イチローは「オールスター」で投手デビュー

 中日・根尾昂が5月21日の広島戦で投手としてデビューし、大谷翔平(現・エンゼルス)に続く二刀流として注目を集めている。遊撃手兼投手だった大阪桐蔭高時代に、甲子園で最速148キロを記録した根尾は、前出の広島戦、2度目の登板となった同29日のオリックス戦で、いずれも最速150キロをマーク。「球筋が野手のそれじゃない」とファンを驚かせ、「本格的に投手に転向すべき」の声も上がっているが、過去にも野手としてプロ入り後、マウンドに上がった選手がいた。【久保田龍雄/ライター】

 オールスターで「投手デビュー」を飾ったのが、オリックス時代のイチローである。1996年7月21日のオールスター第2戦、9回2死無走者、打者・松井秀喜(巨人)という場面で、全パ・仰木彬監督はライトを守っていたイチローをマウンドに送った。

 愛工大名電高時代にエースで4番だったイチローは、前年のオールスターのスピードガンコンテストでも146キロをマークしていた。「投手・イチローvs打者・松井」という夢の対決実現にスタンドから歓声が上がった

 しかし、全セ・野村克也監督は「格式の高いイベントを冒とくしたと解釈した。松井君はセントラルを代表する打者。打てばご愛嬌だが、打ち取られたとき、彼のプライドは傷つく」として、投手の高津臣吾(ヤクルト)を代打に送った。

 歓声がため息に変わるなか、イチローは高津を遊ゴロに打ち取り、ゲームセットとなったが、「代打を出されるのは予想していましたが、僕も本職じゃないですから。気持ちのいいのと悪いのといろいろです」と複雑な表情だった。

 NPBでは、オールスターでの打者1人で終わったイチローだが、マリナーズ時代の2015年10月4日のフィリーズ戦で8回からリリーフし、1回を打者5人2安打1失点。42歳にして最速89マイル(約143キロ)を記録している。

「野手から打ったのは初めてだよ」

“投手イチロー”を演出した仰木監督は、近鉄時代の89年のオープン戦で夏の甲子園優勝投手・金村義明を登板させ、オリックス時代の00年にも五十嵐章人を敗戦処理登板で、NPB史上2人目の全9ポジション制覇を達成させるなど、野手を登板させた事例に事欠かない。

 97年には、プロ3年目の外野手・嘉勢敏弘を投打二刀流として開幕1軍入りさせ、4月18日の日本ハム戦の7回にプロ初登板のマウンドに送った。

 最初の打者は、巨人から移籍してきた落合博満だった。初球、内角をえぐる135キロにのけぞった落合は、露骨に顔をしかめて、嘉勢をにらみつけると、貫禄の違いを見せ、1回もバットを振ることなく四球で一塁へ。

 そして、8回2死二、三塁での再対決は、前の打席でコントロールを乱した嘉勢が初球からストライクを取りにいくと、落合は「待ってました」とばかりにボールを軽くバットに乗せ、左翼席に移籍第1号のダメ押し3ラン。「いやあ、長いこと野球やってるけど、野手から打ったのは初めてだよ」と振り返った。

 一方、「40歳を過ぎて現役で……。落合さんはスゴイですよ」と脱帽させられた嘉勢は、その後、貴重な左腕として投手に専念し、01年には自己最多の70試合に登板。実働6年で3勝7敗を記録した。

「投手経験なし」からの転向

 嘉勢の翌年に同じドラフト1位でオリックスに入団した内野手の今村文昭も、打者として芽が出ず、5年目の00年秋季キャンプから投手に転向している。翌年は、オープン戦で7イニング連続無失点と好投し、公式戦デビューをはたした3月25日の開幕2戦目、ダイエー戦でも、井口資仁、小久保裕紀、松中信彦の中軸を3者凡退に切って取った。

 さらに、同28日の西武戦では、6対6の延長10回無死一、二塁のピンチでリリーフし、3点を失ったが、その裏、味方が4得点で逆転サヨナラ勝ちしたことから、プロ初勝利が転がり込んできた。今村は翌02年にも2勝を挙げるなど、実働3年で3勝4敗2セーブを記録している。

 高校時代にも投手を務めた嘉勢、今村に対して、「投手経験なし」で転向したのが、同じオリックスの萩原淳である。大型遊撃手と期待され、ドラフト2位で入団も、同期のイチローらに抜かれ、9年間で6打数1安打と鳴かず飛ばず。

 だが、00年シーズン中、練習で150キロの速球を投げたのが仰木監督の目に留まり、「拒否すれば現役は終わり」と通告されたことから、生き残りをかけて投手に挑戦した。

新庄監督にも登板歴

 そして、02年7月21日のダイエー戦、1点リードの5回2死一、三塁のピンチでリリーフした萩原は、内野安打を許して同点に追いつかれたものの、8回まで3回1/3を1失点に抑え、初勝利を挙げた。

 同年は48試合に登板し、3勝4敗10セーブ。05年には中1日で2試合に先発するなど、オープナーの先駆者的役割も演じている。07年に日本ハム、08年にヤクルトに移籍し、実働9年で13勝15敗15セーブ20ホールドを記録。野手からの転向組では、近年では最も成功した投手と言えるだろう。

 日本ハム・新庄剛志監督も、本職は外野手ながら、阪神時代の99年にオープン戦2試合に登板している。“仕掛け人”の野村監督は、前出のとおり、イチローの登板を批判していたが、実は南海監督時代に外野手登録の広瀬叔功とウィリー・スミスを公式戦で登板させており、けっして否定論者ではなかった。

 新庄についても「1年目は敗戦処理、2年目にストッパー、3年目に先発完投を目指す」と3年計画での育成に意欲を見せていた。同年3月5日の巨人戦で4回のリリーフした新庄は、最速143キロをマークし、見事3者凡退。同21日のダイエー戦では1本塁打を浴びたものの、後続3人を打ち取り、初奪三振も記録した。

 だが、登板で筋肉に余計な負担をかけたことから、翌22日に左大腿四頭筋に肉離れを発症し、「二刀流」はあえなく廃業となった。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部