プロ2年目の巨人、戸郷翔征投手(20)が開幕から3連勝を果たした。高卒2年目で開幕3連勝は1987年の桑田真澄以来で、3戦3連勝は球団史上初の快挙だという。ならば、桑田の2年目の成績を超えることはできるか。

 ***

 桑田といえば、夏の甲子園で清原和博と共にPL学園を2度優勝に導いた名投手だ。1985年のプロ野球ドラフト会議で、巨人から1位指名され入団。プロ1年目は、15試合に登板、2勝1敗で防御率は5・14だった。

 2年目は、28試合に登板して、15勝6敗。防御率は1位の2・17をマークした。沢村賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀投手、月刊MVP(7月)とタイトルを総なめにした。3年目には、球団史上最年少の20歳で開幕投手も務めた。

「桑田が入団した時、私はたまたま巨人2軍のピッチングコーチに就任しました。彼は、コーチなんかいらないくらい、練習は細かく自分で計画を立てていました」

 と語るのは、元巨人の投手で野球解説者の関本四十四氏である。

「2軍での宮崎キャンプの初日、練習が終わると桑田が私のところにやってきて、『トラックで走っていいですか』と言うのです。キャンプ地には、ピッチャーが走り込みをする300メートルのトラックがありましたからね。彼の申し出を須藤豊2軍監督に伝えると、監督は『一緒に見に行こう』と。桑田はトラック1周を50数秒で駆け抜けていました」

 もっとも桑田は、下半身は鍛えても、上半身の筋トレはあまりやっていなかったという。

「『ピッチャーもダンベル持っていいんですか?』と質問されました。ピッチャーにも、軽いベンチプレスをさせていましたから、彼にも勧めました。その後、1軍に上がると、都内で2カ所のスポーツジムと契約して、ウエイトトレーニングをしていました。なぜ2カ所なんだと聞くと、1カ所では飽きてしまうというのです。そうやって23歳頃までに、基礎的な体力をつくりあげていましたね」(同)

バッターはタイミングが取りにくい

 桑田は、まさに“練習の鬼”だったという。

「よく、運動靴を履いて外野を走り込んでいました。あんまり走るので、芝生が剥がれたくらいです」(同)

 関本氏は、桑田から甲子園に出場した時の話も聞いたという。

「桑田はいいカーブを持っているのに、甲子園ではあまり投げていませんでした。その理由を聞くと、『カーブを多く投げると、スカウトの評価が下がる』と言っていましたね。つまり、本格派のピッチャーではないと見られるからです。それを聞いて、すごいな、こいつ!と思いましたね。往年の名投手というと、村田兆治はフォーク、東尾修はシュート、西本聖もシュートが決め球でした。ところが桑田はそういう球がない。でも、その代わりコントロール、ピッチングフォーム、牽制、投球の組立と、総合力が素晴らしかった。非常にクレバーな投手でしたね」

 一方、戸郷投手はどうか。

「彼はテイクバック、つまり腕の振りが大きくて、そのまま腕を畳まないで投げるので、バッターはタイミングが取りにくい。しかも、あんなに腕を振ったまま投げても、インコース、アウトコースと投げ分けることができる。ストレートも150キロ超で威力もあります。まだ、高卒2年目ですから、体も出来上がっていませんが、将来が楽しみなピッチャーですね」(同)

 戸郷投手は、宮崎県都城市出身。小学1年から軟式野球を始め、中学1年で捕手。2年から投手に転向した。聖心ウルスラ学園に進学して、2年でエースとなり、夏の甲子園に出場した。1回戦で早稲田佐賀高校を破るも、2回戦で聖光学院高校に敗れた。3年の時、甲子園出場は果たせなかった。

「彼は、桑田のように甲子園で注目された選手ではありません。U−18アジア選手権大会の野球日本代表との壮行試合で、宮崎県選抜で登板し、5回3分1投げて9奪三振を取った。そこで注目されたのです」(同)

 当時の日本代表には、藤原恭大(大阪桐蔭→ロッテ)、根尾昴(大阪桐蔭→中日)、中川卓也(大阪桐蔭→早稲田大学)らが名を連ねていたが、彼らを手玉に取ったのだ。

 ドラフトで、巨人からドラフト6巡目で指名され、入団。背番号は68。

 昨年は、2軍で11試合に登板。8試合に先発し4勝1敗、防御率3・00だった。9月21日に1軍に昇格、2試合に登板し、先発は1試合。1勝0敗で防御率は2・08だった。オフに背番号は13に。

 腕を大きく振ってスリークォーターから繰り出すのは、150キロ台のストレートとベース付近で急激に曲がるスライダー、チェンジアップ、スプリット、カーブ、カットボールと変化球も多彩だ。

「戸郷は、開幕からがんがん攻めて、目下、怖いもの知らずという感じですね。手足が長いので、ピッチャーとしては理想的な体型でしょう。テイクバックで腕を大きく振って、背筋を使って投げ組む球にはパワーがある。こんな投球フォームのピッチャーはなかなかいません。このままのローテーションで行けば、10勝はするのではないでしょうか。気を付けなければならないのは肘や肩、腰の故障ですね。7月15日の広島戦では、まだまだ投げられたはずなのに6回で降板しました。首脳陣は彼を大事に使っていこうという考えのようですね」

 桑田の15勝を上回る可能性も……。

週刊新潮WEB取材班

2020年7月22日 掲載