大城・炭谷・岸田

 プロ野球では、なぜか“3人組”がファンの注目を集めるケースが少なくない。例えば投手の「3本柱」と聞いて、誰を思い出すかで世代が分かるというものだ。

 ***

 80年代の巨人なら、江川卓(65)、西本聖(64)、定岡正二(63)。90年代なら槙原寛己(57)、斎藤雅樹(55)、桑田真澄(52)という面々が浮かぶだろう。

 80年代後半から90年代前半の西武なら、郭泰源(58)、工藤公康(57)、渡辺久信(55)。打線も3番・秋山幸二(58)、4番・清原和博(53)、5番・オレステス・デストラーデ(58)は当時のファンを熱狂させたといって過言ではない。

 阪神ならJFKだろうか。Jのジェフ・ウィリアムス(48)、Fの藤川球児(40)、Kの久保田智之(39)は抑えの三本柱として2000年代のプロ野球を席巻した。

 もちろん打線なら1985年の「バックスクリーン3連発」のクリーンナップ、3番・ランディ・バース(66)、4番・掛布雅之(65)、5番・岡田彰布(62)に触れないわけにはいかない。

 俊足3人組という組み合わせもあった。85年、横浜大洋(現:DeNA)の1番・高木豊(61)、2番・加藤博一(1951〜2008)、3番・屋敷要(61)は、3人で合計148盗塁を達成している。

 様々な3人組がプロ野球ファンを楽しませてきたわけだが、今年の巨人のように捕手の3人組が日替わりで登場するというケースは、日本プロ野球史上でも相当に珍しいのではないだろうか。

小林のケガ

 そもそも6月19日、開幕戦となった阪神戦を振り返ってみると、もうこの時点で“捕手リレー”が行われていたことに気付く。

 巨人は開幕投手として菅野智之(30)がマウンドに上がり、その女房役は小林誠司(31)が務めた。2人は3年連続5度目の開幕戦先発バッテリーとなった。

 しかし8回表、小林はベンチに下がり、炭谷銀仁朗(33)がマスクを被った。翌20日の第2戦は炭谷がスライドするかのように捕手として先発したが、やはり8回裏になると代打で大城卓三(27)が登場、試合終了まで捕手として出場した。

 21日に大きなアクシデントが起きる。小林が5回の打席で左腕に死球を受けたのだ。2日後に左尺骨の骨折を球団が発表し、出場選手登録抹消。代わって岸田行倫(23)が1軍に昇格した。

 この後、大城、炭谷、そして岸田の3人が入れ替わり立ち替わりマスクを被った。おまけにスタメンの捕手が“日替わり”で発表されただけでなく、3人の途中出場も頻繁にあるという、あまり例のない捕手の起用法が始まったのだ。

 9月13日現在、先発した数を数えてみると、最多は大城で44試合。2位が炭谷で27試合となっている。

9人の捕手

 この2人が先発を分け合っているのは、実績などを考えれば納得はできる。しかしながら、17年に大阪ガスからドラフト2位で入団した、まだ経験が浅いと言っていい岸田も3試合で先発出場を果たしたのだ。これは注目に値する。

 二番手捕手でも“長幼の序”は無視された。最多は最も若い岸田の21試合だが、大城も13試合、ベテランの炭谷でさえ7試合といった具合だ。

 こうなると原辰徳監督(62)は意識的に3人を“ローテーション”のように起用していると考えていいだろう。

 たとえ小林がケガで登録を抹消されなかったとしても、小林・炭谷・大城の3人で回したのではないだろうか。

 そもそも巨人の公式サイトを見ると、選手名鑑で捕手として表示されるのは何と9人。12球団で屈指の“捕手王国”と言っていいだろう。全員を表にまとめてみたので、ご覧いただきたい。まずは1軍の選手からだ。

