カタールW杯の組合せ抽選会が終わり、日本は「死のグループ」と言われるグループEに入った。たしかにW杯優勝4回、EURO優勝3回のドイツと、W杯優勝1回、EURO優勝3回のスペインは厄介な相手だ。彼らからどうやって日本が勝利を奪うのか、イメージはまったくわかない。

 ***

 抽選会が終了してから約1カ月が過ぎ、多くのサッカーメディアは本大会を展望して、1勝1分け1敗か、1勝2分けならグループリーグを突破できるだろうと予想した。もちろん希望的な予想であり、好意的な展望である。

 そしてその1勝は、6月13日か14日にドーハで予定されている「大陸間プレーオフ」の勝者コスタリカ(北中米カリブ海)かニュージーランド(オセアニア)のどちらかを想定してのものであることは想像に難くない。

 だが、希望的な“楽観”は避けるべきである。確かに日本はW杯7大会連続7回目の出場に比べ、ニュージーランドは2回しかない。しかしそのうちの1回は、日本がまだ“暗黒の時代”を過ごしていた82年スペインW杯であり、日本だけでなく韓国や中国といった東アジア勢を撃破してのW杯初出場だった。

 その後はオセアニアの盟主オーストラリアの牙城を崩せず、オーストラリアがアジアに転籍してからもプレーオフで苦渋を味わってきた(註)。しかし今回は同じ北中米カリブ海が相手とはいえ、メキシコとコスタリカでは後者の方がはるかに戦いやすいだろう。

NZのポストプレーは脅威

 そんなニュージーランドのストロングポイントは、ニューカッスル所属のCFクリス・ウッドだ。191センチ、91キロの巨漢CFで、代表通算65試合で33ゴールをあげている。

 彼以外にも多くの選手がイングランドやイタリア、スコットランド、デンマークやトルコでプレーしている。日本の選手が所属するビッグクラブに比べればスケールダウンは否めないが、その経験値を侮ることはできない。

 実際、昨夏の東京五輪のグループリーグでは韓国を倒し、ルーマニアと引き分けて決勝トーナメントに進出。準々決勝で日本と対戦し、強固な守備から120分間を0−0でしのいだ。PK戦で2−4と敗れたが、フル代表とU−23代表を率いたダニー・ヘイ監督はW杯出場に自信を深めたことだろう。

「オールホワイツ」(ラグビーの「オールブラックス」に対してつけられた愛称。同国の名産品から「キーウィズ」という愛称もある)との対戦に際しては、まずはCFウッドに簡単にポストプレーをさせないことだ。

 4月23日のプレミアリーグ、マンチェスター・U戦で3カ月ぶりにケガから復帰したアーセナルのCB冨安健洋と、かつてサウサンプトンでプレーしたCB吉田麻也がきっちりとウッドのポストプレーを封じ、空中戦でも制空権を握ることができればニュージーランドの攻撃力は半減する。あとは日本が得意とする“地上戦”で攻略したい。

コスタリカの守護神

「ニュージーランドとコスタリカで、どちらが嫌な相手か?」と聞かれれば、10人が10人とも「コスタリカ」と答えるはずだ。3大会連続6回目の出場を目ざすコスタリカの強みは、なんと言っても守護神にGKケイラー・ナバスがいることである。

 14年ブラジルW杯ではグループリーグでウルグアイ、イタリア、イングランドとW杯優勝経験のある3カ国と同じ「死のグループ」に入りながら、ウルグアイに3−1、イタリアに1−0、イングランドに0−0と、最小失点でグループリーグを首位で突破。おかげでイタリアとイングランドはグループリーグで姿を消すことになった。

 ギリシャとの決勝トーナメント1回戦でも、コスタリカは退場者を出しながら1−1からのPK戦でGKナバスが4人目のシュートをストップして、同国を史上初のベスト8へ導いた。

 当時、スペインのレバンテに所属していたナバスはW杯後の14年シーズンからレアル・マドリードにステップアップ。レアルのチャンピオンズリーグ3連覇に貢献すると、現在所属するパリSGでもチームを初のCL決勝に進出する原動力となった。

少ないチャンス

 ナバスは続く18年ロシア大会でもグループリーグ3試合に出場したものの、1分け2敗でグループリーグ敗退。恐らく35歳で迎える3度目のW杯カタール大会が、ナバスにとって最後の舞台となるだろう。

 彼以外にも前回大会の経験者が多いだけに、カタール大会が最後となる可能性が高い。それだけに、プレーオフにかけるモチベーションも高いことが予想される。

 コスタリカがW杯に初めて出場したのは90年イタリア大会だった。この大会でもGKガベロ・コネホが奇跡的なセーブの連発でスコットランドとスウェーデンを蹴落とし、決勝トーナメントに進出。

 残念ながら決勝トーナメント1回戦はGKコネホが負傷で出場できなかったためチェコスロバキアに1−4で粉砕された。しかしコネホはW杯での活躍からアルバセテ(スペイン)に引き抜かれてチームの1部昇格に貢献した。

 伝統的に名GKを輩出するコスタリカだけに、戦い方はいたってシンプル。5−4−1の守備重視の布陣からのカウンターだ。

 このため日本としては、中盤で不用意なボールの奪われ方をしないこと。奪われたらすぐに回収する攻守の切り替えの速さ。そして数少ないチャンスを確実に決めることの3点がポイントになる。

ジャマイカ戦の教訓

 中盤では強度の高い守備のできる遠藤航、守田英正の2人は欠かせない。そして前線ではスピードスターの伊東純也、ケガから復帰してすぐにゴールを決めたセルティックの古橋亨梧――スピードとアジリティーで勝負できるタイプが効果的と予想する。

 日本がW杯に初出場した98年フランス大会は、初戦でアルゼンチンに、第2戦でクロアチアに、いずれも0−1で敗れた。しかし当時は、第3戦のジャマイカには勝てるだろうという楽観論が日本には充満していた。

 ジャマイカと聞いて、当時のイメージとしてはボブ・マーリーのレゲエ音楽か、88年のカルガリー冬期五輪のボブスレーのエピソードを元にした「クールランニング」という映画くらいしか印象はなかった。サッカーは日本と同様、フランス大会が初出場だし、アルゼンチンに0−5、クロアチアに1−3と敗れていた。

 しかし結果は、中山雅史がW杯初ゴールを決めたものの1−2で敗れた。当時の日本は全員が国内組。対するジャマイカはイングランドやベルギーでプレーする選手が8人もいた。根拠のない楽観論は慎むべきという教訓を学んだフランスW杯でもあった。

 卑下する必要はないが、ニュージーランドやコスタリカを甘く見てはならない。まして対戦するのはW杯の本大会である。「何が起きるかわからない」のがW杯であり、逆に日本がサプライズを起こせる可能性もそこには潜んでいるはずだ。

註:2010年の大陸間プレーオフではバーレーンに勝利し、28年ぶりの本大会出場。前回のロシアW杯大陸間プレーオフはペルーに0−2。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮編集部