圧倒的な打撃力や、相手をねじ伏せる剛速球――。外国人選手の活躍は野球ファンにとって大きな楽しみのひとつだ。しかし、実績十分のメジャー選手が、期待外れに終わることも珍しくないのがプロの世界。開幕から2ヵ月で各球団の助っ人たちの働きぶりはいかに。前回の【ベスト3編】に続いて、【ワースト3編】をお届けしたい。
※各選手の成績は5月31日時点。

【第3位】ギッテンス(楽天) 打率.000、本塁打、打点ともになし

 4月5日の西武戦で来日初出場を果たした。しかし、2打席目で空振りした際に左手首を骨折。復帰はオールスター戦前とされ、いきなり長期離脱の悪夢に見舞われた。

 伏線はオープン戦。デビュー戦で2打席とも1球も球を振らず、見逃し三振を喫した。
パ監督経験者は、「日本の投手の球筋を見極めるため、テーマを持って打席に入っていたのだろう。かつて落合(博満)さんがオープン戦で同様の調整をしていたことがあったが、実績も事情も違う。初めて対戦する投手は振ってこそ感触が分かるものがある」と苦言を呈した上で、「オープン戦での反省の意識が強すぎたのか、あの打席では振ろうとするあまり、力が入ってバットが手から離れずに痛めたとか。あまり聞いたことがないケガの仕方だ」とあきれ顔だ。

 14年にヤンキースにドラフト12巡目で入団した。マイナー暮らしが長く、メジャーデビューは昨季と遅かった。だが、16試合で1本塁打と層が厚い名門球団では結果を残せず、昨年末に楽天入りが決まった。

 その際、田中将大はツイッターに「I can’t wait!」と英語でつぶやき、ヤンキース時代にかなわかった同じグラウンドでのプレーを待望していた。

「19年に2Aで23本塁打、77打点を記録した。マイナーではそこそこ成績を残すが、メジャーではさっぱり。楽天でも2軍では7試合で打率4割7分1厘、2本塁打だった。一番上のレベルで活躍できないのは日本でも同じ。挙げ句に故障とは……。成功できない選手の典型」(メジャー代理人)

 ペナント争いが本格化する後半戦に復帰できたとしても、出番の確保は至難の業。田中の心境は、今でも共闘を待ち切れないままだろうか。

【第2位】チャットウッド(ソフトバンク) 登板なし

 メジャー通算52勝、3億5000万円で入団した。だが、1軍登板がないまま5月上旬に右肩の関節炎で一時帰国。元パ・リーグ監督経験者は、「155キロは出るという触れ込みだった速球は140キロ台そこそこ。カブスではダルビッシュ(パドレス)とチームメートで日本の野球は知っていたようだが、調整不足では話にならない。ともにソフトバンク1年目で年俸が同じガルビスも、開幕戦の衝撃的な満塁本塁打後は音なし。いずれもここまでは年俸に見合っていない」とばっさりだ。

 ソフトバンクの外国人はサファテ、李大浩、デスパイネらが活躍した一方、既に国内他球団で成功していた選手の引き抜きが多い。自前で海外から獲得した選手では、ダイエー時代にメジャー通算220本塁打と鳴り物入りで来日しながらも不可解な故障で帰国、来日を繰り返した「お騒がせ外国人」ケビン・ミッチェルという黒歴史もある。

「新外国人を発掘する能力は決して高くはない。日本人でも3年間で1試合しか投げなかった松坂大輔に12億円を払っている。巨人、阪神なら猛バッシングだが、地域密着でマスコミが寛容な球団の上、親会社に資金力があるから外国人に“外れ”が多くなるのでは」(遊軍記者)との見立ても当たらずといえども遠からずだ。

【第1位】ケラー(阪神) 2試合、0勝2敗、防御率33.75

 昨年まで2年連続セーブ王に輝いたスアレスのメジャー移籍を受け、160キロに迫る直球とカーブを武器に抑えの期待を受けて加入した。だが、来日が3月上旬に遅れ、オープン戦では九回を投げる“守護神テスト”もなく、不安を抱えたままヤクルトとの開幕戦を迎えた。

 1点リードの九回から登板したものの、2本塁打を浴びて敗戦投手に。チームとしても最大7点のリードを守れないショッキングな幕開けとなった。

 さらに2試合目の広島戦でもセーブに失敗し、あっという間に2軍降格。「いくら球が速くても試合の最後を締める緊張感は独特。メジャーでセーブを挙げていない投手にはクローザーの荷は重かった」と元NPBコーチはみる。

 チームは今季、矢野燿大監督がキャンプ前日にシーズンいっぱいでの退任を表明したことで求心力低下が懸念されていた。開幕17試合でチームはわずか1勝。元NPB監督経験者は、「スタートダッシュはどの監督も目指す。1999年の中日は、開幕11連勝でそのままリーグ優勝したように、シーズンでの最終結果に直結する。矢野監督の去就が物議を醸しただけに、よーいドンでの失速は痛かった。ここまでの戦犯は、監督を除けば、ケラーでしょう」と手厳しい。

デイリー新潮編集部