後の守りにおいても、大日本帝国の最大の協力者であった。35年間の皇民化政策により、敗戦のその時まで帝国臣民だった。

 朝鮮人連盟の青年部長を務めた宣允植(後の浜松朝鮮高校校長)は、祖父から日本が負けたことを聞かされた時の気持ちを次のように語っている。

「喜びともつかん、悲しみともつかん。しかし、日本の戦争が負けたのかという一つの、衰え死んでいく人間の挽歌のような気持ちも。ともあれ、そりゃ複雑な気持ちだよ。数え十五から二十までというのは、物心ついて色々勉強した時代だから、敗れ去るものに対しての惜別の気持ちもまたあるんだよ」(吉見義明「宣允植氏からの聞き取り〈第1回〉」『中央大学商学論纂』第50巻)

覚醒する朝鮮人

 宣允植は、戦時中、陸軍士官学校を志願していた。

「『士官学校受けるんだって?』『そうだ。受ける』『なんで?』『だって、軍人にならなくちゃ、国のために尽くさなきゃ、天皇陛下のためにお役にたたなくちゃ』『何? 天皇陛下のため? お前何のために死ぬんだ?』って。聞いたこともない問題を出すんだ。要するにこういうことだ。自分の国をとった日本の大本の天皇陛下のために死ぬ、お前どうかしてるんじゃないか。それでやめました」(同前)

 宣允植は国家の意志で皇民になったものの、「天皇陛下」を民族として受け止めることができない複雑な思いを抱えていた。そしてこの会話を機に、朝鮮民族のDNAが呼び覚まされ、共産主義思想に傾斜していく。

 当時はそうした青年たちの受け皿は共産主義しかなかった。共産党のみが天皇制に真っ向から挑み、唯一のグローバルなイデオロギーを確立した政治集団だったからだ。そして戦後、新しい朝鮮の建国に燃える在日朝鮮人のインテリたちが手を携えるにあたっても、この共産党以外に選択肢はなかった。彼らは敗戦国民となった日本人と一線を画し、自らを準連合国民と位置付けて、「解放された民」として覚醒するのだ。

朝鮮分断の影響

 戦後、朝鮮人青年たちを共産主義に走らせたもう一つの大きな理由は、朝鮮半島の分断にあった。

 朝鮮半島は玉音放送の後にも春を迎えることはなかった。終戦直前の1945年8月8日、ソ連は日ソ不可侵条約を無視して日本に宣戦布告し、関東軍が撤退する満洲、朝鮮半島へと南下した。このため朝鮮半島では、大日本帝国陸軍がどこで降伏するかにより、人々の運命は大きく左右されることになった。

 連合国軍から一般命令(連合国最高司令官総司令部指令)が出されると、日本本土、フィリピン、北緯38度以南の朝鮮にいた帝国陸軍は米国マッカーサー元帥に対し降伏をした。北緯38度以北にいた帝国陸軍はソ連軍に対し降伏をした。

 ヨシフ・スターリンは特に北朝鮮と満洲の日本の工業力を強く欲し、千島列島はもとより、東は釧路から西は留萌まで北海道の北半分を要求したが、幸いにもトルーマン大統領は日本の一括統治を守り、分割統治案を一蹴した。

朝鮮半島の共産主義による統一

 だが朝鮮半島においては、米軍は38度線以北に兵力を送る余力はなく、南の一部地域以外に、地上兵力を送る船舶もなかった。

 トルーマンはこう書いている。

「一般命令第一号が承認を得るため私に提出されたとき、三十八度線より南は米軍により、北はソ連軍によって降伏を受諾するようになっていた。私はバーンズ(国務)長官が、米軍はできるだけ北の方まで降伏を受けるように提案したことを耳にした。しかし陸軍当局は、距離が遠いのと人員不足のため克服できない障害にぶつかっていた。三十八度線でさえ陸軍のどの部隊からしても遠かったのである」(『トルーマン回顧録』恒文社)

 こうして朝鮮半島は、日本軍が降伏を受け入れるために便宜的に定められた38度線で北と南に分断されてしまった。

 朝連設立時の中心人物・金斗鎔は、朝鮮半島の共産主義による統一を信じ、人民共和国建設を夢見て日本の革命運動に身を投じた。

「金はまた、分断された祖国は、ソ連の主導で共産主義によって統一されるべきであり、その統一は近い将来に可能である、と論じた」(『権逸回顧録』)

 金は38度線以北出身であったが、在留朝鮮人の多くは南の出身者だった。にもかかわらず、朝連幹部の多くは北朝鮮による朝鮮半島の統一運動に身を投じ、やがては越北していく。

「朝鮮人ぬきで地方での日本共産党の活動は考えられないものがあった」

 では日本共産党と在日本朝鮮人連盟は、どのように接近し、いかに関係を作っていったのか。

 共産党に対する朝鮮人たちのシンパシーは戦前より培われていた。「季刊三千里」48号に「解放後十年の在日朝鮮人運動」と題された姜在彦、李哲、李進煕の鼎談がある。

「李哲 日本共産党に対しても、自らシンパであることをためらわなかった。読み書きのできないじいちゃん、ばあちゃんでも、日本共産党は戦前から自分たちの味方であったし、また実際にそうであったわけですから、共産党を助けることはすなわちわが祖国、わが民族のためになるのだと思っていましたからね。それはいわば一種の皮膚感覚のようなものだった。ですから『一匙運動』といって、ご飯を炊くとき、一匙は活動家のためにとっておいたものですよ。これに象徴されるように、少なくとも戦後のある時期までは、朝鮮人ぬきで地方での日本共産党の活動は考えられないものがあったといえます。しかしそれは、共産党が朝鮮人に要求したというより、朝鮮人が進んで参加したんですよ」

