ファンの声援が消える

 日刊スポーツは5月26日の紙面で、プロ野球の開幕が決まった喜びを、前面に打ち出した。1面トップに「プロ野球が帰ってくる!!」の見出しを打ち、その隣に「120試合」と、大きな文字を踊らせたのだ。

 ***

 日本野球機構(NPB)は5月25日、政府が緊急事態宣言の全面解除を行ったことから、6月19日の開幕を正式に決定した。

 しかし新型コロナウイルスの“第2波”の恐れもある。NPBはシーズン開催にあたり、政府が示した“プロスポーツの緩和指針”に従うとした。

 指針によると、プロスポーツは6月19日から無観客試合の開催が可能、7月10日になれば屋外・屋内スポーツを問わず、観客が上限5000人まで認められる。

 更に8月1日をメドに、屋外スポーツは観客上限の撤廃、屋内スポーツは観客50%の維持――こんな目安を示したのだ。

 観客の“規制”が存在するシーズンなど、長いプロ野球の歴史でも初めてのことだ。当然ながら、勝敗への影響が注目されている。

 そもそも指針通りに進むとは限らない。7月に再び緊急事態宣言が発令される可能性もゼロではないからだ。

 監督や選手の精神的負担は、相当なものがあるだろう。元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏(62)は、ツイッターで以下のように指摘した。

《いよいよ6月19日プロ野球開幕、待ってたぜ。しかし無観客からのスタート(略)どのチームがこの前代未聞の事態の中で優勝するのか? 選手にはモチベーションのキープとメンタルな強さが求められる》(註:改行を省略するなど体裁を改め、デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

「ホームアドバンテージ」という専門用語をご存知だろうか。様々なスポーツで、地元チームの勝率が高い傾向が認められているのだ。

 読売新聞の大阪版は「今日のノート」というコラムを連載している。18年10月29日は同紙の編集委員が、ホームアドバンテージを取り上げた。代表例として、広島東洋カープの勝率を取り上げている。

《セ・リーグ3連覇の広島の勝ち越し数はホームの「20」に対し、ロードでは「3」しかない。2011、15年は6球団すべてがロードで負け越した。逆に言えば、ホームでの貯金の多寡がチーム成績に直結している》

 同じ「今日のノート」は今年5月25日、「無観客の副産物」と題して、運動部の記者がプロ野球の無観客試合とホームアドバンテージの問題を考察した。

 コラムが取り上げたのはサッカーW杯のアジア予選。2012年6月、日本代表は埼玉スタジアムでヨルダン代表と対戦し、6-0で完勝した。ところが翌13年3月、敵地へ乗り込むと、1-2で返り討ちに遭ってしまったのだ。

 なぜホームアドバンテージが起きるのか、コラムは《理由の一つがファンの後押しだ》と指摘する。

 根拠として『オタクの行動経済学者、スポーツの裏側を読み解く』(トビアス・J・モスコウィッツ、L・ジョン・ワーサイム著、望月衛訳、ダイヤモンド社)という書籍を紹介する。

 この『スポーツの裏側を読み解く』は、ホームチームを応援するファンの声援は、審判の判定に影響を与えると主張している。

 なぜホームアドバンテージが起きるのか、それは《ヤジを飛ばすファンの重圧から逃れようと、無意識に、審判が反応してしまう》ためだというのだ。

日本にホームアドバンテージはあるか?

 ファンのいない無観客試合では、選手への声援も、審判の重圧もない。つまりホームアドバンテージが成立しない可能性があるのだ。コラムは今年のプロ野球について、次のように指摘した。

《観客を入れても、感染予防で座席間隔を空けるため満員に埋まる日は見通せない。ホームアドバンテージのないシーズン。スポーツの醍醐(だいご)味の一つでもある番狂わせは、減るかもしれない》

 1996年、「ホームアドバンテージ(Home Advantage)と観客要因に関する研究」という論文が発表された。

 筆者は原田尚幸、守能信次、原田宗彦、菊池秀夫の4氏。いずれもスポーツ経営学や体育学の専門家だ。

 彼らが分析の対象としたのは、1993年から95年のプロ野球とJリーグ。調査結果から論文は、日本におけるホームアドバンテージを以下のように結論づけた

《ホームゲームにおける勝率は、プロ野球が53・1%、Jリーグが59・9%となっており、どちらのプロスポーツにおいてもホームアドバンテージが認められる》

 日本におけるホームアドンバンテージ研究の嚆矢と言っていい論文は、《最も影響を及ぼす要因は、観客要因である》という海外の研究成果を紹介し、それを元に日本でのデータを分析した。

 ところが日本のプロ野球でもJリーグでも、ホームアドンバンテージと《観客要因(観客数、観客密度)との間に関連は認められなかった》という結果になってしまった。

《わが国のプロスポーツ(特にプロ野球)では、ホームチームとアウェイチームを応援する人が同じスタジアムの中に存在しており、欧米のホームゲームの応援風景とは異なる。分析にあたっては、このような文化的な違いも考慮する必要があると推察される》

