たった1カ月で3人の大臣のクビが飛んだ。しかも政権内では未だ火種が燻り、側近たちは機能不全。優柔不断な総理の下、難題山積の政権運営は茨の道だが、野望をあらわにする男が一人。自民党幹事長・茂木敏充(67)。党の国会対策まで掌握し、突き進む先は――。

 ***

「徹夜してでも行く」――。

 岸田文雄総理は、「死刑ハンコ」発言の葉梨康弘前法相を事実上更迭した今月11日、そう周囲に吐露した。

 官邸が大混乱に陥ったその日、総理は本来なら15時に羽田空港を発ち、東南アジア歴訪のためにカンボジアへと向かうはずだった。結局出発したのは、その10時間後の12日の午前1時。葉梨氏の後任である齋藤健新法相を任命し、認証式を終える必要があったからだ。

「外遊初日の会議をオンラインに変更するという話もありました」

 とは官邸関係者。

「同行スタッフの体の負担にならないよう総理にそう進言しても、総理は“内政のことで外交を妨げるわけにはいかない”“深夜に出て徹夜で会議に臨む”と強い決意を示し、異例の深夜出発となった。まあ、早くに更迭すればこんなことにならなかったわけですが……」

「岸田流クビ宣告」

 葉梨氏の失言は9日夜の自民党議員のパーティーの席でのことだった。なぜ更迭がその2日後になってしまったのか。

 実はこれについて総理側近の一人が「岸田流クビ宣告」だとして、官邸記者らにこう説明している。

「岸田さんはこれまでの政権のように問題が起きてもすぐに辞めさせはしない。予算委員会などで説明責任を果たさせ、それでも世論が許してくれないとなればようやく辞任させる。その際は、当人の名誉を考え、形式上は更迭ではなくあくまで辞任。それが岸田流だ」

 とはいえ、死刑執行の職務を軽視するような発言をどんな理由があろうと世論が許すわけがあるまい。

「岸田流なんて後付けですよ。当初は、山際大志郎前経済再生担当相のように次から次へと疑惑が出てくるわけではないと総理は高をくくっていた。実際には複数のパーティーや会合で葉梨さんが同様の発言をしていたことがわかり、激怒。慌てて辞めさせたというわけです」(先の官邸関係者)

側近も辟易

 総理はいま異様に支持率を気にするようになっていると、政治ジャーナリストの青山和弘氏が解説する。

「ある時、側近が“支持率は下がっていますが、不支持率はそんなに上がっていません”と総理に報告したら、翌日に再度呼び出され、“不支持率も上がっている! ちゃんと報告しないとダメじゃないか!”と怒られたそうです。支持率の下がり幅ほど不支持率は上がっていないという意味だったのに、そんなことで逆鱗に触れるのは、相当神経質になっていると、側近も辟易しています」

 それを裏付けるのが、深まるばかりの総理の孤独だ。いま官邸内で側近といえるのは、松野博一官房長官、木原誠二官房副長官、経産省出身の嶋田隆総理秘書官。

「その三人の危機管理がまったく機能していません」

 と政治部デスク。

「松野さんは安倍派の所属で岸田派中心の政権に遠慮し、積極的に火消しに走ることはしません。木原さんは多忙な上、根回しはするけど、重鎮議員相手となると矢面に立ちたがらない。嶋田さんはそもそも議員と付き合わない政策マン。安倍政権時代の今井尚哉秘書官のように、泥を被って総理を守ろうという人がいないんですよ」

 特にスポークスマンたる松野氏はいま、“世耕批判”に躍起なのだという。

「世耕弘成さん率いる参院安倍派が、“安倍会長の遺志を継ぐ”との連判状を先日、作成しました。これが松野さんは気に入らないのです。世耕さんが安倍派会長を狙っているのではと疑心暗鬼になり、松野さんは“派閥を割るなら割れ”と怒り心頭、周囲に不満を漏らしています」(先の官邸関係者)

 そんな状況で総理が相談相手として頼りにしているのが、遠藤利明総務会長だ。昨年の総裁選では岸田陣営の選対本部長を務めた。

“俺に相談しろ”

 その遠藤氏に聞くと、

「もともと総理とは30年来の付き合いだから、それは何かあれば話しますよ。総理には“去年の総裁選に出た時のように強気にいきなさい”と言うくらい。統一教会も安全保障も経済対策もひとつひとつ丁寧に国民に説明することです」

 だが、遠藤氏はあくまで党の役職者にすぎない。

「遠藤さんは心を許せる相手ではあるものの、官邸内にいないので、意思決定に関わるわけではありません。官邸の危機管理があまりにずさんなので、ある岸田派の幹部が松野さんに電話して“ちゃんと岸田さんを支えてくれ”と抗議したほどです」(青山氏)

 不協和音は官邸内にとどまらず、党内にも深い亀裂が走っている。

 特に批判が集中しているのが、本誌(「週刊新潮」)に下着泥棒の過去を報じられた“パンツ委員長”こと、高木毅国対委員長。かねてその国会まわしが野党から集中砲火を浴びていた。

 野党国対幹部が嘆息する。

「高木さんは気が小さくて、立憲の安住淳国対委員長の相手ではない。安住さんが電話をしても高木さんは“検討します”“持ち帰ります”という返事で決められないばかりか、最近では電話に出なくなったほどです」

