現役時代は、右四つからの下手投げを得意とするなど、「玄人好み」の相撲で活躍した、71代横綱・鶴竜。横綱を41場所務め、2019年春場所で引退した後は、鶴竜親方として、陸奥部屋の部屋付き親方を務めている。九州場所で2度目の優勝を果たした大関・霧島は、陸奥部屋の所属。かつては兄弟子として、今は親方として霧島を見守っている鶴竜親方に、「1年納めの九州場所」を振り返ってもらった。

師匠の思いが通じた霧島の優勝

――九州場所では霧島が13勝2敗で2度目の優勝。力強い相撲で、来年初場所では「綱取り」に挑戦することになりました。

 大関に昇進した7月の名古屋場所は、初日の前に肋骨を痛めて、初日から休場。結果的に負け越して、本人はとても悔しい思いをしたんです。そして、9月の秋場所は、いきなり「カド番」ですよね。相当のプレッシャーの中での戦いでした。

 今場所を迎えるにあたって、10月の秋巡業でしっかり稽古ができて、(九州場所のために)福岡に乗り込んでからも体調がよく、調整がうまくできていた。「悔しさ」という経験値が、霧島を成長させたのだと思います。

――師匠の陸奥親方(元大関・霧島)は普段寡黙な方ですが、今回の優勝は「親孝行をしてくれた」と言って、たくさんの笑顔を見せていました。

 大関昇進と同時に、師匠から受け継いだ「霧島」の四股名で優勝したのですから、師匠も喜びがひとしおだったようですね。来年春に定年を迎える師匠にとっては、「最後の九州場所」。「なんとか霧島に優勝してほしい」という師匠の思いが通じたのだと思います。

――井筒部屋に所属していた鶴竜親方(当時、横綱)は、井筒親方(元関脇・逆鉾)が亡くなられたことで、陸奥部屋に移籍。そこで霧島と兄弟弟子になったわけですが、伸び悩んでいた霧島にいろいろとアドバイスをしていたそうですね。

 霧島(当時、霧馬山)は、なかなか体が大きくならなかったので、チャンコの時に私がノルマを与えて、白飯を食べるようにしていたんですよ。そうしたら体ができてきて、自信を持って相撲を取れるようになってきた。(相撲に対しての)具体的なアドバイスはほとんどしていません。

 まあ、誰かに言われて、行動を起こすようじゃダメなんです。自分で気づいて、自分に克つことが重要。霧島はそれができるようになってきたのだと思います。

予想外の活躍をみせた熱海富士はケガに注意

――先場所に引き続き、優勝争いに絡んだ21歳の熱海富士に関してはいかがでしょうか?

 9月の秋場所、優勝決定戦で大関・貴景勝に敗れて、優勝を逃した悔しさが、熱海富士の経験値を上げましたね。11勝を挙げて、敢闘賞を受賞。正直、今場所もここまで活躍するとは予想していなかったです。

 ただ、彼は肩やヒジを負傷していて、「ちょっと危ないな」という相撲もけっこうあるんです。これ以上、ケガをしないように気をつけてほしい。「有望」だと言われながら、ケガで相撲人生を棒に振った力士を数多く見ていますからね。

――同じく11勝で、敢闘賞を受賞した一山本は、先場所は十両で相撲を取っていた力士です。

 先場所、十両で優勝したことが大きなキッカケになりました。相撲に流れがあるし、自信を持って前に出ているところがいい。一山本は、長身(188センチ)で足がとても長くて、細かったんです。足の長さは、下半身に重心を置くことが大切な力士の世界では不利なのですが、先場所くらいから、足に筋肉がついて太くなった。足腰が安定して、馬力が相手に伝わるようになったのが、大勝ちの理由ですね。

現時点の「大関候補ナンバー1」は琴ノ若

――敢闘賞の3人目は、関脇・琴ノ若です。

 以前はフワフワした印象だった琴ノ若でしたが、落ち着いて相撲を取れるようになりました。父は師匠の佐渡ヶ嶽親方(元関脇・琴ノ若)、祖父は先代・佐渡ヶ嶽親方(元横綱・琴櫻)というサラブレッドで25歳。そうした環境で育ちながら、普段から謙虚で、稽古もよくこなします。

 師匠も、「自分が叶わなかった大関になってほしい」と熱血指導しているようですが、本人も「大関」を意識しています。秋場所9勝、九州場所で11勝ですから、来場所は「大関取り」の資格があります。大関の昇進基準は3場所の勝ち星が33勝以上なので、13勝以上が求められますが、現時点で「大関候補ナンバー1」ですね。

「大関候補」と言われ続けている大栄翔は、来年30歳。最後のチャンスだと捉えないと、大関昇進は難しいでしょう。

2024年は若手の活躍に期待

――その他、注目の力士を挙げるとしたら、誰になりますか?

 活気のある押し相撲の豪ノ山や、新入幕の7月の名古屋場所で敢闘賞を受賞した湘南乃海もおもしろい存在です。193センチ、185キロの体格で、四つ身の相撲を覚えたら、まだまだ強くなります。

 十両では、12勝を挙げて優勝決定戦に進出した、新入幕が濃厚の大の里。大の里の兄弟子で高校、大学が一緒の高橋も注目したい力士です。

 2024年は、こうした若手がどんどん上位で活躍して、幕内の土俵を活性化してほしい。新横綱、新大関の誕生にも、おおいに期待したいところです。

武田葉月
ノンフィクションライター。山形県山形市出身、清泉女子大学文学部卒業。出版社勤務を経て、現職へ。大相撲、アマチュア相撲、世界相撲など、おもに相撲の世界を中心に取材、執筆中。著書に、『横綱』『ドルジ 横綱朝青龍の素顔』(以上、講談社)、『インタビュー ザ・大関』『寺尾常史』『大相撲 想い出の名力士』(以上、双葉社)などがある。

デイリー新潮編集部