ダークホースでもなかった

「絶対王者から大金星」「番狂わせ」…そんな言葉がネットや新聞紙上で踊っていた。8月18日に行われた夏の甲子園・準々決勝で、3度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭が、格下と見られていた下関国際に5−4で敗れるという大波乱が起きた。【西尾典文/野球ライター】

 全49地区の代表校が決まると、スポーツ紙は各チームの評価を「ABCランク」で格付けしている。大手5紙(日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、サンケイスポーツ、中日スポーツ)をみると、下関国際の評価は4紙がB、1紙がCとなっている。準々決勝まで勝ち上がった8校の中でも、下関国際の前評判は最も低く“ダークホース”として取り上げられることもほとんどなかった。一方の大阪桐蔭は、5紙とも優勝の大本命だったことは言うまでもない。なぜ、下関国際が、“高校野球界の横綱”というべき大阪桐蔭を倒すことができたのだろうか。

 その理由としてまず挙げられるのは、ショートを守る背番号6の仲井慎(3年)が投手として大きく成長したことだ。大阪桐蔭戦で好リリーフを見せた仲井。
3-4と1点を勝ち越された6回裏のツーアウト満塁のピンチでマウンドに上がると、大阪桐蔭の4番、丸山一喜から146キロのストレートで三振を奪い、ピンチを脱出。さらに、5-4で1点を勝ち越した9回裏には、この日最速となる147キロをマークするなど、三者凡退で大阪桐蔭打線を寄せ付けなかった。

 エースナンバーを背負う古賀康誠はプロのスカウトから注目を集めているサウスポーだが、山口大会で足首を捻挫した影響があって調子を落としており、2試合の登板にとどまっている。

 その穴を埋めたのが仲井だった。山口大会の準々決勝から決勝までの3試合をすべて完投し、甲子園出場の原動力となったのだ。

“怪我の功名”が金星に

 甲子園では、古賀がケガから回復し、初戦から準々決勝までの3試合すべてに先発している。ただ、自己最速145キロを誇るストレートは、その大半が130キロ台にとどまるなど、本調子とはいえず、変化球を中心にピッチングを組み立てている。試合中盤まで古賀で何とかしのいで、終盤は仲井で締める。これが下関国際の“勝ちパターン”となっている。

 仮に、古賀が山口大会で万全の状態であったならば、仲井の登板機会は少なく、このパターンが確立できたかは疑問である。まさに“怪我の功名”ともいえる仲井の成長が、大阪桐蔭を倒すという「金星」に繋がった。

守備に対する“意識の高さ”

 もう一つ大きな理由が、チーム全体の守備に対する“意識の高さ”だ。甲子園3試合で失策は5と、取り立てて少ないわけではない。しかし、それを補っているのは、ミスが起きても最小限に食い止めるという姿勢である。

 それを象徴するようなシーンが初戦の富島戦であった。

 2回裏、富島の先頭打者が放った打球はショートを守る仲井への平凡なフライとなった。この打球に対してセカンド、サード、レフト、センターが、万が一、ボールをこぼした時に備えて、仲井の周辺に素早く集まってきていた。

 筆者は年間300以上の試合を現地で取材しているが、まさに“万が一”の確率でしかエラーは起こらないようなフライに対して、周囲の選手全員がバックアップに入ることができるチームはほとんど見かけない。こうした姿勢が、大阪桐蔭の強力打線を相手に初回に2本の長打で2点を先制されながらも、最終的に4失点に食い止めた要因になっていたことは間違いないだろう。

 とはいえ、力がある2人の投手を擁して、守備力が高いというだけで、大阪桐蔭に勝てるわけではない。

 前述したように初回で2失点を許した下関国際は、5回、6回と2イニング続けて同点に追いつきながら、その裏にすぐに大阪桐蔭に勝ち越しを許すなど、常に劣勢に立たされていた。試合の流れは、大阪桐蔭がこのまま圧倒する雰囲気は何度もあった。

「本当に選手たちが頼もしかった」

 しかし、下関国際ナインには追い詰められているような表情は一切なく、むしろ、巨大な敵に立ち向かうことを楽しんでいるような印象さえ受けた。下関国際・坂原秀尚監督は、試合後のインタビューで、その理由について、以下のように話している。

「今年のメンバーは3年生が中心ですが、入学してきた時から(4年前に出場した学校として最高成績である)甲子園の準々決勝を超えることを掲げて日々練習してきました。準々決勝では必ず強い学校と当たる、その強い相手として最も想定できるのが大阪桐蔭さんだという話も常にしてきました。甲子園の準々決勝で大阪桐蔭さんと戦えるというのは、彼らがずっと目標にしてきたことでしたが、ひるむことなく立ち向かっていくことができました。本当に選手たちが頼もしかったです」

 一方、9回表に殊勲の逆転タイムリーを放った4番の賀谷勇斗は「いきなり2点をとられましたが、その後もずっと攻撃でも守備でも攻めていこうというと言っていました」と話している。

 そして、“攻める気持ち”は攻撃だけではなく、守備でも実を結ぶことになる。

 この試合で大きな分岐点になったのは、7回裏の大阪桐蔭の攻撃、ノーアウト一・二塁の場面からの「トリプルプレー」だ。大阪桐蔭は、バントエンドランを仕掛けたものの、大前圭右のバントはピッチャーへの小フライとなってしまう。ランナーは飛び出して、帰塁ができず、ボールはピッチャーから二塁へ、そして一塁へ転送され、一瞬でチャンスが消滅してしまう。

 この場面でも、下関国際は、決してひるむことなくチャレンジしていたという。坂原監督は、トリプルスリーの場面について、こう振り返っている。

「(大阪桐蔭にランナーをバントで)送らせて、ワンアウト二・三塁にするという考えは一切ありませんでした。フィルダースチョイスになってもいいから、サードで(二塁ランナーを)殺しにいこうと。そういう練習もしていました。(サードで殺せるように)ピッチャーの方に転がるような配球をした結果、小フライになってくれました。あそこが大きく流れを変えるプレーになったと思います」

「大阪桐蔭に勝つ」と言い続けた

 無難にいくのであれば、まず、ファーストでワンアウトをとるという選択になるはずだが、ここでもサードでアウトにするという“攻めの姿勢”を見せていたのだ。大阪桐蔭側もそれを感じており、送りバントだけでなく、ランナーもスタートを切っている。結果的に、それでランナーの帰塁が遅れ、トリプルプレーに繋がった。こちらも、下関国際の“攻める守備”の成果と言えるだろう。

 坂原監督は、インタビューの最後をこう締めくくっている。

「甲子園で準々決勝を超えること、頂点である大阪桐蔭さんに勝つということを常に言い続けて2年4カ月やってきました。ワクワクする気持ちで臨めた結果だと思います」

 今大会で“打倒大阪桐蔭”を掲げるチームは多かったが、ここまで長いスパンで、「大阪桐蔭に勝つ」と言い続けて臨んできたチームはなかなかいないだろう。甲子園初制覇へ大きな山を越えた下関国際。準決勝は、プロ注目の右腕、山田陽翔を擁する近江と対決する。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部