期待と現実のギャップ

 全国各地で春の地区大会が行われている高校野球だが、ここへきてショッキングなニュースが飛び込んできた。春夏合わせて5回の甲子園優勝を誇る横浜高校で、将来が有望視されていた2人の2年生部員が退部していたことが明らかになったのだ。さらに、神奈川県内で横浜とライバル関係にある東海大相模でも、1年から活躍していたレギュラー選手が本人のものとみられるSNSで退学したことを公表した。いずれも中学時代から注目されていた選手とあって、SNS上などでは大きな話題となっている。【西尾典文/野球ライター】

 今回の件についての原因など詳細は明らかになっておらず、選手の将来を考慮して、あえて個別のケースに踏み込まないが、これまで有望選手が強豪校の野球部を退部して、そのまま高校も退学してしまう事例は決して珍しいことではない。

 では、なぜ、そういったことが起こってしまうのだろうか。中学硬式野球クラブチームの指導者に話を聞いたところ、以下のようなコメントが返ってきた。

「一番大きいのは、期待と現実のギャップではないでしょうか。以前と比べて、情報量は格段に多くなっていますが、やはり入ってみないと分からないということは多々あります。選手を送り出す側としては、当然、高校野球を全うしてもらいたいので、本人の力や性格などを考えて、進路相談に乗りますが、『どうしても、〇〇高校に行きたい』と言う希望を曲げない選手や保護者がいます。その一方で、チームによっては、指導者が半ば強制的に進路先を決めるケースもある。それが選手本人のためにならないこともありますよね……。退部まではいかなくても、思い描いていた高校野球とは違って悩んでいる選手は多いと思います」(関東地区の中学硬式野球クラブチーム指導者)

「1年夏からベンチに入れてもらえる」

 中学のクラブチームのホームページを見ると、卒団した選手の進路先が明示されていることは少なくない。選手を預ける保護者の間では、甲子園を狙える高校や有名大学の付属高校へのルートがあるからという理由で、中学時代の所属チームを選ぶというのも、ある意味で“常識”となっている。しかしながら、前出の指導者が指摘するように、選手と高校のミスマッチが生じて、強豪校の有力選手が退部や退学に繋がる事例も散見される。

 もうひとつ大きいのは、期待が高い選手ほど扱いが特別になり、チームの中で“浮いた存在”になることではないだろうか。以前、筆者は、関東地方にある私立高の野球部OBから、こんな話を聞いたことがある。

「自分は3年の夏、地方大会ではベンチ入りしていたのですが、甲子園ではベンチ入りできる人数が20人から18人に減るので、そこで削られて最後はスタンドで応援していました。その時に地方大会では、それほど活躍していなかった1年生が数人甲子園でもベンチに入ったのですが、後から聞いた話では入学する条件として『1年夏からベンチに入れてもらえる』ということだったようです。こちらとしては3年間頑張ってきたのに、そんな条件で入部してくる選手がいたらやるせないですよね。そういうこともあって、今でも当時の監督にはわだかまりが残っています」

「なぜ、うちの息子を使わないのか」

 全国の強豪校から勧誘がある、いわゆる“スーパー中学生”の中には、このような条件で入部してくることが少なくないという。期待された結果を残して、そのまま主力になれば良いが、プレッシャーが大きく、他の選手たちからの視線も厳しくなる。これが、不幸な“ドロップアウト”の原因になってしまうこともあるそうだ。

 一方で、選手を受け入れる側の高校サイドからも言い分はあるという。関東地区にある高校の監督は「ここ数年で選手や保護者の気質が大きく変わってきた」と指摘したうえで、こう続けた。

「マスコミの影響もあって、中学時代から名前の知られた選手は確実に多くなっています。当然、全員がそういうわけではないですが、そのことを鼻にかけるというか、妙にプライドが高い選手も増えていますね。選手だけでなく保護者もそうです。以前からありましたけど、『なぜ、うちの息子を使わないのか』という声もよく聞きます。保護者にとって“良い監督”とは自分の息子を使ってくれる監督なんですね。1年生から試合に出ていた選手が、何か理由があってメンバーから外れると途端にやる気をなくすというケースも多い。ここ数年そんな傾向が強くなっているように思います」

 甲子園常連校の中には、補欠選手で構成した「Bチーム」の練習試合も含めた全選手の成績を全てまとめて冊子にして、保護者全員に配っている学校もある。こうした数字で示すことで、保護者からの不満の声をなくすという狙いもあるそうだ。こういった取り組みも、過去の高校野球ではあまり見られなかった。

高校野球を全うできる整備づくり

 最後に言及したいのが、制度上の問題点だ。一度入部した学校の野球部を退部して他の学校に転向した場合、当該選手は1年間公式戦に出られないというものである(※ただし、家庭の事情などでやむを得ない場合は除く)。高校野球は長くても2年5カ月しかプレーすることできず、その中で1年間を棒に振るというのは極めて大きなディスアドバンテージであることは間違いない。

 もともとは他チームからの引き抜き行為を防ぐためにできたルールとのことだが、これだけジュニア世代の野球人口が減っていることを考えれば、このままの運用を続けることは得策とは思えない。

 選手側、学校側どちらに大きな問題がなくても、相性が合わなくて退部するというケースも当然あり、そういう選手を現状のルールでは守ることができないのだ。自分に合わないと判断すれば、他のチームを選ぶというのも、当然の権利である。より多くの選手が自分にあった環境で、高校野球を全うできる整備づくりが進むことを望みたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部