野球の独立リーグ、四国アイランドリーグプラスが発足したのは2005年。一時は6球団に拡大したこともあったが、高知、香川、徳島、愛媛の4球団は、リーグ発足以来のオリジナルメンバーとして、その歴史を刻み続けている。地方における地域密着のプロスポーツとしての位置づけが定着してきた今、高知は“次なるフェーズ”へ向け、地域との絆を深めるために、新たなる試みに挑もうとしている。

 その地域スポーツの“新時代の幕開け”を追う4回連載の第2話。アフリカの小国、ブルキナファソから来日した、高知ファイティングドッグスの主将・ラシィナの日本語取得への意欲と、高知県の人口減少問題の“関連”について追っていく。

 ***

 高知の主将、サンホ・ラシィナは2013年、15歳で来日して以来、日本で学校に通っていたわけではない。だから、その学歴は、実質“中卒”なのだ。

「野球はいつか、辞めないといけない。もし辞めた時に何ができるのか。まずは日本語、しゃべるのはいいんですけど、やっぱり読み、書きが全くできないので、ちょっとだけでも読めたり書けたりできれば、何か違う道があるかな、と思うんです」

シーズンオフに漢字ドリルに取り組む

 実は、日本に来る留学生の大半は、文法や漢字の読み方といった、座学を中心に日本語を勉強してくるので、読めたり書けたりはできるのだが、喋る方が苦手だったりする。

 これは、日本人の英語学習でも、同じことがいえるかもしれない。

「僕と真逆なんですよ」というラシィナは、生活の中で日本語をマスターしたので、会話は大丈夫でも「漢字が全く読めないので、新聞は全然読めないです」

 そこでラシィナは、野球のシーズンオフに漢字ドリルに取り組むなどして、小学校3年生レベルのテキストを、なんとか自力でクリアしたという。

 高知球団の北古味潤は、野球事業以外のプロジェクト、つまり地域貢献活動や、後述する教育を絡めた新規プロジェクトなどを統括する責任者でもある。

 その北古味が、2022年の開幕前、ラシィナが「日本語の勉強をやりたい」と相談してきた時のことを振り返ってくれた。

「ラシィナに“スイッチ”が入ったみたいですね。『いくら僕が日本語をしゃべれても、その後に何かをするのには、やっぱり教育がついてこないと』って言ってきたんです。だから『とりあえずシーズンは野球に専念しなさい、あなたはキャプテンだから。だけど、それに対してのオフシーズンの取り組みに関しては、こちらでちゃんと考える』と言いました」

野球を通して、日本とブルキナファソを繋げる

 ラシィナは、自らのセカンドキャリアについても、真剣に考え始めている。

「いつかは野球を辞めないといけない時期が出てくると思うんです。でも、ブルキナファソには、僕を目標にして、野球を頑張っている少年たちや子供たちがいる。そんな簡単には野球を辞めることはできない。辞めた後、その子たちに対して、僕が何ができるのか。僕が日本に来て、野球をやったことの全部が無駄にならないよう、そしてバトンタッチができるように、何ができるか。それを含めていろいろと考えていきたいと思っています。一番いいのは、野球を通して、日本とブルキナファソを繋げるような仕事ができればいいですね」

 その“ラシィナの目標”が達成できる仕組み作りに、北古味は今、取り組んでいる。そこには、高知という地域の実情を踏まえた“危機感”も繋がっているのだ。

 2022年4月1日時点での高知県の推計人口は67万7888人(高知県産業振興推進部統計分析課発表)。この数字がいかに危機的状況なのかを、少し説明したい。

東京の“区レベル”の人口

 高知県の人口がピークに達したのは、1955年(昭和30年)の88万2683人。その後、1985年(昭和60年)の83万9784人を最後に、以後は右肩下がりに減少の一方を辿っている。

 人口67万人台は、戦後初というだけではなく、国勢調査が始まった1920年(大正9年)の67万895人以来という低水準だ。

 ちなみに、東京都総務局が2022年2月28日に発表した同2月1日付の人口で、東京23区の中で、世田谷、練馬、大田に続き、4位の足立が69万1657人、5位の江戸川が68万9817人だから、高知県一県で、もはや東京の“区レベル”の人口なのだ。しかも、このままのペースで減少が続けば、2045年には50万人を切るとも言われている。

 高知県は、第1次産業への就業者が11.4%(2016年度)で、この比率は全国2位に相当する。その“農業県”ともいえる高知で、労働人口がどんどん減っていく。

 なのに、少子高齢化で農業に携わる人たちの年齢層も上がっている。このままだと、労働集約的な要素が強い農業が、数十年後には成立しなくなる県内の地域が続出する可能性があるのだ。

 人口減少の流れは、簡単には止まらないだろう。ただ、手をこまねいていては、地域コミュニティーが維持できなくなる状況を、ただ見過ごすだけのことになる。

 減少のペースを抑えながら、地域のコミュニティーを維持していくための、さらなる新たな方策を考えていかなければならない。高知で生まれ育った北古味だからこそ、高知の切実な問題は、肌感覚で分かるのだ。

 いかにして、高知に人を呼び寄せるのか。そのために「スポーツ」と「教育」を結び付けようというのだ。(第3話に続く)

喜瀬雅則(きせ・まさのり)
1967年、神戸市生まれ。スポーツライター。関西学院大卒。サンケイスポーツ〜産経新聞で野球担当として阪神、近鉄、オリックス、中日、ソフトバンク、アマ野球の各担当を歴任。産経夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。産経新聞社退社後の2017年8月からは、業務委託契約を結ぶ西日本新聞社を中心にプロ野球界の取材を続けている。著書に「牛を飼う球団」(小学館)、「不登校からメジャーへ」(光文社新書)、「ホークス3軍はなぜ成功したのか」(光文社新書)、「稼ぐ!プロ野球」(PHPビジネス新書)、「オリックスはなぜ優勝できたのか 苦闘と変革の25年」(光文社新書)。

デイリー新潮編集部