7月24日に行われたEAFF E-1サッカー選手権の第2戦で、日本は23歳以下の若手が主体の中国と0−0で引き分けた。第1試合で韓国が香港を3−0で下したため、日本は最終戦の韓国戦(27日)での勝利が優勝するための絶対条件となった。

 ***

 19日の香港戦から全員を入れ替えて臨んだ中国戦。香港戦が横浜F・マリノスの選手5人をスタメン起用して試合の主導権を握ったように、森保一監督は中国戦に広島の選手5人をスタメンで起用した。“急ごしらえ”のチームのため、所属チームでのコンビネーションを生かそうという狙いだ。

 その狙いは悪くない。しかし、起用方法がまずかった。キャプテンを任された左SB佐々木翔とCB荒木隼人の2人は、広島では3BKを採用している。佐々木は日本代表で左SBの経験があるとはいえ、やはり勝手が違ったのだろう。守備はともかく、攻撃で効果的なプレーを見せることはほとんどできなかった。

 野津田岳人の左ボランチは慣れたポジションである。そして森島司を左FWに起用したが、これが失敗の原因となった。GK大迫敬介から佐々木、野津田、森島とタテのラインを広島勢で固めたものの、森島の本来のポジションは右のトップ下、いわゆるシャドーである。彼が慣れないポジションに起用されたことで、日本の左サイドからの攻撃は機能不全に陥った。

カードを切らなかった監督

「不幸中の幸い」と言うか、FW宮市亮、ボランチの橋本拳人、右SB小池龍太にトップ下の脇坂泰斗が絡んだ右サイドからの攻撃が機能して、日本は多少なりとも攻撃の形を作ることができた。とはいえ、宮市が得意のスピードを生かした突破を見せても、1トップの細谷真大とは息が合わず、日本の決定機は後半8分に脇坂のパスを受けた細谷がGKと1対1になったシーンだけ。

 しかし、フリーになった細谷が慎重を期して蹴ったインサイドキックは、ボールがイレギュラーしたのか大きく浮いて、日本は千載一遇のチャンスを生かすことはできなかった。

 試合後の森保監督は「森島に関しては、(中国の)インサイドハーフがワイドに出てくることが予想されました。そこで彼らしく中間ポジションで起点になりながら、時折ワイドに開くという、予想通りの試合展開の中でのプレーだったと思います」と左サイドでの起用の意図を話したが、中国がそこまで攻勢を強めたシーンは皆無に等しい。

 ひたすらゴール前を固め、5BKの前に4人を並べる超守備的な布陣だったので、森保監督はもっと早い段階から攻撃的なカードを切っても良かっただろう。

低い本気度

 実際、日本の攻撃が活性化したのは、後半36分に森島に代わり相馬勇紀が投入されてからだった。ここまでの2試合を見る限り、カタール行きを本気で狙っていると感じさせるプレーをしたのは、この相馬と水沼宏太、西村拓真、脇坂泰斗の4人くらいしかいなかった。

 この試合で期待していたのが、スペイン2部のSDウエスカへの移籍が決まったボランチの橋本である。ボランチはもちろん、FC東京時代はインサイドハーフやCB、右SBでもプレーしたマルチな選手である。183センチのフィカルを生かしたダイナミックなプレーは、FCロストフ(ロシア・プレミアリーグ1部)でも実証済みだ。

 なぜ橋本に期待したかというと、6月の国際Aマッチ4連戦では、4試合目にアンカーの遠藤航のパフォーマンスがガクッと落ちた。昨夏の東京五輪でも遠藤と田中碧、久保建英らは中2日の連戦により疲弊したからだ。

 森保監督が掲げるW杯ベスト8を実現するためには、過去2回、跳ね返されている、“ベスト16の壁”となる4試合目を突破しなければならない。そのためには不慮のケガ人も想定して選手層を厚くしておく必要がある。

フォーメーションの問題

 ところが、現状で遠藤の代役となるアンカーの選手は1人も見当たらない。原口元気や柴崎岳もボランチだが、どちらかというとダブルボランチのタイプ。そこで経験豊富な橋本のプレーに期待した。

 結論から言うと、判断は難しい。試合は4−2−3−1でスタートし、途中に野津田のアンカーによる4−1−4−1にシフトして、橋本がインサイドハーフに上がって攻撃に絡む時間帯もあった。しかし、見たかったのは橋本のアンカーだった。

 森保監督はW杯最終予選のオーストラリア戦(21年10月12日)から、それまでの4−2−3−1を捨て、4−3−3でV字回復を果たした。

 6月の4試合でも基本システムは4−3−3で、4試合ともアンカーには遠藤を起用。インサイドハーフは鎌田大地、原口、田中、柴崎、久保らを起用した(守田英正はケガで代表を辞退)。

 ところが、E-1選手権では4−3−3ではなく4−2−3−1を採用している。香港戦では横浜F・マリノスで好調を維持するトップ下の西村を生かすために4−2−3−1を採用したのだろう。

既に代表は決定!?

 しかし中国戦では、例えば橋本をアンカーに(野津田と途中交代でもいい)、右インサイドハーフに森島、左に脇坂を起用、前線の3人は右から宮市、細谷、相馬の4−3−3を採用しもよかったのではないか。なぜなら、カタールの本大会を見据えて選手の最終選考をするなら、システムも統一するべきだと思うからだ。

 そのほうがスタメンで出場する可能性の高い選手との比較も容易になる。にもかかわらず違うシステムを採用しているのは、招集した選手に適しているからなのか、それともカタール行きの26人はほぼ決まっているということなのだろうか……。

六川亨(ろくかわ・とおる)
1957年、東京都生まれ。法政大学卒。「サッカーダイジェスト」の記者・編集長としてW杯、EURO、南米選手権などを取材。その後「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。

デイリー新潮編集部