嬉しい番狂わせに日本中が湧いた。11月23日に行われたFIFAワールドカップ、対ドイツ戦での快挙である。翌日、各局のニュース番組やワイドショーは朝から晩までサッカー一色に染まったが、ほぼ“スルー”した民放が一社だけあった。テレビ東京である。国民的慶事とも言える大ニュースを扱えなかったのには、止むに止まれぬ事情があったという。

 ***

「ドーハの悲劇」を生中継した局なのに…

 今回の快挙は、早速、「ドーハの奇跡」と呼ばれ始めている。1993年、同じ場所で行われたW杯アメリカ大会アジア地区最終予選の試合終了間際で、日本は対戦相手のイラクに1点を許し、ほぼ手中に収めていた本戦初出場を逃した。あの「ドーハの悲劇」の雪辱を果たしたのだ。

 29年前、日本サッカー史に刻まれる歴史的試合を地上波で生中継した局こそがテレ東だった。平均世帯視聴率48.1%は、今も破られていない開局史上最高の数字だ。だが今回、テレ東のニュース番組は、あの因縁の地から飛び込んできた快挙をスルーし続けた。

 厳密に言うと、ちょこっとだけ扱った。朝の「Newsモーニングサテライト」で東京・港区の公式パブリックビューイング会場からの映像とともに約2分間、夜のスポーツ番組「みんなのスポーツ Sports for All」で、長友佑都や堂安律が試合翌日に会見した様子などを約2分間。看板番組「ワールドビジネスサテライト」では、「W関連株が上昇」という経済ニュースでは扱ったものの、試合については一切振り返らなかった。

 試合の様子を振り返る場面も静止画のみで、浅野拓磨の劇的な逆転ゴールの動画はなし。いったいなぜ……。テレビ東京の局員が、「実は…」と内情を打ち明ける。

勝村政信はドーハに行っていたが……

「ウチは試合映像が使えないんです。W杯の放映権が回を重ねるごとに高騰していることはつとに知られていますが、実はニュース映像を流す権利にも多額の費用が発生するのです。今回は1億5000万円とも言われている。地上波としてメンツを保つためにも買うべきという声もあるかもしれませんが、それを考慮しても高すぎて手が出せないんです」

 だから、静止画を使ってお茶を濁したのだ。

「ロイター通信などから数万円出して写真を買うわけですが、テレビが静止画を流し続けるわけにもいかない。扱うにしても、短い尺にせざるを得ないのです」

 そんなテレ東局員らが、「どうやり抜けるのか」と心配している番組がある。毎週土曜深夜0時25分から放送している「FOOT×BRAIN 」だ。サッカー好きで知られる俳優の勝村政信がMCを務めるサッカー専門番組で、今回、勝村は番組スタッフとともに、1泊4日のドーハロケを敢行した。

 勝村は今回の旅行に、同じサッカー好きとして親交の深かった、2018年に急逝した俳優の大杉漣さんの遺影を持参。「ともに観戦」している様子を度々Twitterに投稿し、それを一部スポーツ紙が報じて話題にもなっている。ドイツ戦を観戦後、勝村は帰国の途についたが、はたして「動く映像」なしで自身が目撃してきた熱狂をどう伝える?

日テレがしぶしぶニュース映像権を購入したワケ

「取材した会場の外の様子などをうまくつなぎあわせながら伝えると思われますが、ゴールを決める動画なしでどんな番組になるのやら……」(前出・テレ東局員)

 一方、高い放映権やニュース映像権を購入した他局も決して万々歳というわけではない。27日に予定されている日本対コスタリカ戦など10試合を生中継するテレビ朝日関係者はこう嘆く。

「今回、うちも数十億円を負担して、何百億円とも言われる放映権をNHKやフジテレビ、インターネット放送局のABEMAと共同で購入しましたが、どんなに高視聴率であっても元が取れることはありません。そもそも時差が6時間もあるので、深夜に行われる注目カードの視聴率は期待できない。放映権を持っている局は、ニュース映像権のみの局よりも多くの映像が番組でも使用できるので、ワイドショーからニュース番組まですべて使い切って、なんとかペイしようという算段なんです」

 前回2018年のロシア大会までは、TBSや日テレも放映権の共同購入に参画していたが、今回は降りた。両社はニュース映像権のみを購入してニュース番組などで使っているが、「それだって簡単に出せる額ではなかったはず」とテレ朝関係者は続ける。

「日テレさんにはメジャーリーグの放映権を契約しなかったために、大谷翔平の活躍をいまも静止画でしか報じられない苦い経験がある。背に腹は代えられない思いでカネを出したのでしょう」

なぜABEMAは全試合を買えた?

 では、今回、全64試合を無料で生中継するため、200億円を拠出したとも言われるABEMAは?

「グループ会社のCygamesが手掛けるゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』でボロ儲けしているからできる離れ業ですよ。採算なんて度外視しているんです」(同)

 カネがなければ報じることすらできない。そのくらいスポーツイベントがカネに支配される世の中になってしまったのである。

デイリー新潮編集部