ホーム用のユニホームをクリーニングに

 今年も7月26、27日の2日間、プロ野球オールスターゲームが開催される。過去には阪神時代の江夏豊の9連続奪三振をはじめ、数々の名場面が演じられているが、その一方で、思わずビックリのハプニングや瓢箪から駒のような珍事もあった。そんな記憶に残るエピソードを集めてみた。【久保田龍雄/ライター】

 うっかりユニホームを忘れてきたことから、Tシャツ姿でマウンドに上がる羽目になったのが、1991年の槙原寛己(巨人)である。

 7月23日、東京ドームでの第1戦に先発した槙原は、2回を無失点に抑えて勝利投手になり、優秀賞とナイスピッチング賞を獲得した。

 翌24日は広島市民球場に移動しての第2戦だったが、オールスター明け直後のヤクルト3連戦で先発が予定されている槙原の連投はないものと思われた。さらに、広島での試合を公式戦同様、ビジターと勘違いした槙原は、ホーム用のユニホームを「要らない」と思い込み、クリーニングに出してしまった。

 だが、球場に移動するバスの中で、オールスターはホーム用が必要であることに気づいた槙原は、思わず「しまった!」と大声を上げた。

スタンドが爆笑の渦に

 自著「プロ野球視聴率48.8%のベンチ裏」(ポプラ社)によれば、何事かと心配した原辰徳に事情を説明したところ、原は黒の油性マジックで槙原が持ってきた練習用のTシャツの文字が薄くなった部分を塗り直し、「これなら大丈夫だ」と太鼓判を押したという。

 確かに、このまま試合に出場せず、ベンチの中で目立たぬようにしていれば、何ら問題はなく、やり過ごせるはずだった。

 ところが、皮肉にも試合は総力戦となり、3対3の同点で延長戦に突入する。そして12回、投手を使いはたした全セ・藤田元司監督が、槙原にリリーフを要請してきた。

 槙原が困惑の表情で事情を打ち明けると、藤田監督は「まあ、いい、それで投げてくれよ」と意に介さず、マウンドに送り出した。

 かくして、夢の球宴のマウンドにTシャツ姿の投手が上がるという前代未聞の珍事が実現する。スタンドが爆笑の渦に包まれたのは言うまでもない。

 さらに2死後、槙原のフォークのすっぽ抜けを避けようと反射的にバットを出した秋山幸二(西武)が自打球を右目の上に当て、昏倒するアクシデントが起きた結果、代わりの野手がいなかったため、まさかの代打・野茂英雄(近鉄)が登場したばかりでなく、その裏の守りでは、野茂に代わって工藤公康(西武)がレフトを守る羽目に。ユニホームを忘れたことがきっかけで、これほどまでに「マーフィーの法則」が発動しまくるのだから、野球は怖い。

 後日、槙原が秋山に謝罪すると、「いやいや、しょうがないよ。オレもあのとき、前の日の酒が残ってたんだ」と逆に慰められたという。

「本当は出たいが出られない。あとは頼む」

 誰が全パの監督を務めるかで、本番直前まで二転三転どころか四転五転もしたのが、2014年のオールスターだった。

 全パの指揮をとる予定だった前年の覇者・楽天の星野仙一監督が5月26日から病気療養中だったため、6月30日の実行委員会で佐藤義則監督代行が代わって指揮をとることが決まった。

 ところが2日後、佐藤代行に代わって大久保博元2軍監督が“代行の代行”に就任し、「(全パを指揮)やりたい気持ちはさらさらない」と固辞したことから、話は白紙に戻ってしまう。

 前年2位・西武も田辺徳雄監督代行であることを理由に見送られ、前年3位のロッテ・伊東勤監督も過去に例がないとあって、なかなか代役が決まらない。

 そんな手詰まり状態のなか、ファンの気持ちを第一に考えた星野監督がオールスターまでに現場復帰を目指す意向を示し、一度は事態が収拾したかに見えた。だが、7月12日、星野監督は「まだ体調がすぐれない」と辞退を告げ、消去法で残った伊東監督も「やらないよ」と難色を示した。

 最終的に「本当は出たいが出られない。あとは頼む」と星野監督から電話で説得され、伊東監督が代役を引き受けたのが、第1戦の4日前だった。

 7月18日の第1戦、全パは0対7と完敗するが、翌19日の第2戦は12対6と打ち勝って雪辱。球宴史上初の前年3位チームの全パ監督は「ホッとしています。星野さんにも顔向けできた」と胸をなで下ろしていた。

二刀流で“オールスター男”に

 ファン投票1位で選出されたにもかかわらず、アクシデントで登板不能になり、前代未聞の「投手の代わりに野手で出る」珍出場をはたしたのが、日本ハム時代の大谷翔平である。

 2016年、大谷はパ・リーグ先発投手部門のファン投票1位で4年連続の球宴出場が決まったが、7月10日のロッテ戦で右手中指のまめを潰し、6日後のオールスターでの登板は絶望的となった。

 通常なら出場を辞退して、代役の投手が選ばれるところだが、大谷は打者としても前半終了時点で打率.331、10本塁打の好成績とあって、出場を熱望するファンのためにも「投手としての出場がダメなら、野手があるじゃないか」の代替案が浮上した。

 そして7月13日、野手としての出場をセパ12球団が了承したことにより、出場辞退のペナルティ(後半戦開始後、10試合出場停止)も免除された。これも二刀流ならではの強みである。

「しっかりと準備をして、出る機会が回ってきたところで結果を出せるように頑張ります」と公約した大谷。7月16日の第1戦の試合前に行われたホームランダービーで球宴本塁打キングを獲得する。さらに翌17日の第2戦では、球宴初アーチと右前同点タイムリーなど4打数3安打2打点の活躍で見事MVPに選ばれた。

 瓢箪から駒のような珍事で“オールスター男”になった大谷は同年、投手として10勝、打者として22本塁打を記録し、日本ハムの10年ぶり日本一に貢献した。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2021」上・下巻(野球文明叢書)

デイリー新潮編集部