国対委員長時代に

「決めたはずのことがブレて定まらず、結局、何をやりたいのか見えない」と手厳しい指摘が続く岸田文雄首相の政権運営。特に、山際大志郎、葉梨康弘の両大臣を更迭する判断が遅れ、混乱をきたした。とにかく決断できない男はいつからそうなったのか。岸田氏のこれまでを紹介しながらレポートする。

「岸田さんは元々、全体を引っ張っていくカリスマ的魅力には乏しく、とにかく何も決められない人というイメージが強かったですね」

 と、政治部デスク。

「自民党が下野していた間の2011年9月から1年間、岸田さんは国会対策委員長を務めていました。鳩山、菅、野田と首相の首がすげかわる度に民主党は支持率を下げ、自民が息を吹き返していた頃でした。12年8月には野田首相から“近いうち”に解散との言葉が出て、“いよいよ”の機運が高まっていました」(同)

党に持ち帰る

 国対委員長といえば、55年体制崩壊以前は「談合政治の象徴」などと評されたものである。

「もちろん現在はそういった色合いは失せていますが、それでも対立する与野党が顔を合わせて話し合う最前線ですから、人間関係がものを言う。汗もかくし、不勉強をなじられて恥もかく場面もあるでしょう。温室育ちの岸田さんにはあまり似合わないポジションではありましたが、だからこそ経験しておくことで後の政治家人生に生きるという見方もないわけではなかった」

 と、自民党の国対関連ポスト経験者。

 ちなみに自民党の国対委員長経験者で首相になったのは宇野宗佑、海部俊樹の両氏のみだが、首相の座に手をかけながら病に倒れた安倍晋太郎元外相や首相を超える権力を誇示した金丸信元自民党副総裁もその系譜に連なっている。

 話を岸田国対委員長時代に戻すと、

「与党・民主党との折衝の後、懸案が出ても、岸田さんはその場で決められず“党に持ち帰る”という返事が多かったようです。そんなに持ち帰るばかりなら国対で話し合う意味がないわけですがね」(先のデスク)

外相を4年半もやって

 加えて、

「岸田さんはあの頃に幹事長をやっていた石原伸晃さんに相談の電話をしょっちゅうしていました。石原さんはあの性格だから、岸田さんの電話に舌打ちしたりして、“あいつは何も決められない”とこぼしていたことがありました」(同)

 自民党が政権を奪還し、第2次安倍内閣が発足すると外相に就任。以降、4年半にわたってその座に留まり、その後に政調会長となった。

「安倍さんは対中・韓では一歩も引かない厳しい姿勢を貫こうとしていましたから、バランスを取る意味でハト派の宏池会会長である岸田さんを外相に据えておくのは好都合だったのだと思います。外交は、地球儀を俯瞰すると標榜した安倍さんの独壇場。言われたことに反対せずイメージが良い人なら安倍さんは誰でも良かったのでしょう」(同)

 当然、外相として決められることなど何もなかったはずだ。

「当時から岸田さんは次期首相への思いを隠すことなく、安倍さんからの禅譲を狙っていました。外相を4年半もやったのもそのためですが、一方でどこかのタイミングで閣外へ出て、自民党幹事長ポストに就きたいと安倍さんにも直接伝えていたようです」(同)

 しかし、その座に歴代最長期間、居座っていた二階俊博氏にそれを阻まれ続けた。

政権生みの親の安倍氏

 結局、幹事長になれないまま政調会長を続け、2020年9月に出馬して菅氏に敗北。犬猿の仲とされる菅氏は岸田氏を要職から遠ざけたが、その菅氏自身が1年後に退陣。それを受けての総裁選で岸田氏は「聞く力」をアピールし、二階氏に匕首(あいくち)を突きつけるように党役員の任期上限にまで踏み込んだ。

「決断できないと同様、ケンカのできない岸田さんと言われてきたのですが、あのシーンは永田町で驚きの声をもって迎えられましたね」(同)

 それが奏功したのか総裁選を勝ち抜き、首相就任後の解散でも予想以上の勝利を収めた。

「結局、総裁選をコントロールしていたのは安倍さんでした。対抗馬の河野太郎さんに勝たせないために勝ち馬を探っていて、それに乗ろうとしていた。党内最大派閥のメリットを遺憾なく発揮して勝利した暁には人事で優遇してくれという密約ですね。安倍さんが岸田政権の生みの親であることを否定する永田町関係者は一人もいないでしょう」(同)

ワイドショーの魔力

 その安倍元首相が銃弾に倒れて以降、岸田政権は低迷を続けているように映る。

「安倍さんが存命の頃、内閣支持率は高いレベルを維持していましたが、亡くなった後から右肩下がりのフェーズに入っています。もちろん安倍さんへの銃撃によって白日の下に晒された“旧統一教会問題”“国葬への忌避感”はあるにせよ、支持率低下と安倍さんとの関係について裏返して見れば、岸田政権に関するアレコレはコトが大きくなる前に安倍さんがその芽を摘んであげていたのではないかとさえ感じますね」(同)

 山際大志郎、葉梨康弘の両大臣を更迭する場面では、決断の遅れが目立った。

「これまで決断をしてこなかった人ですからブレるのは仕方ない。ただ、世間は容赦ない。優柔不断な首相は許されません。葉梨法相の更迭の局面では外遊に備えて空港に来ていた事務方も多かったようですが、異例の延期となりましたし、国会日程も狂いました。そのことを週明けのタイミングで、時間を使って徹底的に突っついているワイドショー番組もありました。こういうのは政権にダメージとしてじわじわ効いてくるものと思われます」(同)

来年5月までに

 首相は外遊中、日韓、日中首脳会談を実現させ、それを手土産に反転攻勢の構えにも見えるが、

「元徴用工問題の早期解決を目指すことで一致したとはいえ、中身は一切整っておらず、
 中国に対して“主張すべきことは主張し、大国の責任を果たすよう求める”とキッパリ言っていると報じられましたが、中国船の領海侵犯がなくなることはなく、そのことを国民はよくわかっています」(同)

 つまり、なかなか政権浮揚のきっかけを掴めないだろうということのようなのだ。

「年内はひたすら我慢でしょう。かりに春の統一地方選に順当に勝利することができ、5月に首相の地元・広島で開かれるサミットで存在感を示せ、野党が今の体たらくなのであれば解散総選挙に打って出る可能性が高まりつつあります」(同)

 もちろん、そこで伝家の宝刀を抜くことができなければ、岸田政権は頓挫するとの見方だ。

デイリー新潮編集部