“無冠”は織り込み済み

 本人も想定内の落選ではなかったか。MLBでは11月17日(日本時間同18日)に今季の最優秀選手(MVP)が発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平(28)がヤンキースのアーロン・ジャッジに大差をつけられての2位で、2年連続の栄誉を逃した。「15勝、34本塁打」でベーブ・ルース以来、104年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」をマークしながらも、リーグ新記録の62本塁打を放ったジャッジに及ばなかった。【木嶋昇/野球ジャーナリスト】

 MLB担当記者はこう語る。

「大谷は事前にMVP受賞がないことを察していたに違いない。10月中旬の帰国時には羽田空港で異例の取材対応をしたが、これが今オフ最後のメディア露出になるのではないかとみられていた。昨年はMVP発表直前に日本記者クラブで会見し、これをもって各社が個別に要望していたインタビュー取材は全てなくなった。今年も各社が同様に申請したが、帰国時の取材対応がその代わりという理由で、最近になって大谷サイドから断りが入った。MVPの受賞がないのでメディア対応は最低限にし、トレーニングに専念したいのだと思う。『野球サイボーグ』の異名通りで、来季はさらに進化した姿を見せるのではないかと思わせている」

 大谷はこのオフも都内のマンションからの外出は、ジムなどトレーニング施設の往復がほとんどで、野球漬けの日々を送っているという。

「メジャーでは回転数、回転軸などをインプットし、相手投手の球筋を完全に再現する新たな打撃マシンが開発されるなど、技術革新は日進月歩で、大谷は毎年同じことをしていては好成績を残せないと思っている。敵チームの研究を上回る成長をしようと、オフも毎日が勝負と位置付けている」(同)

 昨季はシルバースラッガー賞、エドガー・マルティネス賞などを総なめにした。だが、今季はここまで主要な賞に縁がなく、無冠に終わる可能性さえある。しかし、それも大谷には織り込み済みのようで、とっくにその目は来季に向いており、今季終盤には投打で布石を打っている。

サイ・ヤング賞より打撃タイトル?

 打撃では30本塁打を到達した頃から、確実性を高める打法に着手した。その結果、本塁打は減ったものの自己最高の18試合連続安打を放つなどし、最終的に2割7分3厘の打率をマークした。低反発球に入れ替わり、MLB全体で減った本塁打に関しては、自身のフィジカルの強化が不十分だったと自己分析済みだ。

「今季の課題を踏まえ、このオフにウエイトトレーニングでパワーアップしてくるのではないか。20年オフも筋力強化に力を入れ、見違えるような肉体でキャンプインした。(エンゼルスのジョー・)マドン前監督は『フィジカルの化け物』と表現した。かつて大谷と自主トレーニングをともにしたダルビッシュ(有=パドレス)も羨んだフィジカルがさらに強くなり、(今季終盤に見せた)確実性を両立させれば21年のようにホームラン王を狙える」(元NPB球団監督)

 投手では8月中旬、新球のツーシームを本格導入した。160キロ超の球速で右打者の内角へ沈む変化球を、ブルペンで練習しただけでいきなり試合に使った。これで今季、主武器にしたベースの端から端まで曲がるスライダーがより生きるようになった。1試合当たりの奪三振率はア・リーグトップの11.87と驚異的な数値を記録。サイ・ヤング賞でも初めて得票し、4位に食い込んだ。来季以降の受賞も夢ではないのだが……。

WBCではリリーフ登板も

 大谷は今季初めて規定投球回をクリアした。規定打席との同時到達は史上初の快挙だった。

「それでも、大谷は目指すべきものではないと感じたようだ。終盤には体調不良を押して投げたこともあり、体の負担を考えると是が非でもというわけではないのだろう。となると、規定投球回が前提となるサイ・ヤング賞や最優秀防御率のタイトルは厳しくなる。これからは規定投球回に届かなくても取れる最多奪三振や最多勝に目標をシフトするのではないか」(前出の記者)

 さらに、米大手マネジメント会社の代理人は今後の大谷の二刀流をこう展望する。

「渡米時は160キロ超の直球を持っているため、投手としての評価が高かった。当時は二刀流に懐疑的な見方が多く、いずれは投手に専念することになると考えられていた。しかし、昨季46本塁打を放ったことで評価が一変した。今季は投手で評価を高めたが、最終的には打者に軸足を置いていくのではないか」
 
 大谷はMVP発表前日、来春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場を表明した。インスタグラムに<5年ぶりに日本のファンの皆様の前で野球ができるのを楽しみにしています!!>と記したように、準決勝以降の米国ラウンドからではなく、開幕の日本ラウンドからフル参戦する見込みだ。本来は公式戦前の調整時期であり、先発で多くの球数を投げることには消極的ながら、リリーフ登板も辞さない構えだ。

「日本ラウンドの比較的、余裕がある試合には打者として出場せず、リリーフで試運転する。そして大一番では、簡単ではないが、指名打者で打席に立ちながらブルペンで準備するイメージがあるのではないか。先発投手だけではない二刀流の形態を考えているようで、真剣勝負の中でこそ分かることがあるというのが大谷の身上だから、今回のWBCで試す用意があるはずだ。メドが立てば、いずれWBCと同じ短期決戦のポストシーズンに進んだ時のオプションにできる」(前出の元監督)

「大谷ルール」や「二刀流選手枠」と、MLBでは次々と競技の枠組を変える“ゲームチェンジャー”になってきた。来季は二刀流でどんな常識を覆すのか。従来の価値基準で記者らが選出するMVPやサイ・ヤング賞など既存の賞は、もはや大谷の眼中にないのかもしれない。

木嶋昇(きじま・のぼる)
野球ジャーナリスト

デイリー新潮編集部