 無観客試合は、ホームチームアドバンテージにどのような影響を与えるのか、執筆者の1人である中京大学の菊池秀夫教授(スポーツ経営学)に取材を依頼した。

 まず、どういう理由からプロ野球とJリーグにおけるホームアドンバンテージを調査し、論文を執筆しようと考えたのか訊いた。

「例えばアメリカでは、既にホームアドバンテージに関する論文は相当数が発表されていました。一方、90年代の日本では、まだ見当たりませんでした。私たちはスポーツ経営学が専門ですが、チーム経営の根幹を支える観客動員は、勝率にも左右されます。『日本でも本拠地が強いのか』は私たちも高い関心を持っていたので、海外の研究例を紹介し、日本の現状を調査することにしたのです」

 菊池教授によると、アメリカの大リーグでは、ホームアドバンテージが最大化するよう、日本とは比べものにならないほど、様々な“工夫”をこらしているという。

 日本にも伝わっているのは、球場の形だろう。例えばニューヨーク・ヤンキースの本拠地であるヤンキー・スタジアムは、左中間が極端に深く、右翼側は狭い。

 これは旧スタジアム(1923〜2008)からの伝統で、ベーブ・ルース(1895〜1948)を代表とする左打者を有利にするための設計だとされている。つまりヤンキースは左打者をずらりと並べれば、ホームアドバンテージの“補強”になるのだ。

やはり“謎”のホームアドバンテージ

 ボストン・レッドソックスの本拠地、フェンウェイ・パークは左翼のフェンスが異常に高い。何と11・3メートルもあり、“グリーン・モンスター”というあだ名で知られている。

 ホームランを防ぐためだが、副作用もある。他球場ならレフトへの凡フライでも、グリーン・モンスターに当たって跳ね返るとヒットになる確率が上がる。そのため、こちらは右打者に有利と言われている。

「大リーグでは、もっと露骨な手も常態化しています。例えばロッカールームです。ホーム側は広くて快適なのに、アウェイのほうは狭くて居心地が悪いという具合です。日本の場合はホームの選手が本拠地の球場を熟知し、慣れていることが勝率に影響しているとの議論もあります。しかし、基本はホームもアウェイもほぼ同じ条件で戦います。データを分析する前、私たちはプロ野球でもホームアドバンテージの傾向が存在するとは予測していました。とはいえ、53・1%という明確な結果が出たのには、やはり驚きましたね」(同・菊池教授)

 論文では顕著な関連が見出されなかったとはいえ、やはり専門家の間では、「ホームアドバンテージはファンの応援が最大の原因」が大方の見方であるという。

「それ以外の要素は乏しい、と言っていいかもしれません。選手の心理面に着目すれば、ファンの声援は大きな後押しです。アドレナリンの分泌が盛んになり、士気が上がります。選手の1人1人が勝利への強い意思を持つことで、ホームチームの勝率が上昇するのです」(同)

 海外サッカーでは早くも、「無観客試合はホームアドンバンテージに影響を与える」との実例が報告されている。

 日刊スポーツ(電子版)は5月25日、「有利なホームの勝率激減 無観客で後押しなし影響か」との記事を配信した。記事の書き出しは、以下のような具合だ。

《無観客試合の影響か、16日に再開したブンデスリーガでは有利なはずのホームチームの勝率が大きく下がっている》

 勝率について具体的に言及した部分を、引用させていただく。

《再開後の18試合のホームチーム成績は3勝5分け10敗。その勝率(白星率=勝ち数÷試合数)は16・7%にとどまる》

《中断前までは今季通算224試合で97勝49分け78敗の勝率43・3%で、再開後のホーム勝率はおよそ27ポイント減となっているのだ》

 ホームアドバンテージが27%も減少してしまったという。衝撃的な数字と言っていいだろう。日本のプロ野球でも似た状況になるのだろうか。

「率直に申し上げて、何が起こるか、私たちにも分かりません。無観客試合における勝率は、ホームアドバンテージの研究を深める貴重なデータとなるかもしれませんし、『新型コロナの感染防止という特殊な状況下であり、データとして採用できない』と留保されるかもしれません。私たちもファンの皆さんと同じで、とにかく開幕が待ち遠しく、実際のゲームを観戦したくてたまらないというのが本音です」(同・菊池教授)

 菊池教授は「どれほど研究を重ねても、最後の最後で、ホームアドバンテージには“謎”が残ります」と指摘する。

「ホームアドバンテージは、勝率というデータから捉えられるものです。試合を行うほど、今後もデータの蓄積は増します。比例して解釈の精度も増すと考えられます。しかしながら、限界もあります。ファンの声援がホームの選手に力を与えているにしても、勝利に直結するとは限りません。士気が高くても0-1で惜敗することがあります。ファンの声援がプレッシャーになるケースもあるでしょう。アウェイチームの凡ミスで勝利することも珍しくありません。私たちが研究を重ねても、勝率とホームアドバンテージの間に100%の因果関係を立証するのは不可能なのです」

 菊池教授は「プロ野球に限らず、全てのスポーツは、やはり筋書きのないドラマなのです。だから私たちは夢中になるのです」と話す。

 読売新聞のコラムが、無観客試合によって「番狂わせは、減るかもしれない」と指摘したのは、前にご紹介した通りだ。

 さて、今年のプロ野球は、どんな結果になるか。

週刊新潮WEB取材班

2020年6月19日 掲載