 大城と岸田がバッティングを得意とし、炭谷と小林が打撃を苦手にしているという対比も、表の数字から明確に浮かび上がる。

原監督の狙いは的中

 プロ野球解説者の江本孟紀氏(73)は大城を「打撃はキャッチャーのなかではナンバー1」と太鼓判を押している(ベースボールキング4月2日「江本氏が挙げた巨人・大城の問題点とは…」)。

 次は1軍を狙う若手の捕手をご覧いただこう。

 人数が多ければいいというものではない。だが巨人の場合は、9人による激しい“正捕手争い”がレベルアップにもつながっているという。

 1998年から2005年まで巨人、2006年から14年まで中日で捕手としてプレーした経験を持つプロ野球評論家の小田幸平氏(43)に、巨人の捕手について訊いた。

「今の巨人が12球団でナンバー1の捕手王国であるのは間違いないと思います。そして今年の巨人が強いのも、原監督による捕手の起用法が当たったからだと考えています」

大城・岸田は「阿部慎之助の後継者」

 先発出場の数や、試合での活躍を見ると、「小林のケガがあって、幸運な大城が正捕手の座を奪おうとしている」と受け止めているジャイアンツファンも多いだろう。

 だが小田氏は「だとすると、大城くんを過小評価しています」と指摘する。

「小林くんのケガにかかわらず、大城くんが実力で1軍の座を確保しているのは間違いありません。打撃は誰もが認めていますが、リードも自分の頭で考えて、投手の長所を伸ばそうとしているのが伝わってきます。菅野が10連勝を達成した時、彼のリードについて『選択肢を増やしてくれる』と評価していましたが、あれはお世辞でも何でもなく、本心の言葉だと思います」

 小田氏は岸田についても、「前から注目していました。キャンプを視察した際も、良い意味で目立っていました」と評価していたという。

「キャッチング、リード、ブロッキングなど、捕手としての基本がしっかりしていました。岸田くんは報徳学園から大阪ガスに進んで巨人に入りましたが、『社会人としての経験もプロで活かされているな』と思っていました」

炭谷は球界一の捕手

 先に小林・炭谷が打撃を苦手とし、大城・岸田が打撃を得意としているタイプだとしたが、小田氏は後者の2人を「阿部慎之助・2軍監督(41)の後継者になる可能性があります」と指摘する。

「捕手は僕のように『どうか打撃だけは勘弁してください』というタイプと(笑)、阿部2軍監督のように自分のリードのせいで1点を失ったら、『俺のバッドで2点を取る』というタイプに二分されます。大城くんと岸田くんは後者のタイプでしょう。2人とも配球を読むことでバッターとして活躍しており、それがリードに活かされているわけです」

 その上で小田氏は、大城が活躍している要因は何と言っても、「勢いに乗っている」ことに尽きるという。

「まだ若くて怖いもの知らずなのが、良い方向に作用していますね。ベテランキャッチャーの考え抜かれたような配球ではありませんが、今のところは、それが非常にうまくいっている。ただし、スタメンとして出場している限り、キャッチャーは必ず痛い目に遭います。大城くんが痛い目に遭った時、それを糧にして成長できるかどうかが、今後の鍵になるでしょう」

小林は1軍復帰できるのか?

 大城がこれだけ活躍できるのも、ベテランである炭谷の存在も大きいという。

「僕は炭谷選手を12球団で最高のキャッチャーだと評価しています。彼が先発だけでなく、二番手の捕手としてもプレーしていることが、大城くんの安心感につながっているはずです」(同・小田氏)

 だから大城は若手で経験が乏しくとも、のびのびプレーできるわけだ。

「ちなみに関係者の話によると、炭谷選手は積極的に後輩を指導するタイプではないそうです。しかし、その分、自分のプレーを見て成長してほしいという気持ちは強く、その無言のメッセージは大城くんや岸田くんに伝わっていると思います」(同・小田氏)