「もめるのは当然」

 しかし、高木氏が決められないのには茂木幹事長の責任もあるとささやくのは、自民党の国対関係者だ。

「茂木さんは高木さんとよく飲みに行っており、“即断即決できないことがあれば俺に相談しろ”と伝えています。つまり、高木さんの“検討します”という野党への返事は、茂木さんにいちいちお伺いを立てるためだったのです。が、茂木さんは国対素人。委員長同士の話し合いで即断即決できなければ、もめるのは当然のことでしょう」

 もちろん、高木氏の資質の問題もあったとはいえ、結果的に国対は機能不全に陥った。

 この関係者が続ける。

「いまや自民党国対は幹事長室に乗っ取られています。今国会の提出を目指す救済新法の協議会も幹事長自ら折衝に乗り出していますから……」

「もう後には引けない」

 統一教会の被害者救済に向けた新法は10月19日に行われた自民党、立憲民主党、日本維新の会の国対委員長会談で、与野党協議会を設置することを決めた。高木氏は安住氏らに案をのまされた形で、協議会は公明党を加えた4党で行われるも、調整は難航を極めた。

「そもそも4党協議を設置したことが自民党の最大の失敗でした。立憲と維新から『マインドコントロール下の高額献金の禁止』などという無理難題を法案に盛り込むよう求められ、挙句、支持率低迷に焦った総理が今月8日に“今国会に法案を提出する”と表明してしまった。もう後には引けなくなってしまったのです」(同)

 そこへ茂木氏の登場である。高木氏を半ば羽交い締めにするような形で交渉に打って出るようになり、結果、国民民主党との協議会も設置することになった。

パワハラ体質

「創価学会と公明党への配慮を考えると、野党案をのむのは考えられない。茂木さんとしては、法案成立で手柄となるなら全力を傾けるでしょうし、もし法案が成立しなくても、批判は岸田さんに向きます。いまはどう立ち回るのが正解か、値踏みしているところでしょう」(先のデスク)

 茂木氏には党務からして、悪評がついてまわる。自民党関係者が指摘する。

「幹事長室には多くの面談要請がありますが、茂木さんの場合、職員から“なぜその人物と会う必要があるのか”をいちいち説明させるのです。面会するメンバー、陳情の内容まで書き添えさせるので、職員が嫌がっている。加藤勝信厚労相が茂木さんに急に会いたいと幹事長室を訪れた時には職員から“アポはありますか”と言われ、困惑したとか」

 また、パワハラ体質ゆえに相変わらず周囲に怒りをぶちまけており、

「党職員が気を利かせて茂木さんの所有するワインボトルを持とうとしたら、“澱(おり)が舞うだろ!”とキレたり、官邸で記者が“総理とサシで会うのですか”と聞くと、“俺が総理と会う時はいつもサシだ”と怒り出し、質問した社を出入り禁止だと脅していた」(同)

“わりーな幹事長”

 かように人望がないといわれる茂木氏はポスト岸田への意欲を隠さない。

「高木氏を手なずけているのも、総裁選で安倍派の一部を取り込むためともいわれます」(前出・デスク)

 特に麻生派の領袖である麻生太郎副総裁へのゴマすりは徹底しているという。

「定期的に茂木さんと麻生さんは葉巻をくゆらせながら1時間ほど雑談に興じています」

 と、ベテラン議員。

「仲が良いなと思ったのは、ある日の党内会議の時ですね。実は茂木さんはものすごく朝が弱いんです。宵っ張りでしっかり寝るためなんですけど、総務会が朝早くにセットされてムッとしたことがあった。その時、麻生さんが“わりーな幹事長”と言って、会議が爆笑に包まれ、凍りついた場を和ませていた」

 党内の重鎮と手を取り合い、自身が総理の座に上り詰めるためには、支持率が低迷するいまの政権はむしろ好都合か。

“うそつき総理”

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は、

「岸田政権を見ていると、宮澤喜一政権を思い出します」

 としてこう分析する。

「1993年、宮澤さんは小選挙区比例代表並立制を含む政治改革関連法案をこの国会で成立させるとテレビで宣言したものの、結局成立せず、“うそつき総理”と呼ばれ、細川護熈さんに政権交代を許しました。もしも今回、救済新法が成立しなければ、岸田さんも“うそつき総理”としてさらなる支持率低下は免れません」

 茂木氏の今後については、先の青山氏がこう言う。

「茂木さんが岸田政権の足を引っ張ると、自身のマイナスイメージになってしまいます。ポスト岸田を目指す茂木さんとしては、幹事長の仕事はソツなくこなし、仮に岸田政権が倒れても、自分は頑張ったけどダメだった、という形にしたい。2年後の9月に総裁選ですから、周辺によると茂木さんはその前に幹事長を退いて、政権と距離を取ってから総裁選に打って出ることを考えているようです」

 乱心の岸田総理をあざ笑うかのように、茂木氏は宰相への道筋を描く。しかし、見透かされたその野望が成就するかは予断を許さない。それこそ自身が“乱心”すれば水の泡である。

「週刊新潮」2022年11月24日号 掲載