日本ハムに多大な貢献

 日本のプロ野球界は“ビッグボス・フィーバー”に沸いている。日本ハムの新指揮官に就任した新庄剛志氏(49)を巡る動きだ。早速、沖縄・国頭の秋季キャンプを視察するなど「ビッグボス」の一挙一動にプロ野球ファン以外の人たちも釘付けとなっている。そんな新庄監督の背番号は日本ハムの現役時と同じ「1」。今季までその「1」を背負い、新庄監督と入れ替わるようにして11年間のプロ生活にピリオドを打ったのが、元右腕の斎藤佑樹氏(33)だった。

 プロの世界では満足な結果を残せなかったとはいえ新庄監督と同様、プロ野球ファン以外の人たちからも注目を集め、グッズ売り上げや集客向上などの面で日本ハムに多大な“功績”を残したことは疑う余地がない。

 2006年夏の甲子園大会決勝戦で早実のエースとして駒大苫小牧・田中将大(現・楽天、33)と再試合を含め2試合を投げ合い、勝利して優勝。「ハンカチ王子」のニックネームがつくことになった伝説の2試合は今も語り草だ。ここから斎藤氏は早大へ進学し、数々の記録を塗り替えながら名門野球部のエースとして活躍を続け、2010年秋のドラフトで4球団競合の末に交渉権を得た日本ハムへ入団した。

散見された誹謗中傷の中で

 こうした入団前までの輝かしい経歴とは裏腹に、プロでの11年は芳しいものではなかった。結果が出ていない中で何らかの力や忖度が働き、引退が“先送り”されているのではないかと、斎藤氏は現役の晩年、激しいバッシングの嵐にさらされたこともあった。

 特にSNSやネット上では「自分の立場を勘違いしている」「いつまでもスター気取りになっている」「性格も悪い」「イヤなヤツ」などと見るに堪えないような誹謗中傷も散見されていた。実際、プロ野球選手としての斎藤氏の「素顔」はどうだったのか――。

 日本ハム担当のスポーツ紙記者によると、

「愚直なぐらいの真人間。メディア対応もお手本のようにこなしてくれていた。自身に対してネガティブな記事を掲載していたはずの週刊誌や夕刊紙からの取材も基本的に嫌な顔をせず応じ、苦笑いしながら『あまりヘンなこと書かないでくださいよ』と釘を刺したかと思えば『でもまあ、僕なんかは悪い話をネタにしないと原稿にならないですよね』と自虐的な言葉を発したりすることもありましたしね。コロナ禍前までは仲のいい番記者たちを食事に誘うことも珍しいケースではなく、気さくな一面もみられたぐらい」

神対応が生まれるまで

 この記者が続けて、

「今年夏までチームに在籍していた中田翔(現巨人、32)がコワモテでマスコミを近づけない雰囲気を作っていたのに比べれば、それこそ雲泥の差です。メディアとはとても良好な関係を築いており、番記者の間で斎藤さんは常に『神対応の人』と言われていたぐらいです」

 ただ、この「神対応」には「選手生命を“事実上”絶たれるケガをして以降」という注釈が付くようだ。

 その「ケガ」とはプロ2年目の2012年シーズン中、フォーム調整のため無理な投げ込みを続けたことで症状が悪化した右肩の関節唇損傷だ。

 プロ1年目の2010年シーズンは6勝を飾り、翌シーズンのこの年は開幕投手にも指名され、西武相手に9回1失点のプロ初完投勝利を挙げていた。しかし、この右肩関節唇損傷を患って以降の斎藤氏はほとんど戦力になれず、まともに投げられなくなってしまった。

「スポーツの世界では『大きなケガをきっかけに人は変わる』と言われますが、まさに斎藤もそうだと思います」

 そう打ち明けるのは、斎藤氏の入団当時からの「素顔」を知る古参の球団関係者だ。

ダルビッシュとのキャッチボール

「肩関節唇損傷は投手にとって致命傷です。それまでの斎藤は『ハンカチ王子』としての宿命を背負い、周囲の期待に必死になって応えようと体と心をイジメ抜き、突っ走り続けていた。でも、致命傷を負ったことで、自分とあらためて向き合うようになった。現在のようにメディア対応が格段に良くなったのも、ちょうどこの大ケガをしてから。余裕がなく、周りを顧みることができなくなっていたことにやっと気付いたのでしょう」(前出・球団関係者)

 実際にルーキーイヤーには、先輩への振る舞いが話題になっていたという。

「日本ハムに入団した当初、『未来のエース』へのチームメイトの関心も高く、先輩のスター選手らも目をかけていたのです。ただ、この頃の斎藤は青かったのか、それとも勘違いしていたのか、やや常識に欠けるところがのぞいていました。メディアやチームメイトに対しても、警戒心からかスター気取りでツンとした態度に取られがちなところが多々あった。そのため先輩選手とも馴染めず、距離を取られてしまう場面が増えてしまったとささやかれてきました」(同)

11年球宴とその後の出来事

 加えて、球宴でも事件らしきことが起こっていた。

 斎藤氏が初出場した11年球宴では某地方球場での試合を終えた後、パの他球団のベテラン主力選手から食事の誘いを受け、複数の選手とともに同席したことがあった。だが、ここでも当時の斎藤氏の態度は礼節を欠くものと捉えられたという。

 スポーツ紙デスクは次のように明かす。

「その後のレギュラーシーズンの試合で顔を合わせても斎藤は、食事に誘ってくれたそのベテラン主力がベンチにいるのに御礼の挨拶に出向かなかった。礼儀にうるさいことで知られるベテラン主力は激怒し、そのウワサはすぐ球界に広がりました。12年の球宴で斎藤はパのベンチでポツンと孤立した状況になっていたのですが、そういう背景もあったと聞いています」

 プロは実力が物を言う世界とはいえ、厳然たる上下関係が存在するのも事実。ただ、致命傷を負い人間関係で失敗を重ねながらも、“このままではいけない”とリセットし、チームメイトやメディアと良好な関係を築いて行った。そういった修正能力を斎藤氏は“持ってる”、のだろう。

 2013年以降は8年間で僅か4勝しか残せず批判の嵐にさらされても「期待されている証拠」とポジティブに受け止め、黙々と現役を続けた。この間、強心臓も大きく磨かれたはずだ。斎藤氏の第二の人生は果たしてどうなるのか。日本ハム・新庄監督に負けないインパクトある“就職先”を期待する声は数多い。

デイリー新潮取材班

2021年11月12日 掲載