 捕手の成長株には2軍にもいる。小田氏が注目しているのは山瀬慎之助(19)だ。

 小田氏の持論に「一芸に秀でた選手でないと、プロ野球の世界で1軍は勝ち取れない」というものがある。

 走攻守が小さくまとまった器用な新人は、以外に伸びない。

 三振は多くても、とにかく豪快なホームランを打つとか、誰にも負けないほど足が速いとか、打てないけど守備は芸術的とか、1つ強烈なセールスポイントがある新人のほうが、時間はかかっても大成することが多いという。

酷評された小林のリード

「捕手は盗塁を阻止した時が、最もファンに喜んでもらえる瞬間だと言えます。リードの巧拙は分かりにくいですし、完封の名誉はピッチャーが持っていきます。そして山瀬くんは、強肩が自慢です。つまり山瀬くんは、ファンの人気を集める“一芸”を持っているわけで、こういう新人は伸びることが多いのです」(同・小田氏)

 1軍に3人の捕手がひしめき、2軍にも期待の新人がいる。日刊スポーツは9月18日、「巨人小林が3カ月ぶり1軍合流へ 6月左尺骨骨折」と報じた。

 見出し通り、小林がケガから復帰したわけだが、果たして1軍に居場所があるのだろうかと心配するジャイアンツファンも少なくないのではないか。

 小林といえば、これまでリードを批判されてきたことをご記憶の方も多いだろう。デイリー新潮も18年11月に「巨人・小林誠司のリードを酷評する専門家たち、一人前になれず西武・炭谷を獲得か」の記事を配信している。

 この記事の中でも紹介したが、酷評した顔ぶれが凄い。江夏豊氏(72)、西本聖氏、谷繁元信氏(49)、そして故・野村克也(1935〜2020)。まさに球界のレジェンドともいうべき4人が小林の配球にダメ出しをしたことがあるのだ。

小林はロッテ!?

 だが、小田氏は「1軍に居場所がないという予想は、あまりに小林くんの実力を過小評価しています」と異議を唱える。

「確かに小林くんのリードに、問題があるのは事実でしょう。私も試合中継の解説中、『あそこに投げさせるのか』とツッコんだことさえあります。しかし、それなら、なぜ彼がオールスターや日本代表に選ばれるのでしょうか。小林くんはプロの捕手に相応しい能力と技術を持っています。今の巨人は桁違いの捕手王国ですから見劣りしてしまうのかもしれませんが、それこそ彼ならぜひ欲しいという他球団は多いと思いますよ」

 移籍説を記事にしたメディアもある。東スポWebは9月11日、「澤村獲得のロッテに追加トレード浮上!田村離脱で巨人・小林に熱視線」という記事を配信した。

 そもそも「3人のキャッチャーを使い回す」という戦略は急場しのぎであって、恒常的に行うべきものではないと小田氏は指摘する。

「3人で3分の1ずつの先発だと、やはりプロの捕手として成長していくだけの経験が得られません。本来は年間100試合以上、コンスタントに先発する“正捕手”がどっしりと構え、そのバックアップとして、打てない捕手と打てる捕手が1人ずつ、たまにマスクを被るというのが理想でしょう」

「捕手は守りの要ですから、肉体的にも精神的にも疲労するポジションです。私も中日時代、オープン戦で雨が降ってくると、谷繁さんの疲労を軽減させるため、よく代わりに出場したものです」

小林はトレードの“切り札”

 小林がケガから復帰すると4人体制となる。さすがに、これで“ローテーション”を組むのは無理だろう。となると、やはりトレードは現実味を増していくようだ。

「たとえ小林くんがトレードに出されることになったとしても、それは成績の悪い選手を放出するという意味ではありません。ジャイアンツの弱点を一挙に解消するような大型補強を敢行する際、いわば取っておきの“切り札”として小林くんを活用しようとするでしょう。それまでの間は、原監督は4人で正捕手争いをさせると思います」(同・小田氏)

(註1:敬称は引退や死亡した選手でも現役時代の記述では省略したが、評論家は敬称をつけるなどした)

(註2:日刊スポーツの引用に際し、全角数字を半角数字に改めた)

週刊新潮WEB取材班

2020年9月18日 掲載