「もう次へ進めない」

 昨年12月に行われた全日本選手権で、遂に「4回転サルコウ」を成功させた紀平梨花は、世界でも数少ない強敵ロシア勢を追うことができる女子スケーターだ。

 2018-19シーズンにシニアデビューし、ジュニア時代から試行錯誤を重ねて習得したトリプルアクセルを武器に、いきなりグランプリファイナルを制してシニア女子のトップに駆け上がった紀平。フィギュア日本女子をけん引してきた伊藤みどりと浅田真央が跳び続けてきた「トリプルアクセル」を受け継ぐことも、彼女の存在感をさらに高めた。

 シニア2シーズン目を前にした19年5月の米国・コロラド州での合宿で、4回転ジャンプに挑戦している。だが、演技の完成度も強みとする紀平は、練習では着氷している4回転を試合で跳ぶことには慎重であり続けてきた。初めて4回転を跳んだ試合は、2019年グランプリファイナルで、その際は転倒している。

 しかし、コロナ禍により今季初の試合となった全日本で、「今回跳ばないと、もう次へ進めない」という固い決意で4回転サルコウに挑む。フリー冒頭で鮮やかに成功させた4回転サルコウは加点3.19がつく上々の出来栄えで、今季から拠点を移したスイスでの地道な練習が花開く結果となった。日本女子では、安藤美姫に続く二人目となる“4回転ジャンパー”の誕生である。

 そして、4回転サルコウに続いて跳んだトリプルアクセルも回転不足ながら着氷。紀平が「4回転とアクセルをどちらも一応試合で決められたのは、すごく自分の中で大きなもの」と語ったように、自信につながる全日本のフリーだった。

上位3名は4回転を2本

 だが、紀平のライバルとなるロシア勢(組織的なドーピング問題による処分のため、ロシア代表ではなくロシア・フィギュアスケート連盟の選手として出場)はそれを上回るハイレベルな戦いを繰り広げている。全日本と重なる日程で行われていたロシア選手権。優勝したアンナ・シェルバコワは2種類(ルッツ・フリップ)2本、2位のカミラ・ワリエワはトウループを2本、3位のアレクサンドラ・トゥルソワはルッツを2本と、上位3名はすべて4回転を2本跳んでいる。

 全日本フリー後の記者会見で、ロシア勢について問われた紀平は「すごい刺激にもなりましたし、もっともっと完成度の高い演技を常に目指していきたい」と、自らの技術をさらに高めていく意気込みを示した。

 現行のルールでは、女子はショートで4回転を跳ぶことができないため、トリプルアクセルが紀平のアドバンテージになるという見方もできる。さらに紀平は、世界選手権開幕一週間前に応じた取材で、ジャンプの難度を上げていることを明らかにした。スイスで練習しているフリーの構成では、冒頭に4回転サルコウを跳び、1本目のトリプルアクセルには2回転トウループをつけて連続ジャンプにし、後半に2本目のトリプルアクセルを組み込んでいるという。

 ロシア選手権で優勝したシェルバコワ、3位に入ったトゥルソワ(※2位のワリエワは年齢制限により今季はシニアの国際大会に出場できない)に次ぐ3人目の代表に選ばれたエリザベータ・トゥクタミシェワは、今季の世界選手権ロシア代表の中で、唯一トリプルアクセルを試合で継続的に跳び、成功させている選手だ。

“絶望”と称されるワリエワ

 ただ、彼女は昨季のロシア選手権で、4回転トウループに挑んでいるが、今季はコロナ禍による練習場の閉鎖と自身のコロナウィルス感染により、4回転をプログラムに組み込めていない。今季の世界選手権では、トリプルアクセルと4回転の両方を跳ぶ女子は、紀平だけになる可能性があることから、ロシア勢の一角を崩すことも期待されている。

 しかし、2022年に開催される北京五輪を見据えると、ロシア勢にさらなる強敵が加わることが予想されている。2月末から3月頭にかけて行われたロシアカップファイナルで表彰台に上ったのはすべて14歳の少女。彼女たちは来季シニアデビューが可能になる有力選手だ。

 1位のワリエワは、フリーでトリプルアクセル1本(成功)・4回転サルコウ1本(転倒)・4回転トウループ2本(1本は着氷で乱れ、2本目は転倒)、2位のマイア・フロミフは4回転サルコウ・4回転トウループを各1本(2本とも成功)入れてきた。特に、芸術面でも優れ、他選手の戦意をくじくほど頭抜けていることから“絶望”と称されるワリエワは、末恐ろしい存在である。

 これに対して、紀平も常に進化を続けている。開幕まで一年を切った北京五輪に向け、自身にとって2種類目の4回転となるトウループにも挑むことを明らかにしている。

 日本女子のプライドであるトリプルアクセル、ロシア勢に追いつくための4回転を磨く……紀平梨花の熱く激しい戦いが始まった。

沢田聡子(さわだ・さとこ)
1972年、埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。公式サイト「SATOKO’s arena」

デイリー新潮取材班編集

2021年3月21日 掲載