与党が圧勝した参院選。改憲勢力の議席数は、国会発議に必要な定数の3分の2を上回る179議席に。いよいよ憲法改正への道筋が拓いた格好だが、岸田総理は投開票翌日の記者会見で、「できる限り早く発議に至る取り組みを進める」と慎重な言い回しに終始した。

「自民党は改選数を8議席も上回る勝利を収めましたが、開票作業の終了後も岸田総理の表情は曇ったまま。安倍元総理の死のほかにも理由があったようです」

 と言うのは政治部デスク。

「憲法改正は安倍氏の悲願であり、結党以来の自民党の党是。衆参両院で再び発議要件が満たされたいま、岸田総理は改憲論議から逃げられなくなったと、陰鬱な気分に沈んだのでしょう」

改憲に向けてプレッシャーを

 そもそも岸田総理は改憲に慎重なリベラル派が集まる宏池会の所属で、昨秋に自身の政権が発足した後も、前向きな姿勢をほとんど見せないままだ。それだけに党内には、総理の本気度を疑う声は少なくない。

「それを気にしてか、岸田総理は安倍氏が亡くなった直後に“改憲は安倍さんだけのものではない。岸田政権でも進める”と周囲に語った。以前、党の憲法論議をけん引する古屋圭司憲法改正実現本部長に“敵も多い安倍さんが改憲しようとすると反発も大きい。リベラルといわれるオレだから実現できる”と大見得を切ったことも。それなりにヤル気はあるようですが……」

 それでも安倍派のベテラン議員はいまも懐疑的だ。

「総理は参院選の街頭演説でも、改憲にほとんど言及していません。安倍氏が死去した翌9日も“安倍元総理は憲法改正について強い思いを持っていた”と触れただけ。安倍氏も生前、“岸田さんから憲法改正に関する話を聞いたことがない”とボヤいていました」

 安倍氏は岸田政権の外交・安全保障政策をはじめ、財政規律派の台頭に不満を強めていたという。

 再び政治部デスクの解説。

「安倍氏は最大派閥の領袖として盟友の麻生太郎副総裁らと、改憲に向けて岸田総理へ陰に陽にプレッシャーをかけていた。時に麻生氏が“岸田がやるならいいじゃねぇか”と、安倍氏を宥めることもあったとか」

対照的な茂木幹事長

 とはいえ、自民党は〈自衛隊の明記〉〈緊急事態対応〉〈参議院の合区解消〉〈教育充実〉という4項目の改憲項目を参院選の公約に掲げていたはず。もはや改憲は待ったなしでは?

「総理にとっては、自身が提唱する“新しい資本主義”の実現や社会保障改革の方が優先順位が高い。それを代弁するように“改憲にはリソースを割けない”と語る政権幹部もいるほど」

 煮え切らない総理と対照的なのが党を預かる茂木幹事長だ。茂木派幹部が言う。

「茂木氏は参院選の遊説で“(改憲を)1年以内、2年以内にやろうということも含めて、主要政党間でスケジュール感を共有したい”と明言した。ポスト岸田を視野に、一度も改憲日程に言及しない岸田総理との差別化を図ったんですよ」

 その茂木氏は投票日の10日にも、秋に召集される臨時国会を念頭に「主要な政党間でどの項目を優先するか、スケジュール的にどうしていくか共通認識をつくりできるだけ早く発議する」と、改憲4項目にこだわらない考えを示した。

「党内外に“いまこそ安倍氏の遺志を継ぐべし”と強く訴えて改憲勢力の結集を図る。同時に、自らが安倍氏の正統な後継者との印象を植えつける腹でしょう」

「週刊新潮」2022年7月21日号 掲載