9月13日の読売ジャイアンツ戦(神宮球場)で、東京ヤクルトスワローズの若き主砲・村上宗隆内野手(22)がついに日本プロ野球史上歴代2位タイのシーズン55本塁打をはなった。歴代1位であるバレンティン(2013年・東京ヤクルト)の60本を射程圏内に捉えている状況だ。残る打率次第では、令和初にして史上8人目、そして史上最年少での三冠王獲得が現実味を帯びてくる。

 この若き怪物スラッガーを止める投手はいないのだろうか? 今季のセ・リーグ投手陣の中で“対村上”で相性のいい投手を調べてみた。1試合平均で4打数を対戦するとして、2試合分=8打数以上対戦し、かつ打率3割以下に抑えている投手を対象にすると、6名が挙がってきた(文中の成績は9月15日時点のものである)。

 まず6位は、広島東洋カープの九里亜蓮だ。対戦成績は10打数3安打で、打率はジャスト3割。判定基準を3割以下にしたことでなんとかランクインした形となった。しかも喫した3安打のうち2本が本塁打だった。対戦した全17打席中で7四球を与えていることから、村上には神経を使っていることが分かる。

 5位と4位はともに読売の投手である。菅野智之とシューメーカーだ。まず菅野の対戦成績は、11打数3安打で打率は2割7分3厘。三振も2つ奪っており、まずまず抑えているが、9月13日の試合で54号ソロを含む、2打数2安打と打ち込まれてしまった点が惜しかった。この試合の前までは、9打数1安打0本塁打1打点2三振2四球で、打率わずか1割1分1厘。打たれた1本も単打で、最も優れた“村上キラー”だったのである。とくに、8月30日の試合で村上の15打席連続出塁を阻止するなど活躍しただけに、残念だった。

 シューメーカーは12打数3安打で、打率2割5分。許した3安打中1本は本塁打で、三振を2つ奪っているのは菅野と同じ。だが、3四球を与えている菅野に対し、シューメーカーは四死球0。逃げずに勝負し、なおかつ抑え込んでいるというわけだ。心配なのは8月下旬に不調で2軍落ちしてしまった点だろう。ここまで村上に対して圧倒的な強さを誇っているだけに、この終盤戦、1日も早い1軍復帰が期待される。

“村上キラー”は意外な選手

 3位は、横浜DeNAベイスターズの大貫晋一である。対戦成績は15打数3安打で打率2割。許した3安打のうち2本は本塁打なのだが、5三振を奪っている。これは村上と対戦した全セ・リーグの投手中最多だ。9月11日の試合前までは12打数3安打で打率2割5分だったが、この試合で3打数0安打に抑えて数字を上げた点も注目したい。

 2位も横浜DeNAの投手で、上茶谷大河だ。対戦成績は11打数2安打1打点で、打率1割8分2厘に抑えている。打たれた2安打は二塁打と本塁打。ともに長打で奪った三振は0ではあるが、与えた四死球もわずか2。優れた“村上キラー”といえよう。6月8日の北海道日本ハムファイターズ戦で左足首を捻挫し、登録を抹消されていたが、9月9日の阪神タイガース戦で先発を任され1軍復帰し、5回2失点で5カ月ぶりの勝ち星を挙げている。勝負所の終盤戦、チームとしては村上に対してこれ以上ない相性を誇る、頼もしい右腕が帰ってきた。

 注目の1位は、意外な選手だった。広島の大瀬良大地である。その対戦成績は8打数1安打1本塁打1打点1三振0四死球で、打率わずか1割2分5厘。9月9日の試合で3打数1安打1本塁打と打たれてしまったものの、それまでは5打数0安打1三振と完璧に抑えていた。“村上キラー”と呼んでいいだろう。

球団別に見ると

 球団別にみると、村上対策に最も長けているのは読売であった。対戦打数を5以上に緩和すると、菅野やシューメーカー以外にも戸郷翔征(7打数2安打=2割8分6厘)、堀田賢慎(7打数1安打=1割4分3厘)、今村信貴(5打数1安打=2割)、鍬原拓也(5打数0安打=0割)と打率3割以下に抑えている投手が4人もいる。逆にローテーション投手で村上と相性が悪いのは6打数3安打で5割打たれているメルセデスのみ。チーム全体では、84打数23安打8本塁打28打点22三振20四球2死球で打率は2割7分4厘と打率3割以下に抑えることに成功している。18年ぶり、史上最年少での三冠王にひた走る村上の前に読売投手陣が大きく立ちはだかることになるのか。

 これに次ぐのが阪神タイガースだ。7月31日の甲子園球場で“3打席連発弾”を浴びるなど、ここぞの場面で打たれている印象が強いが、全体での対戦成績は68打数20安打7本塁打17打点19三振15四球1死球で、打率は2割9分4厘。こちらも打率3割を切っている。読売同様に対戦打数を5以上とした場合、西純矢と伊藤将司(ともに6打数1安打=1割6分7厘)、岩貞祐太(5打数1安打=2割)、そしてガンケル(5打数0安打=0割)とこちらも4投手の名が浮上。なかでもガンケルは読売の鍬原と同じ5-0で1本のヒットも許していないが、打席数なら9打席勝負して結果的に与四死球4。かなり警戒していることが分かる。

 ここからは村上の“得意球団”ばかりが並ぶ。順に86打数30安打13本塁打26打点26三振19四球で被打率3割4分9厘の広島、69打数25安打8本塁打22打点12三振19四球3死球で被打率3割6分2厘の横浜DeNA、そして75打数30安打13本塁打26打点16三振15四球で被打率が4割に達してしまっている中日ドラゴンズである。

 この3球団の中で5打数以上対戦して村上を抑えているのは、広島なら前述した大瀬良と九里に加えて野村祐輔(6打数1安打=1割6分7厘)と松本竜也(5打数1安打=2割)の2人。横浜DeNAも前述した大貫と上茶谷以外なら、左腕エースの今永昇太(7打数2安打=2割8分6厘)のみだった。中日に至ってはローテーション級の投手がことごとくエジキになっており、打率3割以下に抑えているのは中継ぎ左腕の福敬登(5打数1安打=2割)だけだ。

 ほかに村上にやられている投手としては、広島では20年新人王の森下暢仁(14打数7安打=5割)や床田寛樹(7打数4安打=5割7分1厘)、横浜DeNAなら濵口遥大(5打数2安打=4割)、中日なら沢村賞左腕の大野雄大(8打数3安打=3割7分5厘)や小笠原慎之介(14打数7安打=5割)というように、3球団とも主戦投手は現段階でほぼ総崩れ状態といえる。

 結果的に村上を3割以下に抑えている投手として18人の名が挙がったが、ここで面白い事実がある。18人中13人が右投手なのだ。村上対左投手の対戦打率が3割6分6厘なのに対して右投手は3割2分3厘と4分以上の開きがある。一般的に左打者は左投手に弱い・苦手というのが定説なのだが、村上には当てはまらないというわけだ。となれば、逆に現在苦手にしている右投手をどう攻略するかが、最年少三冠王を確実にするためのポイントといえるのかもしれない。直近のジャイアンツ戦でエース・菅野を打ち込んだように、さらなる進化を遂げつつある“村神様”に期待したい。

上杉純也

デイリー新潮編集部