誰が亡くなった安倍晋三氏の跡を継ぐのか――。すべては晋三氏の母で御年94 歳の“ゴッドマザー”こと安倍洋子さんの胸先三寸だと言われている。候補者として取り沙汰されているのは、洋子さんの4人の孫たち。他の世襲議員たちの思惑も入り乱れるなか、いま山口の政界は風雲急を告げている。

 ***

自ら香典返しを選んだ

「洋子さんは車椅子での生活ですが、94歳とは思えぬほど矍鑠(かくしゃく)としている。晋三さんの弔問客に配られた香典返しの今治タオルも自ら選んだと聞いています。後継選びは洋子さんの意向を聞かない限り始まらないのですが、まだ何も伝わってきてはいません」

 こう語るのは、自民党山口県連関係者だ。晋三氏が凶弾に倒れてから3週間が経過したが、山口4区の後継問題はまだ糸口が見えてこない。

 国会議員の辞職や死去に伴う補欠選挙は、4月と10月にまとめて行われる。公職選挙法では、9月15日までに欠員が出た場合の補選は10月の第4日曜日と定められており、通常ならば7月に亡くなった安倍氏の補選は10月に行われるはずだ。だが、今回は来年4月に延期される公算が大きいと言われている。

 昨年10月に行われた衆院選の「一票の格差」をめぐる最高裁審理が継続中のためである。確定判決が9月15日までに出れば規定通り10月となるが、それ以降に出た場合は来年4月に持ち越しとなる。今のところ、判決は9月中には出ないだろうと言われているが、

「もし出てしまった時、それから候補者を決めるなんて目も当てられない。万一に備え、9月半ばまでには決めておく必要がある。9月27日に予定されている国葬前には決めたいというのが県連の意向。『本格的な話し合いは“四十九日法要(8月25日)”が明けてからだろう』と、皆口々に言っています」(同)

ゴッドマザーの4人の孫

 昭恵夫人は早々に出馬しないと公言した。晋三氏と昭恵夫人との間には子供がいないため、後継候補は洋子さんの4人の孫となる。晋三氏の兄・安倍寛信氏(元三菱商事パッケージング代表取締役社長)の長男である寛人氏と長女の万莉子氏 。そして、晋三氏の弟である岸信夫・防衛相の長男である信千世氏と次男の智弘氏である。

「兄・寛信氏の長男で三菱商事に勤務する寛人氏は、政治には一切関心がないとかねてから周囲に語っています。長女の万莉子氏も同様。一方、岸信夫氏の長男でその秘書官を務める信千世氏は、父の地盤である山口2区をそのまま継ぐことが有力視されている。とすると、残るは信夫氏の次男で三井不動産に勤務する智弘氏しかいない」(地元政界関係者)

 智弘氏をめぐっては、もし継がせるならば「安倍」の姓を名乗らせるべきという声もあり、智弘氏を昭恵夫人と養子縁組させる案まで浮上している。だが、これも憶測の域を出ない。当の智弘氏が政治に関心を持っているのかも不明であるし、何より洋子さんの意向が見えてこないからだ。

誰が比例に弾き飛ばされるのか

 実は山口の政界には、安倍世襲をよしとしない動きもある。このまま後継を出さず、“安倍家断絶”ですべてが丸く収まる、という声も少なからずあるのだ。

「10増10減の区割り変更で、次期衆院選から山口県の選挙区が4から3に減ります。安倍さんが生きている間も、自民党所属の4人の選挙区選出議員のうち1人が比例区に締め出されなければならない問題を抱えていました」(同)

 整理しておくと、現在の山口選挙区は下記の通りである。

1区:高村正大・財務政務官(高村正彦・元法相の長男)
2区:岸信夫・防衛相
3区:林芳正・外相
4区:安倍晋三・元首相

 安倍氏が存命の頃は、林氏が新1区に回ると言われていた。新1区に林氏、新2区に岸信夫氏の跡を継いだ岸信千世氏、新3区に安倍氏。一区の高村氏は当選2回とキャリアが浅く父親の影響力も弱いことなどから比例単独に弾き飛ばされる、もしくは、高村氏と信千世氏でコスタリカ方式(選挙毎に選挙区と比例区を入れ替える方法)を取るというシナリオが立てられていた。

山口県の3分の2を支配するのはおかしい

 だが、安倍氏が亡くなったいま、もし後継を出さないとなれば、新1区に高村氏、新2区に岸信千世氏、新3区に林氏で「丸く収まる」というのである。

「新3区には、林氏が小学校から高校までを過ごした地元・下関があります。林氏としては、安倍さん存命のうちは諦めざるを得なかったのですが、本当は新3区が欲しいところ。安倍家と林家は、親の代から中選挙区で票を奪い合ってきた因縁もある。高村氏にしても、現職なのになぜ新人の信千世氏に選挙区を奪われなければならないんだという不満もある」(前出・県連関係者)

 そもそも「山口県の3分の2を、岸・安倍家が支配するのはおかしい」という声も水面下で出始めている。

「岸信夫さんの次男が安倍さんの後継になったとしたら、兄弟で山口の3分の2を支配することになる。いくらなんでもやりすぎだろうと。後継を出さない場合、補欠選挙にはワンポイントリリーフとして県連関係者などを出すことになります」(同)

安倍家と岸家、どっちを選ぶ?

 もし安倍家と岸家のいずれかを選択するか迫られたら、洋子さんはどちらの名を残したいと考えるのだろうか。

「洋子さんは岸信介元首相の娘。やはり嫁いだ先の安倍家よりも岸家を守りたいと考えるでしょう。だからこそ、信夫氏から信千世氏への代替わりには万全を期したい。政界には『現職優先』という慣習もある。9月に行われる内閣改造で体調面に不安のある岸信夫氏を引退させ、2区でも補選を行って信千世氏に代替わりさせる、なんて話も出始めています」(同)

 さまざまな世襲議員の思惑が入れ混じって揺れる安倍後継問題。果たしてどのような決着となるのか。

デイリー新潮編集部