すばやく指針を作った朝鮮人

 朝連結成時の72人の中央委員の一人で、日本共産党の再建に関わった張錠壽は、こう説明している。

「一九四五年の一〇月までは、解放前に意識を持って活発に活動をして、指導的立場にいた人たちは、日本人でも朝鮮人でもみんな刑務所に放りこまれていた。外にいた者で、転向した者は別として、懲役期間の短かった者は、いちおう出されてはいたが、保護観察で刑事がずっと張り付いていたから、大したことはできなかった。特高警察が解散されて、治安維持法も撤廃されるのは一〇月以降だから、監視が付けられている者はそれまで身動きができなかった。(中略)

 一〇月になって、共産党員、社会主義者、アナキストたちが解放された。日本共産党員も一〇月一〇日に獄中から出てきたが、元共産党の幹部たちは、十何年も獄中にいたために国内情勢について正確な判断ができなかった。また、日本人は気が抜けてしまって脱落していた。そのような状態で、みんなどうしていいかわからず、うろうろしていた。

 そのなかで、この時期にいち早くこれからの方向を見極め、すばやく行動に移せたのは朝鮮人だった。朝連が出てきて、その組織を通じてむかしの仲間に連絡をつけたわけだ」(張錠壽『在日六○年・自立と抵抗』社会評論社)

掛け持ち党員

 日本共産党の幹部たちは、獄中に長くいたため、いわゆる「ムショぼけ」で、社会にすぐ適応できずにいた。理念を実行に移すには、組織を作るにせよ会を開催するにせよ、事務的な手続きや、生活の知恵が必要である。一方、在留朝鮮人には戦前からさまざまな団体組織があり、朝連も結成され、縦横の連絡網がしっかりと構築されていた。日本社会でお互いに助け合いながら生きてきた朝鮮人のほうが、社会性があったのである。

「『日本共産党は全滅したが、いまやっと立ち直って産声をあげているんだ。これをどうにかしなければ』と社会主義運動をやっていた朝鮮人は考えて、共産党との連絡をつけ、元党員を刑務所から連れだして応援をして、この人たちの組織を手伝った。むかし、われわれが日本に来ていじめられていたときに、われわれの味方になってくれた恩返しをしたわけだ」(同前)

 そして多くのメンバーが朝連と日本共産党の掛け持ちをする。

「日本における社会主義運動は、日本にいる朝鮮人も日本の社会主義者といっしょに運動しなければならないと考えて、わたしは組織を通じてあちこち歩いてまわって、共産党員と連絡をつけた。ちょうど朝連の関西本部ができて朝連の組織化を作るために歩いていた時期と同じ頃である。この時期、わたしは朝連と日本共産党の活動を両方やっていたわけである。党の組織を起こすと言っていたのが、四五年九月中ごろだったから、それから一〇月にかけて、とにかく精力的に動きまわった」(同前)

急速に輪を拡大した共産党

 張らは朝連のネットワークをフル活用して共産党員を勧誘し組織を作っていく。

「このとき日本共産党は朝連と手を握らなければ立ち上がれなかった。資金がないし、一〇月一〇日まではみんな放りこまれていて人数的にも少ないし、一〇月一〇日以後でもほとんど四五年いっぱいは、しっかりとした足場がつくれなかった。だから、わたしも朝鮮に派遣されるまでの間、できるかぎり、何かひっかかりがあれば、それをつたって連絡をつけていった。朝鮮人だけでなく日本人でも、何か少しでもつながりがあるところには片っ端から訪ねていった」(同前)

 国力のすべてを懸けて総力戦を戦った日本は、家庭から鍋釜まで供出させ、なけなしの金を戦争で使い果たし、敗戦後は惨憺たる経済状況にあった。戦時中から共産革命に賛同するものもいるにはいたが、表立って旗を振る人はなく、革命家は特高を恐れて地下に潜った。それが突然、世に出ても、厳しい戦後経済の中で多額の政治資金を集めるのは難しかっただろう。日本共産党幹部が、自己資金で組織政党を作るのは不可能だった。

 もっとも時勢は共産党にとって追い風であった。戦後、反動から共産主義に傾倒するものも多く、戦時中弾圧された日本共産党への同情と、潜在的共産主義者が、共産党幹部の出獄とともに動きだし、急速に輪は広がった。しかし、ここまで見てきたように、その底流には、朝鮮民族の封建的な上意下達のコミュニケーション力と、有無を言わさぬ赤誠の集金力があった。在日本朝鮮人連盟には潤沢な資金があり、戦後の日本共産党は、この爆発する在日本朝鮮人連盟のエネルギーのマグマと潤沢な財源を利用して再建を果たしていくのである。

(敬称略)

近現代史検証研究会 東郷一馬

「週刊新潮」2022年4月7日号 掲載