「元気なかったですよ」

 中日の福留孝介外野手が交流戦終了後に2軍落ちして1カ月が経過した。現役最年長の45歳で迎えた今季は主に代打で23打数1安打、打率4分3厘と1割にも満たない不振だった。進退問題が浮上している中で、中日OBの山﨑武司氏(53)が「この1カ月で白黒つける」と発言した。山﨑氏は福留の中日入団時の先輩で、自主トレーニングを共にするなど公私で親交が深いだけに、日米通算2450安打の大打者が出す結論に注目が集まっている。

 山﨑氏は7月16日公開のYouTube「ピカイチ名古屋チャンネル」に出演した際、最近福留と会ったとした上で「元気なかったですよ」と様子を明かした。そして去就については「あえて、お前どうするんだなんて聞かなかったけど、彼は彼なりに考えていると思いますよ。このままじゃいられない、と」と何らかの決断が近いことを示唆した。

 山﨑氏は現役最終年が2013年、福留と同じ45歳となるシーズンだった。中日でプロ入りし、他球団移籍を経て最後は古巣に復帰と経歴も相通じるものがある。「やっぱり進退(を考えなければいけない)というものがあるんですよ」との言葉は重い。

 福留のPL学園高の先輩で、元ヤクルトの宮本慎也氏が6月にYouTube上で「今年結果が出なかったら引退ですよ」と言及したことにも、山﨑氏は触れた。「引退勧告とか記事に出ていたが、僕は孝介に言うつもりはないんですよ。最後に自分が決めて腹括るんなら腹括る、というのはいろいろ考えている」と慎重な言い回しで弟分の心中を察した。

立浪監督の判断ミスで遅れた「2軍降格」

 この時期に福留が進退の決断を迫られることに至った背景には「遅すぎた降格」を挙げる声は多い。中日のチーム関係者が言う。

「交流戦前にはヒットが1本も出ておらず、2軍に行ってもおかしくない成績だった。遅くとも落とすならここだった。そうしておけば、球宴明けの昇格を設定するとかして十分に2軍で立て直す時間があった。立浪監督は福留がPLの後輩で特別扱いしたからなのか、降格の判断が(交流戦後と)遅れたことは否めない。京田などは守備のミスで名古屋に強制送還された。福留を1軍で引っ張ったことには選手もしらけていた」

 立浪監督は昨秋に就任した。福留が現役を長く続けるには、これ以上ない指揮官だ。しかし、結果的にはPL同士だったことが2軍降格の判断の遅れにつながり、皮肉にも福留を苦境に陥らせることになっている。

 山﨑氏は現役最終年、不振で4月に早々と2軍落ちした。交流戦開幕と同時に1軍復帰し、7月下旬に2軍降格した際に引退を決意した。その経験を踏まえてか、今回の福留の処遇には「遅いですよね、2軍行くのが。半月ちょっと早く再調整してこいっていうんなら2軍で結果出して上がってくるチャンスはあったと思う」と立浪采配に疑問を呈した。

イチロー、谷繁、山﨑が引退した「45歳の壁」

 中日は根尾が投手転向したように、若手野手が育っていない。福留の持ち場の外野でも岡林、鵜飼らが絶対的なレギュラーになり切れていない。チーム得点はリーグワースト(7月19日現在)と貧打にあえぐ。「これだけ点が取れないチームなら、福留はまだ第一線でプレーできると思えてしまう。立浪監督の任期は来季含め、まだ2年もある。福留が周囲の限界説に耳を傾けなければ、代打の切り札として現役続行は可能だと思う」(NPB監督経験者)

 福留と親しい関係者によると「彼は自ら辞めるとは言わないだろう」。だからこそこれだけ長くプレーしているわけだが、ユニホームへの執着は人一倍強い。

 しかも、45歳のシーズンというのは山﨑氏のほか、イチロー氏や谷繁元信氏(元中日)もユニホームを脱いでいる。福留は、野手には高い壁である46歳のシーズンでプレーすることを目標に掲げる。

「福留の場合は気力が尽きて辞めるということは考えづらい。球団は本人から引退を申し出てくること待っているのかもしれないが……」(同)

 福留は2軍降格の際、立浪監督に若手の指導を託されもした。確かに豊富なキャリアや野球に取り組む姿勢は「生きた教材」に違いない。山﨑氏も「(チームの)プラスになると思う」と認める。一方で、「福留孝介は選手。コーチではないんですよ」とも。専任のコーチがいる手前、指導役には限界があるとした。何より福留が現役を望んでいる状況で、“コーチ兼任”とはいかにも中途半端だ。

 2軍降格後は25打数6安打の打率2割4分。文句なしで1軍再昇格という成績は残せていない。「球宴明けは1軍に上がるには格好のタイミングだが、そこで立浪監督がどう動くのか。時間を区切って1軍でラストチャンスを与えるのか、来季も現役続行含みで、球宴明けにこだわらずに別の時期に上げるなどするのか。次の一手である程度、福留の去就は見えてくるものがあると思う」(前出の監督経験者)

 実績も知名度もずばぬけている。身の処し方は自分で決められる選手になった。それだけに、在り方が問われている。潔く身を引くのか、それとも…。

「もう同情されたら終わりですから、この世界。どっかで決めておかないと、だらだらやってしまうのと、これからの福留孝介のキャリアに傷が付くと思うんですよ」と晩節を汚さぬ引き際を望む山﨑氏の“親心”は届くのか。

デイリー新潮編集部