肩や首の故障に悩まされて

 野球シーズンも終盤戦に差し掛かってきたが、ここへ来て心配なニュースが飛び込んできた。9月1日(日本時間2日)、右前腕の張りから故障者リスト入りしていた前田健太(ツインズ)が、トミー・ジョン手術を受けたと発表されたのだ。リハビリには、約1年かかると見られており、本格的な復帰は2023年シーズンというのが現実的だ。前田は現在33歳で、ここまで日米通算156勝をマークしているが、目標とする日米通算200勝に向けて、今回の故障が大きな試練となりそうだ。

 前田以外にも、名球会入りの基準となる「通算200勝」を前にして、故障に苦しんでいる例は少なくない。

 メジャーでもエース格として活躍していた岩隈久志(元近鉄など)は、2016年までに日米通算170勝をマークしていたが、翌年に右肩を故障。19年に巨人で日本球界に復帰したが、一軍のマウンドに上がることはできず、昨シーズン限りで引退した。

「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔は、西武で三年連続最多勝のタイトルを獲得して、メジャーリーグに移籍。その後、日本球界に復帰。ソフトバンクを経て、18年には中日へ移籍し、6勝をあげてカムバック賞を受賞した。昨季は古巣西武に復帰したものの、肩や首の故障に悩まされ、今季限りの引退を発表している。勝利数は、岩隈と同じ日米通算170勝だ。

田中でさえ余裕をもって達成できない

 一方、15年にトミー・ジョン手術を受けた、ダルビッシュ有(パドレス)は、昨年最多勝をマークし、完全復活を果たしたように見えた。しかし、今年は8月に腰の張りで故障者リスト入り。もうひとつ調子が上がらず、成績を落としている。日米通算勝利数は岩隈と松坂をすでに上回っているが、200勝までは決して簡単な道のりではない。

 そして、現役で最も200勝に近い投手は、今季から日本球界に復帰した田中将大(楽天)である。現時点(9月7日試合終了時)で日米通算勝利数は181勝。今年で33歳という年齢を考えると、200勝達成の可能性は高い。ただし、今季のピッチングを見ると、やはり、ピークは過ぎた印象は否めない。ルーキーイヤーから二桁勝利をマークし、13年には24勝という現代野球では、考えられないような勝利数を記録した田中でさえ、余裕を持って達成できないところに、200勝のハードルの高さがよく表れている。

 名球会の資格をみると、投手が200勝、250セーブ、野手が2000本安打(日米通算含む)。2000年以降に投手で名球会入りしたのは7人。それに対して、野手は32人と大きな差が出ている。

 ちなみに、投手の7人のうち、200勝達成者は4人で、2010年以降の達成者は黒田博樹(元広島)のみだ。名球会は、NPBとは基本的に無関係の組織だが、この現状を見ると“基準の見直し”は必要ではないだろうか。

170勝を基準とすれば

 2000本安打は、9月4日に達成した栗山巧(西武)で54人目となったが、勝利数の54位は、162勝の土橋正幸(元東映など)になる。これを見ても、名球会の基準は、投手に不利だといえるだろう。仮に170勝を基準とすれば、今年達成したダルビッシュも含めると49人となる。このあたりが新しい基準として、ふさわしいラインではないだろうか。

 さらに2000年以降に引退した170勝以上、200勝未満の投手を洗い出してみると、以下のような顔ぶれが並ぶ。

西口文也(元西武):182勝
石井一久(元ヤクルトなど):182勝
斎藤雅樹(元巨人):180勝
星野伸之(元阪急など):176勝
桑田真澄(元巨人など):173勝
三浦大輔(元DeNA):172勝
岩隈久志(元近鉄など):170勝
松坂大輔(元西武など):170勝

 田中、ダルビッシュ以外の現役選手では、石川雅規(ヤクルト、9月7日終了時点で通算176勝)も対象となる。いずれも長く先発として、一線級で活躍してきた投手ばかりだ。2000本安打を達成したメンバーと比較しても、選手としての格は決して低くない。

 投手の分業制が進んで、昔よりも勝利数をあげるのが難しくなり、投げるボールの高速化から体への負担も大きいことを考えると、名球会入りの基準を引き下げてもよいのではないだろうか。

「300ホールド」を“新基準”としても

 これに加えて、“新基準”として提案したいのが、中継ぎのホールド数だ。現行のホールド基準は、05年に制定されたもの。通算成績では宮西尚生(日本ハム)の358ホールドが日本記録となるが、これは「250セーブ」と比較しても、決して価値が劣るものではない。現在の野球界では、中継ぎの重要性が増しているだけに、「300ホールド」を“新基準”としてもおかしくはないだろう。

 また、上原浩治(元巨人など)は史上初の100勝、100セーブ、100ホールドを達成している。これもまた、「250セーブ」と比べても決して劣るものではない。それを考えると、勝利数、セーブ数、ホールド数の「合計数」でも、新たな基準を検討してもよさそうだ。

 通算記録は、時代によって価値は変わっていく。近い将来、名球会の投手に関する基準が見直され、活躍に応じて正しく評価される時代が来ることを望みたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月11日 掲載