プロでもクリーンアップが打てる素材

 熱戦が続いている夏の甲子園。大会前、ドラフト候補という側面では、ドラフト1位指名が確実と見られるような超大物は不在と言われていた。果たして、その中で評価を上げた候補選手はいたのだろうか。彼らのプレーとスカウトのコメントから探ってみたい。【西尾典文/野球ライター】

 まず、最も強烈なインパクトを残した選手となると、高松商・浅野翔吾(外野手)になるだろう。香川大会終了時点で清原和博(PL学園)に並ぶ高校通算64本塁打を放ち、スカウト陣の注目を集めていたが、甲子園初戦の佐久長聖戦で2本のホームランを放ち、持ち前の長打力を存分にアピールして見せたのだ。

 特に1本目は強い浜風が吹く中で、逆方向の右中間スタンド最深部へ運んだものであり、高校生の右バッターではなかなか見ることのない打球だった。浅野は、昨年出場した夏の甲子園でも智弁和歌山戦でホームランを放っており、大舞台での強さも見事という他ない。

 それでも1位指名が確実と言われていなかったのは、170センチという上背と、外野手というポジション的な面が影響しているからと見られていた。だが、今大会の活躍で、そんな“マイナス要因”が吹き飛んだようだ。

「高校生のバッターとしては、これ以上言うことがないレベルの選手だと思います。(2本のホームランは)どちらもツーストライクに追い込まれてからでしたけど、それでもあれだけしっかり振れる選手はなかなかいないです。体つきもスイングも1人だけ大人が混ざっているみたいですよね。身長が低いことを気にする人もいるかもしれませんが、ここまで打てれば関係ないという声の方が多いと思います。打つだけじゃなくて足と肩もある。ポジションについても、あれだけ動ければ、(プロに入ってから)内野を守らせることも検討できると思いますし、実際、過去に(内野の)練習しているみたいですからね。プロでも1番やクリーンアップが打てる選手になれる素材です。おそらくドラフト1位で消えるんじゃないですか」(パ・リーグ球団スカウト)

投手では1番の注目株

 香川大会の初戦では、DeNAは球団代表を含めた4人体制、ソフトバンクもまた3人体制で視察に訪れており、注目度の高さがうかがえた。将来の中軸として期待できる野手が欲しい球団は、真っ先に指名することが十分に考えられる。

 浅野以外では、大阪桐蔭の捕手・松尾汐恩と近江のエース・山田陽翔を評価する声がスカウト陣に多かった。松尾は1回戦で3安打、2回戦では2打席連続ホームランを含む4安打5打点と、大舞台で暴れまくっている。

 また、スローイングは、筆者が現地測定したセカンドへの送球タイムで、出場した全捕手でトップの数字をマークしている。「あれだけ打てる捕手はなかなかいない。1位で消えると思いますね」(セ・リーグ球団スカウト)という声も聞かれ、高校生捕手の目玉候補となる可能性は高い。

 一方の山田は、1回戦、2回戦でいずれも二桁三振を奪う好投を見せた。昨年秋に肘を痛めて登板がなかったうえ、選抜と春の近畿大会では怪我に泣いたが、そんな不安を全く感じさせないピッチングだった。

「ピッチャーでは、やはり山田が一番の注目株ですね。選抜までは少し力任せに投げている印象でしたが、この夏は状態も良いのか、楽に投げられているように見えます。あれだけ速い変化球が多彩で、コントロールが安定していれば、(相手打者は)なかなか打てないですよね。しっかり体も鍛えているようでスタミナもありますし、精神的な強さも感じます。プロ向きの選手だと思います」(近畿地区担当スカウト)

タイプとしてはリリーフ向き

 ただ、そんな山田だが、1位指名は確実かと思いきや、別のスカウトは疑問を呈するようなコメントがあった。

「野手は浅野、松尾と2人がドラフト1位でもおかしくないなという印象でしたが、ピッチャーはそこまでという選手はいなかったですね。現時点の実力では、山田が1番になるかもしれませんが、プロで長く先発で活躍できるタイプかといえば、ちょっとそういう感じには見えません。タイプとしては、リリーフの方が向いているように見えます。ただ、そうなると、(各球団のなかで)『高校生でリリーフタイプのピッチャーを上位で指名するのか?』という声も当然出てきます。甲子園のスターなのである程度、高い順位にはなると思いますが、山田がナンバーワンでは、ちょっと寂しいなというのが正直なところですね」(前出のパ・リーグ球団スカウト)

 山田以外の投手では、最速150キロ右腕、日本文理・田中晴也の前評判が高かったが、1回戦の海星戦で6回を投げて7失点と大敗している。担当スカウトに話を聞くと、「(右手指の)マメを潰した影響もあったみたいですけど、少し寂しい内容でしたね。もう少しできると思ってずっと期待してきただけに残念です」(北信越地区担当スカウト)と話していた。

 このほか、智弁和歌山・武元一輝、大阪桐蔭・川原嗣貴、富島・日高暖己、札幌大谷・森谷大誠、市立船橋・森本哲星、山梨学院・榎谷礼、下関国際・古賀康誠といった面々がプロ志望とのことだったが、スカウト陣から、彼らをそこまで高く評価する声は聞こえてこなかった。

「鳴門のラオウ」

 一方、野手の候補選手としては、聖光学院・山浅龍之介(捕手)、天理・戸井零士(遊撃手)、鳴門・前田一輝(外野手)などの名前が挙がった。山浅は、前述したイニング間のセカンド送球タイムで松尾に次ぐタイムをマーク。バッティングでも5番打者として度々鋭い当たりを放っている。

 戸井は強打のショートで1回戦では3安打をマーク。もう少しプレーのスピードが欲しいという声もあったが、攻守ともに形が良いのは大きな長所だ。そして、スケールを高く評価する声が聞かれたのが、身長190cmの大型外野手で、「鳴門のラオウ」と呼ばれる前田だ。

「選抜の時も目立っていましたが、やはり魅力のある選手ですね。あれだけ大きくて足も肩もある選手というのはなかなかいません。バッティングは器用ではないかもしれないですが、打ち方に悪い癖がないです。近江の山田(陽翔)も力を入れて抑えに来ていましたけど、ストレート(148キロ)に力負けせずに長打にしたのは見事でした。プロで成績を残すには、少し時間はかかるタイプだと思いますが、うまくいけば、(昨年のパ・リーグ本塁打王である)オリックスの杉本裕太郎みたいな選手になるかもしれませんね」(別のパ・リーグ球団スカウト)

 冒頭でも触れたように、2019年の奥川恭伸(星稜→ヤクルト1位)や昨年の風間球打(明桜→ソフトバンク1位)のような目玉は不在だったが、それでも高いパフォーマンスを見せた選手は決して少なくなかった。ここで挙げた選手たちをどの球団がどんな順位で指名するのか。10月のドラフト会議でぜひ注目してもらいたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部